パーキンソン病と脊柱管狭窄症の77歳母。札幌市への介護認定更新申請→実際の訪問調査のお話しです。

母の介護認定更新のため、包括センターのケアマネージャーさんから

札幌市の区役所保健福祉課に申請を出してもらいました。

母は現在「要支援1」で、昨年から週1回のデイサービスに通っているので

今回の申請はケアマネさんから言って頂いて助かりました。

 

昨年の更新の際には、

その年に初めて介護認定を受けたばかりで、まだケアマネさんがついておらず、

自分で申請をしなければいけないことも全然知らなかったので

ブランクが出来てしまったのです。

新たに介護保険サービスを申し込もうと包括センターに連絡した際に指摘されて、

再認定されるまでの1ヶ月間程、介護サービスの利用が出来ませんでした。

こういうことって認定を受けた際に説明してくれればいいのですが、

そこはお役所ですね(-_-;)

 

さて、今年も市の職員の方の自宅訪問調査があったのですが

まずは名前を確認して、本人確認のため生年月日を聞かれます。

 

続いて病歴をみての質問調査です。

「パーキンソン病とのことですが、手の震えはありますか?」

「脊椎管狭窄症とのことですが、痛い場所はどこですか?」

「病院へはどのくらいの頻度で行っていますか?」など。

 

次に動作確認があります。

「座ったまま腕を前にまっすぐ伸ばしてみて下さい。」

「腕をそのまま横に水平に出来ますか?」

「腕を上に上げてみて下さい。」

「座ったままで両足を上に上げてみて下さい。」

「そこからそこまで歩いてみて下さい。」

「片足立ち出来ますか?」などです。

最後に、

・料理は出来ているか

・食事は取りにくくないか

・お風呂は1人で入れているか

・着替えは出来ているか

・寝返りは打てているか

・トイレには間に合っているか

・薬の管理は出来ているか

・外出は出来ているか

・お金の管理は出来ているか

・物忘れしやすくないか

など、生活面の細かなことを色々聞かれます。

 

全ての質問が終わると、

認定には年末年始を挟むため最大1ヶ月半程かかるということと、

認定結果は郵送で介護保険証が送られてくるので、

それで確認して下さいとの説明がありました。

認定調査の時間は全部で1時間くらいかかりました。

 

市の職員の方がお帰りになる時に

「最近は介護認定も厳しくなっているそうですが、

母の場合も取り消しなんてこともあるのでしょうか?」と聞くと

「それは絶対にありませんので大丈夫ですよ。」と断定されたので

ホッとした様な…。

昨年、初めて介護認定調査を受けた時には

「パーキンソン病なので多分認定されるとは思いますが…何とも分かりません。」

と言われたことを思い出すと

今年は病状が大分進んで、動作がかなり悪くなっているのは間違いない様です(-_-)

 

今後は利用者の増加から、

介護保険サービスも利用しづらくなっていきそうですが、

家族にとっては本当にありがたいサービスです。

全部を介護保険サービスにお任せするわけではなく

部分的に利用しながら、少しづつ弱っていく母を

少しでも長く今の家で暮らさせてあげたいと思っています。