西洋医学嫌いの母が私に施した民間療法の数々と漢方薬。

昨日、風邪から「蓄膿症」の症状が出てしまった私。

夜に小林製薬の「チクナイン」を飲んで早目に寝たところ、

今朝は頭の重さが取れていたので随分楽になって

「チクナイン」サマサマです(*´ω`*)

この「チクナイン」は成分が生薬の漢方薬で、

副作用の心配が少ないのがありがたいですね。

 

しかし、副作用が少ないのは確かにありがたいのですが、

私の母がとにかく西洋医学より

漢方薬と民間療法が大好きな人で、

何かにつけて自前で施したがるので

子供の頃は嫌な思いも随分したものです(ー ー;)

 

私は幼少の頃、重度の「蓄膿症」で

小学校に入ってからは耳鼻科に通う様になったのですが、

幼稚園の頃は母の方針で漢方薬で治療していました。

これが、お湯で薬草を煮出して飲むタイプだったのですが、

もうまずいのなんのって…(´ཀ`

苦くて臭くて、飲み込もうにも

体が拒否して吐きそうになってばかり。

自然に涙が流れ出るまずさでした(T-T)

幼稚園に行く前に毎朝必ずカップに一杯飲まされるのが苦痛で苦痛で

おかげで幼稚園に行くのも遅れがちになり、

母からは毎朝怒鳴られながらの登園でした…。

しかも効果は全く無し。

1年間くらいは嫌々飲まされていたでしょうか。

それがある日、その漢方薬屋さんに行った際、

漢方医の先生が

「もう6歳になるならカプセル飲めるかな?」と

同じ成分が入っているという漢方薬のカプセルを出して来たのです!

「そんなのあったの?

最初っからカプセル飲めたよ!

何で早くカプセルにしてくれなかったの?!」

毎日母に怒鳴られて飲まされていた

煮出しタイプの漢方薬の苦痛の日々を思うと、

幼いながらに怒り爆発でしたo(`ω´ )o

先生は「ハハハ、だってまだカプセル飲めないと思ってたからね。

確かにあれは美味しくなくて飲みづらかったと思うよ。」と…

笑いごとじゃないっつーの!

その後、カプセルになって

どれだけ快適になったでしょう。

しかし、肝心の効果は全く無いまま…。

 

そこで母は漢方薬と平行して、庭から取ってきたドクダミの葉をすりつぶし

私の鼻に詰めることにしました。

これを詰めたまま幼稚園に行かされる辛さ…

あり得ないですよね…(~_~;)

しかも効果は全く無し。

流れ出る鼻水の勢いの方が強いため、

長時間ドクダミの葉を詰めておくことは不可能で

数回で辞めてくれたと思いますが、

今でもドクダミにはトラウマがあります…(c” ತ,_ತ)

 

次に母は私のおでこにお灸をすることにしました。

生姜のスライスの上に「もぐさ」を乗せた方が

より効果があると聞いたらしく、

生姜のスライスをおでこに乗せて

その上からお灸をされていました。

しかし、依然として効果が無いことに業を煮やした母は

「もぐさ」の量をどんどん増やしてお灸の時間を長くし、

ついに私のおでこにヤケドを負わせてしまうことに…∑(゚Д゚)

ここまでやっても効果が無いので

やっと諦めて辞めてくれてホッとしたのを覚えています。

 

結局、小学校に上がった後は耳鼻科に通い、

将来は手術しかないと言われながらも

3年生の時に盲腸の手術で処方された化膿止めの薬が効き、

以降「蓄膿症」はすっかり治ってしまいました。

↓その時の詳しい経緯はこちらからお読み下さい。

「生まれつきの重度の蓄膿症が化膿止め薬であっさり治った話し」

 

「蓄膿症」の治療以外でも民間療法ばかり取り入れる母は

私が幼稚園の頃、ノドが痛いと言えば

長ネギを焼いたものを白いガーゼにくるんでノドに巻き、

そのまま幼稚園に行かされました(*_*)

時間と共に、焼いた長ネギの茶色い汁が白いガーゼに染み出し、

友達に「汚い」とさんざんからかわれたことを母に伝えると、

次の日は、母の花柄のハンカチにくるまれた長ネギが…

いや…そういうことじゃなくて…(ToT)

友達のトローチにどれだけ憧れたことでしょう…。

母にトローチの件を伝えると、

さっそく大根のスライスを水飴に漬けたものを作り

「これを飲めばトローチより効く」と言われ

非常にガッカリしたものです…。

 

また、筋肉痛などの痛みには

小麦粉に酢を混ぜて練ったものを

ガーゼに貼りつけて患部に当てる。

もう、シップがある時代に何でこんなこと…

貼っててもずり下がってくるし

剥がした後がカチカチのベタベタで本当に不快でした。

効果だって、あるんだか無いんだか…

そんなことより嫌でたまらなかったです。

 

また、温めた方がいいという場合には

コンニャクを茹でたものをガーゼにくるんで巻きつける…。

カイロのある時代に何で…。

しかもコンニャクすぐ冷たくなります…。

 

熱が出たらキャベツの葉を頭に乗せる。

アイスノンや水枕もあったのに…。

こんなの、近くに病院が無い人が

仕方なくやることなんじゃないの?!

ウチの近くは徒歩圏内にも病院たくさんありましたからーーー!!

 

私の父は逆に、すぐ病院派だったのですが、

母は頑なに西洋医学を否定していて、

今でもよっぽどじゃないと病院には行きません。

「副作用が心配だ」とか、

「所詮西洋医学には限界がある」とか、

気持ちは分かりますが、

度々、怪しい健康食品や健康器具を

高額で購入するのを見ていると

素直に病院に行けばいいのにと思わずにいられません…。

 

今回は「チクナイン」がよく効いてくれたので

病院に行かずに済んでありがたかったのですが

あんまり良くならない場合には

すぐ病院に行く方が賢明ですね(´・_・`)