洗濯機を買い替える時に小さいサイズにしてちょっと失敗した話し。

昨年、購入して11年経った洗濯機が壊れました。

11年前は子供達が6歳と7歳くらいだったので

次はとにかく大容量が欲しくて、

サンヨー製(懐かし〜)の縦型タイプ10Kg洗いをチョイス。

もうもう本当に便利で便利で、相当使い倒しました。

※以前、洗濯機を買い替えた時の話しはコチラからお読み下さい↓

洗濯機が壊れた時の話し。

 

しかし、11年が経ったある日、洗濯後に洗濯機の下に

小さな水たまりが出来ていることに気づきました。

「これは水漏れ…!∑(゚Д゚)」

マンション住まいで洗濯機パンも置いていない我が家。

「下の階に漏れたら大変!」と真っ青になって

水の漏れた箇所を探しました。

 

すると、本体ではなく排水ホースからの水漏れの様で

ホースには飼い犬がかじった跡があったのです…ʕ•ᴥ•ʔ(ー ー;)

「な〜んだ。壊れたワケじゃなかったんだ。良かった…。」

と、少しホッとしてさっそくホームセンターで新しい排水ホースを買い

取り替えて一件落着!

…と思ったら、また洗濯後に水漏れしているのですΣ(゚д゚lll)

「ホースの付け方が悪かったのかな?」と

洗濯機の排水周りをよくよく見てみると、

本体の下からも微量に水漏れを起こしていることが判明(>_<)

せっかくホースを新品にしたところでしたが、

もう細々修理しても仕方ない、と本体ごと買い替えることにしました。

 

洗濯機を買い替えるにあたって悩んだのが

洗濯機のサイズです。

前回、洗濯機を買い替えた時はまだ子供達が小さく

おねしょが頻繁だったこともあり、

迷うことなく大容量を選びましたが、

今はもう2人とも高校生です。

娘は進学であと数ヶ月で家を出ますし、

次の年には息子も多分いなくなるのかな…?

これからまた10年使ううちの

ほとんどが夫婦2人ならもう10Kg洗いは大き過ぎるかも…。

 

家電量販店に行って久々に洗濯機の実物を見ました。

11年前に買った時は、

「これからは洗濯水が少なくて済むドラム式が主流になる。」

と、盛んに言われていたのですが

まだまだドラム式は価格が高く、縦型の需要も十分にある様です。

 

ウチも、価格の安い縦型洗濯機を選ぶことにしました。

10Kg洗いなら90,000円以上から、

7Kg洗い以下からはグッと価格が下がって

60,000円以下くらいでした。

10Kg洗いを買っておけば、大容量から小容量まで対応できるし、

本体の大きさも7Kg洗いとさほど変わらないので

使い勝手は間違いなく良いのは分かっています。

しかし価格が30,000円も違う…

悩んで悩んだ末に

やっぱり安さ重視でAQUAの7Kg洗いタイプを選びました。

 

娘が進学で家を出るまでの数ヶ月間をしのげば

今より確実に洗濯物は減るので大丈夫だろう、

と思ったのです…。

しかし、この3Kgの容量の違いが大きかったです(>人<;)

4人家族で、夏場はまだ良かったのですが

秋になって、だんだん着るものが厚く枚数も増えてくると

今まで1日1回で済んでいた洗濯が

確実に2回に増えてしまったのです。

 

タオルやバスマットを薄手で小さいものに替えて

少しでも1回の洗濯で済む様に頑張りましたが

やっぱり入らない〜(*_*)

それでも、娘が進学して家を出れば洗濯物は減ると思っていましたが

コロナの影響で上京はどんどん遅れるばかり…

仕方なくほぼ毎日2回洗濯機を回しています。゚(゚´ω`゚)゚。

 

洗濯機は予算とスペースがあれば、大容量の方が

シーツや毛布もいっぺんに洗えて断然便利ですね。

小さなサイズに買い替えるのは

本当に家族が減ってからで十分だったな〜と思った次第です(´-`).。oO