素人画家の展覧会出品。描き方やモチーフ選びで意識していることは?

私は7年くらい前から水彩画を習っているのですが

習い始めた詳しい経緯はこちらからご覧下さい。

毎年4月に教室主催の絵画の展覧会が開かれます。

これは、教室に所属している人は全員必ず1点出さなければならず、

水彩画を習っている人は水彩画を、

油絵を習っている人は油絵を出します。

教室には全部で80人くらいの生徒が所属しており、

そのうちの70人ほどが油絵の生徒。

油絵は100号サイズの大きな絵を出す方もいて

毎年かなり大規模な展覧会になります。

 

私も過去に6回、しがないながら水彩画を出させてもらいました。

最初の3年間は6号サイズ(縦41㎝横31.8㎝)で出していたのですが、

油絵と同じ会場では全く見栄えがしないため、

今は10号サイズ(縦53㎝横45.5㎝)で出しています。

それでも、油絵と並べると水彩画は色彩が淡いので

どうしてもインパクトが弱いですね(´・_・`)

水彩画の良さは

柔らかさや透明感、ふんわり感だとは思うものの、

やはり油絵と並べると見劣りしている様な気がしてしまいます(・・;)

そこで、昨年からは

「油絵風の水彩画」を目指して

水彩絵の具を何度も重ね塗りした

色の濃いインパクトの強い水彩画を描いてみています。

その甲斐あって、みなさんに油絵と間違われたりして

1人でニンマリ(*´꒳`*)

そんなことをしたら水彩画の魅力が無くなるかな?という心配も無く、

油絵とも違う雰囲気で楽しく描けました。

 

展覧会に出す絵のモチーフは自由なのですが、

これも悩みどころです。

毎年、同じテーマで描くか?

それとも違うテーマで描くか?

毎年同じテーマの場合は

観ればすぐに誰の絵か分かるという利点があり、

それはその人の特徴として捉えられます。

ただ、マンネリ感は否めません…。

また、違うテーマの場合は変化には富みますが、

観ただけでは誰の絵か分からないことが多く

特徴を出すという点では難があります。

先生曰く、プロの画家は大抵

自分の得意のモチーフというものを持っていて、

それで各々の特徴を出しているそうです。

 

私は最初、オーソドックスな風景画を描いて出していましたが、

先生の用意してくれた写真を元に描くので、

自分が行ったことも無い場所を描くことになり

思い入れも無いのでつまらなくなり、

途中からは、自分が描いていて楽しい

かわいいフランス人形を描くことにしました。

 

フランス人形は、私が高校生くらいの頃、

母が何かの展示会で

当時13万円くらいしたにもかかわらず

突然買って来たことがあります。

茶色い髪の毛に青い瞳、

なめらかな陶器で出来た顔と手は

薄ピンクでとても美しい人形なのですが、

髪の毛が本物の人間の髪の毛だと聞いて

家族中が敬遠してしまった過去があり(^^;

もったいないとは思いますが、今はホコリをかぶったまま実家に置いてあります。

でも、私がフランス人形を描きたいのも

あの人形のおかげかもしれませんので、

その時は無駄と思えることも

どこで生きてくるか分からないものですね。

 

人形は好き嫌いのあるモチーフなので、あまり描く人もおらず、

展覧会で人と被らない良さもあります。

前にあったのが、

せっかく途中まで描いていたのに

絵画教室暦30年超えの大先輩に、

同じモチーフを描きたいと言われて

譲らざるを得なかったパターン…(^^;)

私みたいな新参者より間違いなく上手に描かれるのも分かっていたので

サッと身を引いて別のモチーフを描くことにしましたが、

やはりこういうことはなるべく避けたいものです。

私程度のスキルでは、本当は人形は難しいのですが

やっぱり描いててウキウキするものは

取り組み時の情熱も全然違うので、最近はもっぱらフランス人形です。

 

教室で開く展覧会は、批評も販売も無いので

何年もやっていると時々、

絵を出したからなんなんだと思ってしまうこともあります(⌒-⌒; )

でも、こうして絵画教室に所属しているからこそ

しがない素人の私でも展覧会に絵を出品出来るので

本当にありがたいことです。

 

展覧会への出品も今年で7回目になりますので、

自分なりに気を付けているることや

意識していることを改めてまとめてみました〜(´ω`)