子供の学校への寄付と労力提供、一体どこまでやりますか?

今日は娘の高校の集まりがあって行って来ました。

今年は役員に当たっているため、出動がそれなりにあるのですが

この娘の通う高校が…

もう、”ご寄付ご寄付“の嵐で、面倒だったらありゃしません(−_−;)

 

まず、入学が決まった時点で

学校ではなく、学校のPTAから「ご寄付のお願い」と納付書が送られてきました。

それが任意ではありますが、一口10万円から何口でも、と…。

 

いやいやいや、入学金ウン十万円を学校に払ったばっかりだし、

最初の学費の支払いも4月に4ヶ月分まとめて払わなきゃいけないし、

バリエーション豊かで何種類も揃えなきゃいけない制服に加え、

ジャージ、靴、靴下、コート、カバンまで全部お高い指定物を買ったばかり。

それで10万円からって気軽に言われても…

しかもPTAあてに振込って、入学前なのに何で?と思い

迷った末にウチは寄付はしませんでした(*_*)

 

そうは言っても、

寄付をしないと子供が学校で不利な扱いを受けるんじゃないか…(~_~;)と

かなり不安はありました。

でも、あくまでPTAが募る寄付なので、

誰がいくら寄付したかしなかったかなんてことは学校側が把握できないはずだし

もし、自分が学校側の立場だったら

高額の寄付をしてても、勉強を全然しなかったり素行が悪かったりする生徒より

全然寄付はしない家の生徒でも

ちゃんと勉強して真面目な子の方が印象が良いはずだと思いました。

娘にはしっかり勉強する様に伝えていくしかないと腹を決め

今後の学費の支払いをしっかりしていくためにも、今は無理せず

思い切って寄付は辞めました。

 

でも、みんなは寄付したのかな〜?

もしかして、ウチ以外はみんなしたんじゃないかな…?

寄付を辞めてはみたものの気になってしょうがなく

入学後にそれとなく数人のお母さんに寄付をしたかリサーチしてみました。

すると…

「一口という訳にもいきませんので、数口させていただきました。」

「10万円からなら随分良心的ですよね。」

という回答ばかりで、ひっくり返るくらい驚きました!!

数口って…安いって…みんなスゲー((((;゚Д゚)))))))

ウチ、めちゃめちゃ場違いじゃん(ノД`)

娘よゴメン…(´;ω;`)

 

その後は、納付書での寄付の要請はありませんが

何かにつけてPTA主催でバザーを開きまくり

その売り上げを全部学校に寄付するという慣習になっています。

このバザーに出品する品も、

「善意あるお母様」達からの寄付の品でまわす物が多いという慣習です。

寄付の品も、いちいち高額なので恐れ入ります(・・;)

 

そして、年に一度開かれる大きなバザーでは、本当に信じられないくらいの

お母さん達の労力が注ぎ込まれるのが当然で

子供1人当たり数千円の寄付がPTAから強制されます。

まず、PTAの年会費だけでも数万円に登るというのに

さらに強制寄付があるということは入学後まで知りませんでした…( ; ; )

 

これらの寄付は、あくまでPTAが集めているもので

学校側は関与していないことになっています。

しかし、学校側もこの寄付ありきの運営体制になっており

寄付が途絶えた途端に廃校の危機に立たされるのは明白です。

 

さすがのお母さん達の中でも当然不満の声は上がっていて

「労力がタダだと思われちゃあねぇ。」

「専業主婦が減ってる時代に、手作りバザーを年に何回も開いての寄付は

もう無理なんじゃない?」

「学校に寄付を多くしたいからって、物の値段が下がってる時代に

バザーでこんな高い値段付けたって売れないよね。」

………

ホント、その通りだと思います。

 

まず、学校の経営を安定させるためには

寄付でまかなうのではなく、生徒数をもっと増やすのが王道なのに

この寄付のためのバザー回数の多さが入学者を減らす要因にもなっているのは

本末転倒としか言えません。

とは言え、学費を上げるのは生徒集めに不利になるので決して出来ないでしょうし

もう、募集停止しかないんじゃないの?と思ってしまいます…。

 

理念やカリキュラムは素晴らしい学校なので、もったいないとは思いますが

少子化が進み生徒数が年々減る中、今までと同じやり方では

一家庭あたりの寄付金額にも労力提供にも限界があると思います。

 

でもこれって、よく考えると娘の学校の問題だけではなく

日本の国自体が陥っている問題なんじゃないかな…?

出費を抑えることはもちろんですが、それにも限界があるので

どうにかして運営費を払ってくれる人を増やすしか解決方法は無いでしょう。

そうでなければ、根本的な運営体制を改革するしか無いでしょう。

こうやって、気付いていても変えることも出来ずに

みんなで増える負担に苦しむ日々…。

その行く末に未来はあるのでしょうか…(◞‸◟)

 

ちなみに、入学時に寄付をしなかったウチですが

その後の娘の学校生活には全く支障ありませんので

やっぱり無理して寄付しなくて良かったな〜と思っています(⌒-⌒; )