中学時代の同級生の女の子が性同一性障害だった!40歳過ぎにしてカミングアウトして男として生きることに…。

年賀状を書かなければいけない時期になってきましたね(´ω`)

学生時代のもう卒業以来会っていない人とか、前の職場の人とか…

年賀状だけの付き合いの人って

今さら出さないわけにもいかなくて困りますよね〜(⌒-⌒; )

…と、毎年思っていた私ですが、数年前に届いた中学時代の同級生からの年賀状に

やり取りしていて良かったな〜と思ったことがありました。

 

その同級生はAちゃんという女の子で、当時仲良くしていた子です。

すごくボーイッシュで話しも面白くて大好きだったのですが

卒業後は一度会ったきり、年賀状だけの付き合いになっていました。

そのAちゃんから来た年賀状に印刷文字で目を疑う内容が書いてあったのです(@_@)

 

「あけましておめでとうございます。

突然ではありますが、昨年手術をして男性になりました。

今は理解あるパートナーと幸せに暮らしています。

性を変えたことで名前も変えましたが、

これからも変わらぬお付き合いの程をよろしくお願いいたします。」

 

えーーーー!!!!!((((;゚Д゚)))))))

男になったってーーーーー???

…………

確かに思い当たるフシがたくさんあります。

 

Aちゃんはガリガリなくらいに痩せていて、いつも日に焼けて真っ黒。

ショートカットの髪を軽く立てて、太い黒ブチのメガネをかけていた

その外見はほとんど男の子でした。

 

そして、制服のスカートをすごく嫌がってました。

「小学生の頃までズボンしかはいたことなかったのに

中学入ったら制服で絶対スカートはかなきゃいけなくなって嫌なんだよね。

何で女子だからってスカートはかなきゃいけないんだろうね。」と言うAちゃんに

「何でそんなにスカート嫌いなの?」と聞くと

「だって私に似合わないよ。気持ち悪いじゃん。」って言ってたっけ…。

 

また、休みの日に一緒に遊びに出掛けた時も

Aちゃんは黒いシャツにネクタイをしてズボンをはいていました。

スカート姿の私を見るとAちゃんは

「そんな格好、うちの親が見たら泣いて喜ぶよ。

いつも、もっと女の子らしくしろって言われてんだ。」と言っていました。

この時、一緒に歩いていた私とAちゃんを偶然見た父が

私が男の子と歩いていると勘違いして心配したくらい

Aちゃんは男の子にしか見えませんでした。

 

また、Aちゃんは猫背がすごくて、背中に矯正バンドを着けていたのですが

今思えば、胸のふくらみが嫌で隠す様な姿勢になっていたんだと思います。

 

社会人になって一度会った時のAちゃんは

ショートカットはそのままでしたが、スーツのスカートをはいて

濃いめの化粧でタバコをスパスパ吸う姿に変わっていて驚いたものです。

「スカートなんてはいてんだ。」と聞くと

「上司がうるさいんだよ。化粧もさー、ちゃんとしろってうるさいから

毎日ちゃんとやってるよ。」と、またタバコ…。

当時は、Aちゃん変わったな〜と違和感を感じましたが

今思えば、ヤケクソだったんだと思います(◞‸◟)

 

Aちゃんは、やっぱり女じゃなくて男だったんだ…( ˙-˙ )

それなのに、周りから女らしくしろってずっとずっと言われ続けて

ずっとずっと辛かったろうな…。

40歳を過ぎて、やっと男として生きれる様になって良かったね。

でも私にとって、Aちゃんは男でも女でもAちゃんであることに変わりないから

性別って大した問題じゃないんだな〜と思わずにいられません。

テレビではよくオネエタレントの方々を見かけるし、

性同一性障害の方がいるということも知っていました。

でも、どこか遠い存在に感じていたのが

いざ自分の同級生が性同一性障害だと知ると、

本当にそういう障害は周りからの重圧との闘いの連続なんだと痛感します。

 

男らしく、女らしく…。

無意識のうちに押し付けて、本人の苦しみになんて誰も気付かない…。

本人だって、子供のうちは違和感としてしか受け止めておらず

まさか、自分の性が本当は違うなんて

あの頃のAちゃんも気付いていなかったんじゃないかな…。

 

でも、男だろうと女だろうと

その人であることは何も変わりません。

今、Aちゃんのことを理解して一緒にいてくれるパートナーの方も

Aちゃんの人間性に惹かれたんだよね。

分かるよ、だってAちゃんはすごく面白くて優しい人だもんね!

 

印刷屋さんも驚いたであろう、あの年のAちゃんの年賀状。

新年に男であることをカミングアウトして、

新たな気持ちで人生を歩み直していく決意だったんだろうな…。

 

Aちゃん、お幸せにね!

いつか、また会いたいな〜(´-`).。oO