パーキンソン病と脊柱管狭窄症の母。77歳にして全自動洗濯機デビューしました。

77歳一人暮らしの母の家の洗濯機が壊れました。

勝手に排水されてしまい、水がたまらなくなってしまったとのことです。

かれこれ20年は使っているので、致し方ないですね。

 

母は洗濯機には強いこだわりがあって、

今まで全自動洗濯機を使ったことがありません。

そう…

今まで実家はずっと二層式洗濯機だったのです(・・;)

 

かつての実家の洗面所はかなり狭くて、

全自動洗濯機を置くスペースは全くありませんでした。

なので、二層式洗濯機を使わざるを得ない状況だったので仕方ありません。

しかし、20年くらい前に実家を建て替えた時、

一般的な分譲マンションの4倍くらいの広さの洗面所にしたのです。

 

なのに、なのに…

だだっ広い洗面所だというのに

なぜか、そこにこだわりの二層式洗濯機がチンマリ置かれていて、

18年くらい前に洗濯機を買い替えた際にも

あえての二層式洗濯機を選んだのです…(ー ー;)

 

なぜ母がそこまで二層式洗濯機にこだわるのか?

まず、田舎育ちの母の家に洗濯機なる物が登場したのが

高校生の頃だったというので、

それまでタライと洗濯板しか知らなかった母にとって

二層式洗濯機でも十分ハイテクで

それ以上の機能はいらないと思い込んでいた、

ということがあるでしょう。

そして、母曰く

「洗濯物を分け洗いするのに、いちいち水を全部捨ててたらもったいないから。」

だそうです…。

まず、白物の服を洗い、次に色物の服を洗う。

その次に下着を洗い、最後に雑巾を洗う。

これを同じ洗濯水でやるためには

全自動洗濯機では1回1回排水されてもったいないと…。

 

いやいやいや。

今、1人で住んでてナンボ洗濯物あるって。

そんなに分け洗いする必要ありますかって。

今の服はほとんど色落ちしないから

白物と分けなくてもいいし、

下着と服、一緒に洗ったらそんなにダメですか?

さらに雑巾て…。

1人でナンボ雑巾…(-_-;)

 

しかも、母の洗濯機は「半自動」という、半端な機能になっていて、

洗い→すすぎまで自動でやってくれて、

最後の脱水だけを自分で脱水槽に移して行うタイプなのです。

じゃあ、もうすでに同じ洗濯水で分け洗い出来てないじゃん…。

 

二層式洗濯機の不便なところとして一番気になるのが、

洗濯槽と脱水槽の容量がイコールじゃないところです。

脱水槽の方が小さいので、満タンに洗濯すると

脱水を2回に分けなければいけないのです。

しかも、全自動洗濯機より洗濯物の絡まりが激しくて

全て中尾彬のマフラー状態…。

それをいちいちほぐして2回脱水って…。

私は実家を出た20年以上前から全自動洗濯機しか使ったことがありません。

それが、産後実家に1週間帰った時に

この二層式洗濯機を使う羽目になり、本当に面倒でした。

何がそんなに良くてこだわってんだか、

まず冷たい水に手を入れなきゃいけない苦痛。

脱水を2回に分ける面倒さ。

何で全自動洗濯機を使わないんだか、

全く意味不明で、早く自分の家に帰りたかったです(-_-)

 

今回、母から洗濯機が壊れたと聞いた時、

「また二層式洗濯機か…。」と思いました。

しかし、77歳でパーキンソン病で脊椎管狭窄症の母。

あと何年自分で洗濯出来るのでしょう。

今後、私が母の家に出向いて洗濯することも出てくるでしょう。

その時に二層式洗濯機…。

いや、いいけど…。

 

母に

「やっぱりまた二層式かい?」と聞くと

意外や意外!

「いや〜実はお姉ちゃんと妹達(84歳、82歳、76歳)から

アンタまだ二層式洗濯機使ってんの?

全自動便利だよって言われてさ…。

全自動にしようかと思って…。」と言って来たのです!

 

いや〜助かった!

叔母さん達ありがとう!

そうだよ、そうだよ。

時代はと〜っくに全自動なの!

 

そこで、母を連れて近所の大型家電店に洗濯機を買いに行きました。

私もウチの洗濯機を買い替えた10年前から

洗濯機売り場をろくに見たこと無かったのですが、

以前、「これからはドラム式!」と盛んにうたってたのが、

今は縦型洗濯機が主流なんですね。

あと、かつては小型洗濯機は4.2キロ洗いが主流だったんですが、

今はほとんど作っていなくて、

最低でも4.5キロ洗いからで、

ほぼ5キロ洗い以上になっている様です。

色々変わるものですね。

 

さて、母はどんな大きさの洗濯機を選ぶのでしょうか。

妹の叔母は1人でも、布団やカーテンを洗うからと10キロ洗いを使ってるとか…。

でも、母にはさすがに大き過ぎじゃないかな?

そう思っていると母が、

「今の洗濯機の下の洗濯機パンが

50センチ×80センチだから、そこに収まるサイズがいい。」と言い出しました。

いや〜そうなるとかなり限定されるけど…。

てか、洗濯機パンいる?

ウチはマンションでも使ったことありませんよ。

母は一軒家だから万が一水漏れしても

階下への影響って無いし、まず水漏れなんてほとんどしないでしょうよ。

 

売り場の人に聞いても、今はあまり洗濯機パンは使わないとのこと。

ですよねぇ。

しかし母は、長年置いてある洗濯機パンの跡が床に残ってるんじゃないかと。

それを直すのは嫌だと。

 

も〜(´Д` )

誰が母の家の洗面所まで来るってー。

誰も見ないんだから、跡がついたままでもいいんじゃないの?

と、思いますが、

そこは頑固ですよ。

 

じゃあ、その二層式洗濯機に合わせたサイズの洗濯機パンに入る

全自動洗濯機にするしかないね?

そうだね?

 

そして、さらに母はフタに窓がついてて覗けるタイプがいいと…。

いや、もう覗かなくてもちゃんと洗ってくれるからいいの〜。

途中でフタ開けたいとか、分かるけど

基本、”全自動”だから母さんは何もしなくていいの〜!

 

奥行50センチの全自動洗濯機となると

4.5キロか5キロ、5.5キロの3種類しかありませんでした。

一番大きな5.5キロは、スイッチの表記が全て英語なので辞め。

残る2種類は

同じメーカーの同型種のサイズ違いですが、

価格が10,000円以上違ったため、

一番小さな4.5キロの洗濯機にしました。

ちゃんとフタに窓ついてましたよ(‘ω’)/

 

あ〜良かった!

多分、これが最後の母の洗濯機になると思いますが、

77歳にして、やっと全自動洗濯機デビューですよ。

 

ちなみに、二層式洗濯機は根強い人気があるそうで、

店頭でも6.5キロと12キロの2タイプを展示していました。

しかし、母の使っている「半自動」タイプはもう無くて、

洗い→脱水→すすぎ→脱水の面倒すぎるタイプのみ。

作っているメーカーも日立のみ。

これでまだ「半自動」タイプがあったら、

母はまた二層式洗濯機を買っていたと思われるので、

無くなってて本当に良かったです。

 

やっと母が全自動洗濯機デビューしてくれたことは嬉しいのですが、

「なにやらボタンがいっぱいあってよく分かんないよ。

ちゃんと使えるかね。」と心配な様子…。

…これから使い方のレクチャーが必要なのか…。

だ・か・ら

もっと若いうちから慣れときゃいいのに…。

明日洗濯機が届いたら、また実家に行って

一緒に使ってみて教えましょうか…。

 

いや、まだ1人だから洗うほど洗濯物たまってないのか…(⌒-⌒; )

 

 

 

↑今の母の洗濯機はこんなタイプの二層式洗濯機です。

 

↑今度は奥行50センチのコンパクトな全自動洗濯機に買い替えました。