札幌市教育委員会、ブラック部活にやっと基準に沿う活動の徹底を求める通知!息子の中学部活の実態をぶっちゃけます!

11月18日、札幌市教育委員会が

市立学校の部活動について独自の基準を定めたと発表がありました。

以下、「北海道新聞」からの記事の抜粋です。

 

『札幌市教委は、市立学校の部活動で週2日以上、休むことなどを盛り込んだ独自の基準を定めた。過度な運動による生徒の健康被害防止やバランスの取れた生活の確保、教員の負担軽減が狙い。運動系、文化系の全ての部活動が対象で、来年4月までに基準に沿った活動の徹底を各校に求めている。

 対象は市立の中学、高校、中等教育学校、特別支援学校の計112校。基準は《1》少なくとも週1日は平日に休む《2》毎週、土日曜のいずれかを休養日とする《3》平日の練習は2時間程度とする―など。高校については各校の状況に応じた基準も適用できると定めた。

 学校の部活動を巡っては、文部科学省が1月、適切な休養日を設けるよう都道府県教委に通知。道教委は2月、全ての部活動を対象に週1日程度は休むよう通知を出した。』

………。

当然だと思います!

むしろ、今頃ですか?です!

文部科学省が1月に各都道府県に通知して

2月には北海道教育委員会から通知が来ていて

今頃って…おっっっっっそ( *`ω´)

息子は、未経験ながらバスケ部に所属していますが

息子が入った当初のバスケ部は人数が少なく、こじんまりしたチームでした。

バスケットは5人がスタメンで試合に出れるのですが、人数が足りなく

入部したてでも最初から試合に出れる子もいました。

当時はあまり強いチームではなかったので、本当に和気あいあいといった雰囲気で

先輩後輩関係の中で厳しい練習に耐えられるか心配していたのがウソのように

楽しいバスケ部生活を送らせてもらっていました。

 

 練習は、当時の顧問の先生の方針で

週1日は必ず休み、朝練も無し。

夏休みなどは、宿題をやる時間を部活内で取り

土日も練習試合や練習でも、半日で終わっていました。

「あくまで義務教育の中でやっている部活なので

まずは勉強を一番最優先に考えています。

そして、スポーツを通して、普段の学校生活とは違ったところで

成長してくれればという思いと

大人になって、中学校3年間バスケやってたよと胸を張って言える

そんな部活にしたいと思っています。」という先生のお考えに

本当に良い部活に入れて良かったな〜と感謝していました。

 

そんな先生の雰囲気もあってか

部活以外の時間でも、近所の体育館でバスケの練習を自主的に行う様になっていました。

その成果あって、時々大きな大会に進めるくらい強いチームになったのです。

息子もある大きな大会に行った時にスタメン出場を果たし、

途中で負けてしまいましたが感動の試合を観せてもらい、

改めて顧問の先生、部活の子達、そのお父さんお母さん達に

感謝することが出来ました。

 

そうやって、先生からのアドバイスを元に自分達で考える練習を繰り返すことを

習慣化させていた時に、顧問の先生が変わってしまったのです。

次の顧問の先生が、昔気質の鬼コーチ系で

やみくもに練習時間を大幅に増やし、

今までやっていた自主練習は出来なくなってしまったのです。

まず、休日はゼロ。

朝練は週3回、朝7時から。

放課後練習は今まで通り毎日夜7時まで。

土日は練習試合満載で、

午後からの練習試合前にまず朝8時半から学校で3時間練習してから行く。

練習試合の相手は高校生もあり。

練習試合の無い土日は朝8時半から12時の予定になっていた練習でも

勝手に伸ばして、昼も食べずに午後2時まで。

…どんどんエスカレートする練習に息子のケガも絶えなくなりました。

 

新しい顧問の先生の考えは

「学校部活学校部活!他の趣味は一切いりません。」

「死ぬ気でバスケットに取り組むという根性がほしい。」

「バスケの専門家の私が指導すればもっと強くなれるのにもったいない。」

だそうです。

…てか、お前バスケの専門家じゃなくて教員だろ…。

…てか、義務教育の中学の部活で死ぬ気でやるはずないんですけど…。

 

一般的に、部活の顧問の先生はプライベートの時間も犠牲にして

本当にやり過ぎで気の毒だと思います。

しかし、部活の顧問の中には、こういう風にプライベートより

部活にウェイトを置くことが喜びになっている先生がいることも事実です。

なので、教育委員会で部活動の規制をしっかりしていかないと

過剰な練習を自主的に辞めるなんてことはあり得ないと思います。

 

また、練習を長くすれば強くなるのかというと、それは違うと思います。

事実、休みを取り入れながら練習していた頃に大きな大会まで行った息子達が

過剰な練習をこなして取り組んだ最後の試合は即負け…。

その後の後輩たちは退部者が相次いでしまっているそうです。

 

あれだけ怒声を浴びせられながら連日しごかれてコレ…。

おいおい、前の顧問はバスケ未経験で理論ばっかりの素人だったけど

俺はバスケの専門家だから根性が違うんじゃなかったのか?

と言ってやりたくなります…。

 

大切なのは、やみくもな根性と過剰な練習ではなく

先生やチームメイトとの信頼関係、選手のある程度の自主性の尊重、

そして、部活に打ち込み過ぎて狭くなりがちな子供達の視野を

広げる時間を取ってやることなのではないでしょうか。

 

中学校はあくまで義務教育です。

顧問の先生は学校の教員なのです。

その先生に部活の専門的な指導を求める方がおかしいと思います。

本格的に取り組みたい人は

ちゃんとお金を払ってプロが指導するクラブチームに入るべきです。

 

これからはやっと、部活の過剰な練習に規制が入りそうでホッとしてますが

中には土日やることがなくて困るといった意見もあると知り驚いています。

うちはむしろ、土日は夫と共に海だ、山だと

息子と全然遊びに行けないのがつまらなくて

早く部活終わればいいのにといつも思っていたくらいなのですが

なるほど…。

色んな意見があるものですね(´・ω・`)

子供が土日ブラブラしてるくらいなら部活やってくれてる方が健全で安心…。

確かに、自分がどこにも遊びに連れて行ってあげられなかったら

そう思うのも分かる気はしますが…。

 

何にせよ、札幌市教育委員会でこういった基準を定めてくれたことは

本当にありがたいことです。

中学、高校と一番多感な時期に、プロになるなら分かりますが、

学校と部活だけでは、それこそもったいないと思うのです。

集団スポーツの面白さもありますが

これからは自己の内面にも向き合ってほしいので

色々な経験をして、視野を広めていってほしいと思うばかりです…。