ゴディバの「義理チョコやめよう」広告に賛否両論!私のバレンタイン「義理チョコ」の苦い思い出…。

日経新聞にゴディバが

「日本は、義理チョコをやめよう」という広告を出したことで、

賛否両論の意見が出ているそうですね。

 

これを聞いてまず思ったのが

「まだ義理チョコなんてあげてる人いるんだ…(・・;)」でした。

私は40代も半ばで

もう義理チョコなんて配る相手もいないし(^^;

配らなきゃいけない環境にもいません。

なので、“義理チョコ”という言葉自体

久しぶりに聞いたのです。

 

私はバレンタインは毎年、子供達にチョコレートを買っています。

私自身チョコが大好きで食べたいのと、

子供達の喜ぶ顔が見たいからです(o^^o)

そして、夫はチョコレートが好きじゃないので、

バレンタインにはワインをあげています。

 

娘は学校で「友チョコ」といって

女の子同士でチョコレート交換をしています。

娘曰く「今時、男子にチョコあげる人なんているの?」

というくらい、「友チョコ」が一般化しているという話しですが、

他の学校ではどうなんでしょう?

 

息子が中1の時には、ウチのポストに1個だけ

差出人不明のチョコが入っていたことがありました(*゚∀゚*)

当の息子より娘の方が大騒ぎして

チョコも食べてしまってましたね…( ̄▽ ̄;)

この様に、今の私の周りには義理チョコ文化が無いので

ゴディバの広告に懐かしさすら感じましたよ〜。

確かに、20代前半の頃に勤めていた会社では

毎年、義理チョコ配らされてたな〜( ̄ー ̄)

女の先輩社員が仕切って

強制的に女子社員からお金を集め、

勝手に選んできたチョコを

なぜか若手女子社員で男性社員に配って歩く…。

男性社員達も当たり前に受け取って、

ホワイトデーにはわざわざ、

奥さんに買ってきてもらったというお返しを各々でくれてたっけ…。

いやいや…

「少ない給料から無理矢理お金出させられて

何で好きでもない、いやむしろ嫌いなオッサンにまで

チョコやらなきゃなんないんだ?」と

若い私は内心かなり不満を抱いてましたよ〜(-_-;

きっと、男性社員も同じ不満を抱いてた人結構いたんじゃないかな?

確かにこんなくだらない文化、いらないと思いますよ。

お金の無駄ですね。

そもそも何で会社でバレンタイン?

もう、年賀状級に辞めづらい困った文化ですよ( ´△`)

最初に始めた人は、責任持って義理チョコ文化を廃止してほしいものです。

 

今回、高級チョコの代表みたいなゴディバさんが

「義理チョコやめよう」って言ってくれたんだから、

辞めたい人は辞めたらいいんじゃないかな。

配りたい人だけ1人で配る。

他人に強要してはいけません。

あと、「お返しはいりません。」の一言も必要でしょう。

お返しも、したい人だけする。

お返しをくれなかったからといって

文句を言うのは無しです。

 

私の両親の時代にはバレンタインなんて無かったそうで、

こういうイベントは

まさにお菓子会社の仕掛けなんでしょうね。

それでも、かわいいチョコがたくさん売られてるから

買うのも楽しみで、配るのも好きなんだ〜♡という人は

楽しんだらいいんじゃないでしょうか。

1人で、または本当に同じ感覚で

バレンタインを楽しみたいという人となら。

 

でも、やっぱり会社で配るのは違うと思います。

だって、会社は遊びに行く場所でもないし、

好きな人とだけ集う場所でもないんですから、

バレンタインの趣旨とハナから合わないですよね。

 

今は「義理チョコ」とも無縁な私ですが、

当時の未熟な自分への反省も含め、

若かりし頃の苦い思い出が蘇ってしまい

改めて「義理チョコ」はいらないな〜と思いました。