shu のすべての投稿

shu について

札幌市在住、44歳。同い年の夫と高1の娘、中3の息子と4人暮らし。一応会社役員なんて肩書もアリマス。 妻、母、娘、姉、会社員、生徒…色んなポジションに立ちながらの日々の暮らしの中で気になったこと、興味を持ったことなどをジャンルにこだわらずに書いていこうと思います。よろしくお願いします。

札幌の賃貸マンションにJ:COMの無料Wi-Fi導入は必要?高齢一人暮らしの母の家に突然来たセールスマンの話し。

実家の母は77歳と高齢ながら、

一棟8戸の賃貸マンションを経営しています。

兼ねてからJ:COMのケーブルテレビは入れていたのですが、

今日の昼、母から電話で

「J:COMの人が新しいサービスがあるから説明したいって来たんだけど、

意味が分からないから今から来て一緒に聞いてくれないかい。」と頼まれました。

急いで、ウチから数分の実家に行ってみると

J:COMの人はすでに実家に上がって母と話をしていました。

 

J:COMの人は私にも挨拶を済ませると

カバンからパンフレットを取り出し、

まずは「入居者へのサービスが入居率アップ、退去抑制になる」

といった話しから説明し始めました。

要するに、「入居者に無料Wi-Fiを使ってもらうために

大家さん負担で月額料を払って契約しませんか」とのことです。

説明の中で、お客様目線でのサービスが何より大切だと

何回も何回も強調されて

すっかり賃貸経営を知らない者扱いされたのですが…

実は私は日頃、賃貸マンションやテナントビルの運営にタッチしているため、

J:COMの人が言う様に、無料Wi-Fiサービスが

他の物件との差別化になるという話はよく分かっていました。

しかし、お客様目線の入居者サービスはもちろん大切ながら、

固定費のカットも賃貸経営には重要な要素だと思っているので、

せっかくですが今回のお話はお断りさせて頂くことにしました。

 

J:COMのWi-Fiは

プランによって回線速度が12Mと320Mのものがありました。

入居者契約のケーブルテレビの利用割引とのセットが必須だそうで、

一番使い勝手の良さそうな「320M +ケーブルテレビ月額20%引き」プランだと

一戸当たり月額1,580円。

一番安いプランでも「12M+ケーブルテレビ月額20%引き」で

一戸当たり月額990円です。

初期費用は無料で、

コールセンターで24時間苦情受け付けもしてくれると言いますが…

この一戸当たりというのは

空室でも必ずかかってくる料金だそうです。

…それって勿体ないですよね(-_-;)

母のマンションは8戸なので、一番安い990円のプランでも

月額7,920円。

年間だと95,040円になります。

幸い、今までほとんど満室経営が続いていて

長い方なら20年以上も住んでくれています。

それなのに、今そんなにかけてまでWi-Fiの導入が必要なのかな…。

 

J:COMの人が言うには

東京の賃貸マンションでは70%くらいが

無料Wi-Fiを導入しているそうです。

札幌は少し遅れていて30%くらいしか導入していないそうですが、

これからどんどん増えてくるだろう、と。

そうなると、無料Wi-Fiを導入していないマンションは

入居率も下がり、退去のきっかけにもなってしまいますよ、と。

…まあ、それはそうかもしれませんが、

私の考えだと

入居者の入らないマンションこそ、

こういった付加サービスが必要なんじゃないかなと思うのです。

入居者の方が住む場所を決めるにあたって

一番重視するのは立地と家賃のバランスであり、

Wi-Fiサービスは、あればありがたいという程度のものだと思うのです。

 

確かに無料Wi-Fiを導入すれば

入居者の方にとっては自分で月額料を払うことなくWi-Fiを使えるので

実質、家賃値下げと同じ効果があるとは言えます。

しかし…

今、これだけ格安SIMが出てきても

昨年9月のデータで利用率は12.4%と少数派で、

あいも変わらず大手携帯電話会社で

オーバースペックの高額プランを契約している人が多数派なのは、

それだけ「通信」というものに対する支払い額に

関心を持っている人が少ない証拠だと思うのです。

大手携帯電話会社の契約プランについての話しはこちらからお読み下さい。

 

J:COMでは、無料Wi-Fiについて各入居者への認知や説明、

既に契約しているプロバイダーの解約相談まで受けると言っていましたが、

実際、無料になると言っても

億劫に感じたり、不信感を持ったりして切り替えない人もいると思います。

何より、賃貸マンションで無料Wi-Fiを導入しているということが

一番効果を発揮するのは、やはり新規の入居者募集の時でしょう。

そうなると、今満室の状態で導入する必要はますます無いと言えます。

 

J:COMの人は、満室の今だからこそ

月額料を負担できる資金があって導入出来るんだと

盛んに強調していましたが、

もっと空室でお困りの大家さんにこそ

入居者募集の付加価値として提案すべき事案だと思いました。

その旨を伝えると

空室の多い大家さんは資金不足で導入したがらないとのこと。

また、札幌でも空室率が特に高い地域には

J:COM自体が対応していないという驚愕の事実発覚!

 

結局、資金の無い大家さんに

初期費用を持ってまでWi-Fi設備を入れても、

その後の月額料の支払いをきちんとしてもらえるか分からないから

J:COM側としても導入して欲しくないのです。

人にはお客様目線で考えろとしつこく言いながら、

自分らはソレ…(~_~;)

ま、そりゃそうですよね。

だって商売なんですもの。

 

Wi-Fiはこれからもますます普及していくものではあると思うので、

そのうち無料Wi-Fiに対応していない賃貸マンションなんて

見向きもされない時代が来るかもしれません。

そうなったら導入を考えなければいけませんが、

その時にはまた違った形のサービスも出てきているでしょうし、

本当にWi-Fiを導入するとなったら

J:COMだけじゃなく、他の会社とも比較検討が必要でしょう。

 

今回はとりあえずWi-Fiの導入は見送ることにしましたが、

J:COMの人、ああ言えばこう言うで結構しつこかったな〜(−_−;)

もし、母が1人で対応していたらどうなっていたのでしょう…。

私が近くに住んでいるので、さすがに自分で判断はしないと思いますが

近くに子供や相談出来る人がいない人だったら…。

こうしてJ:COMの対応をしている間にも

「やわらぎ斎場」からセールスの電話も来てたしな〜。

高齢者だから分からないとか、

上手く押せば契約出来るとか、

みんな、母のことをそんな風に思ってるのかな…(-_-)

高齢者の一人暮らしはやっぱり物騒なもんだな…と、

ちょっと不安を覚えた1日でした…(´-ω-`)

 

素人画家の展覧会出品。描き方やモチーフ選びで意識していることは?

私は7年くらい前から水彩画を習っているのですが

習い始めた詳しい経緯はこちらからご覧下さい。

毎年4月に教室主催の絵画の展覧会が開かれます。

これは、教室に所属している人は全員必ず1点出さなければならず、

水彩画を習っている人は水彩画を、

油絵を習っている人は油絵を出します。

教室には全部で80人くらいの生徒が所属しており、

そのうちの70人ほどが油絵の生徒。

油絵は100号サイズの大きな絵を出す方もいて

毎年かなり大規模な展覧会になります。

 

私も過去に6回、しがないながら水彩画を出させてもらいました。

最初の3年間は6号サイズ(縦41㎝横31.8㎝)で出していたのですが、

油絵と同じ会場では全く見栄えがしないため、

今は10号サイズ(縦53㎝横45.5㎝)で出しています。

それでも、油絵と並べると水彩画は色彩が淡いので

どうしてもインパクトが弱いですね(´・_・`)

水彩画の良さは

柔らかさや透明感、ふんわり感だとは思うものの、

やはり油絵と並べると見劣りしている様な気がしてしまいます(・・;)

そこで、昨年からは

「油絵風の水彩画」を目指して

水彩絵の具を何度も重ね塗りした

色の濃いインパクトの強い水彩画を描いてみています。

その甲斐あって、みなさんに油絵と間違われたりして

1人でニンマリ(*´꒳`*)

そんなことをしたら水彩画の魅力が無くなるかな?という心配も無く、

油絵とも違う雰囲気で楽しく描けました。

 

展覧会に出す絵のモチーフは自由なのですが、

これも悩みどころです。

毎年、同じテーマで描くか?

それとも違うテーマで描くか?

毎年同じテーマの場合は

観ればすぐに誰の絵か分かるという利点があり、

それはその人の特徴として捉えられます。

ただ、マンネリ感は否めません…。

また、違うテーマの場合は変化には富みますが、

観ただけでは誰の絵か分からないことが多く

特徴を出すという点では難があります。

先生曰く、プロの画家は大抵

自分の得意のモチーフというものを持っていて、

それで各々の特徴を出しているそうです。

 

私は最初、オーソドックスな風景画を描いて出していましたが、

先生の用意してくれた写真を元に描くので、

自分が行ったことも無い場所を描くことになり

思い入れも無いのでつまらなくなり、

途中からは、自分が描いていて楽しい

かわいいフランス人形を描くことにしました。

 

フランス人形は、私が高校生くらいの頃、

母が何かの展示会で

当時13万円くらいしたにもかかわらず

突然買って来たことがあります。

茶色い髪の毛に青い瞳、

なめらかな陶器で出来た顔と手は

薄ピンクでとても美しい人形なのですが、

髪の毛が本物の人間の髪の毛だと聞いて

家族中が敬遠してしまった過去があり(^^;

もったいないとは思いますが、今はホコリをかぶったまま実家に置いてあります。

でも、私がフランス人形を描きたいのも

あの人形のおかげかもしれませんので、

その時は無駄と思えることも

どこで生きてくるか分からないものですね。

 

人形は好き嫌いのあるモチーフなので、あまり描く人もおらず、

展覧会で人と被らない良さもあります。

前にあったのが、

せっかく途中まで描いていたのに

絵画教室暦30年超えの大先輩に、

同じモチーフを描きたいと言われて

譲らざるを得なかったパターン…(^^;)

私みたいな新参者より間違いなく上手に描かれるのも分かっていたので

サッと身を引いて別のモチーフを描くことにしましたが、

やはりこういうことはなるべく避けたいものです。

私程度のスキルでは、本当は人形は難しいのですが

やっぱり描いててウキウキするものは

取り組み時の情熱も全然違うので、最近はもっぱらフランス人形です。

 

教室で開く展覧会は、批評も販売も無いので

何年もやっていると時々、

絵を出したからなんなんだと思ってしまうこともあります(⌒-⌒; )

でも、こうして絵画教室に所属しているからこそ

しがない素人の私でも展覧会に絵を出品出来るので

本当にありがたいことです。

 

展覧会への出品も今年で7回目になりますので、

自分なりに気を付けているることや

意識していることを改めてまとめてみました〜(´ω`)

 

西洋医学嫌いの母が私に施した民間療法の数々と漢方薬。

昨日、風邪から「蓄膿症」の症状が出てしまった私。

夜に小林製薬の「チクナイン」を飲んで早目に寝たところ、

今朝は頭の重さが取れていたので随分楽になって

「チクナイン」サマサマです(*´ω`*)

この「チクナイン」は成分が生薬の漢方薬で、

副作用の心配が少ないのがありがたいですね。

 

しかし、副作用が少ないのは確かにありがたいのですが、

私の母がとにかく西洋医学より

漢方薬と民間療法が大好きな人で、

何かにつけて自前で施したがるので

子供の頃は嫌な思いも随分したものです(ー ー;)

 

私は幼少の頃、重度の「蓄膿症」で

小学校に入ってからは耳鼻科に通う様になったのですが、

幼稚園の頃は母の方針で漢方薬で治療していました。

これが、お湯で薬草を煮出して飲むタイプだったのですが、

もうまずいのなんのって…(´ཀ`

苦くて臭くて、飲み込もうにも

体が拒否して吐きそうになってばかり。

自然に涙が流れ出るまずさでした(T-T)

幼稚園に行く前に毎朝必ずカップに一杯飲まされるのが苦痛で苦痛で

おかげで幼稚園に行くのも遅れがちになり、

母からは毎朝怒鳴られながらの登園でした…。

しかも効果は全く無し。

1年間くらいは嫌々飲まされていたでしょうか。

それがある日、その漢方薬屋さんに行った際、

漢方医の先生が

「もう6歳になるならカプセル飲めるかな?」と

同じ成分が入っているという漢方薬のカプセルを出して来たのです!

「そんなのあったの?

最初っからカプセル飲めたよ!

何で早くカプセルにしてくれなかったの?!」

毎日母に怒鳴られて飲まされていた

煮出しタイプの漢方薬の苦痛の日々を思うと、

幼いながらに怒り爆発でしたo(`ω´ )o

先生は「ハハハ、だってまだカプセル飲めないと思ってたからね。

確かにあれは美味しくなくて飲みづらかったと思うよ。」と…

笑いごとじゃないっつーの!

その後、カプセルになって

どれだけ快適になったでしょう。

しかし、肝心の効果は全く無いまま…。

 

そこで母は漢方薬と平行して、庭から取ってきたドクダミの葉をすりつぶし

私の鼻に詰めることにしました。

これを詰めたまま幼稚園に行かされる辛さ…

あり得ないですよね…(~_~;)

しかも効果は全く無し。

流れ出る鼻水の勢いの方が強いため、

長時間ドクダミの葉を詰めておくことは不可能で

数回で辞めてくれたと思いますが、

今でもドクダミにはトラウマがあります…(c” ತ,_ತ)

 

次に母は私のおでこにお灸をすることにしました。

生姜のスライスの上に「もぐさ」を乗せた方が

より効果があると聞いたらしく、

生姜のスライスをおでこに乗せて

その上からお灸をされていました。

しかし、依然として効果が無いことに業を煮やした母は

「もぐさ」の量をどんどん増やしてお灸の時間を長くし、

ついに私のおでこにヤケドを負わせてしまうことに…∑(゚Д゚)

ここまでやっても効果が無いので

やっと諦めて辞めてくれてホッとしたのを覚えています。

 

結局、小学校に上がった後は耳鼻科に通い、

将来は手術しかないと言われながらも

3年生の時に盲腸の手術で処方された化膿止めの薬が効き、

以降「蓄膿症」はすっかり治ってしまいました。

↓その時の詳しい経緯はこちらからお読み下さい。

「生まれつきの重度の蓄膿症が化膿止め薬であっさり治った話し」

 

「蓄膿症」の治療以外でも民間療法ばかり取り入れる母は

私が幼稚園の頃、ノドが痛いと言えば

長ネギを焼いたものを白いガーゼにくるんでノドに巻き、

そのまま幼稚園に行かされました(*_*)

時間と共に、焼いた長ネギの茶色い汁が白いガーゼに染み出し、

友達に「汚い」とさんざんからかわれたことを母に伝えると、

次の日は、母の花柄のハンカチにくるまれた長ネギが…

いや…そういうことじゃなくて…(ToT)

友達のトローチにどれだけ憧れたことでしょう…。

母にトローチの件を伝えると、

さっそく大根のスライスを水飴に漬けたものを作り

「これを飲めばトローチより効く」と言われ

非常にガッカリしたものです…。

 

また、筋肉痛などの痛みには

小麦粉に酢を混ぜて練ったものを

ガーゼに貼りつけて患部に当てる。

もう、シップがある時代に何でこんなこと…

貼っててもずり下がってくるし

剥がした後がカチカチのベタベタで本当に不快でした。

効果だって、あるんだか無いんだか…

そんなことより嫌でたまらなかったです。

 

また、温めた方がいいという場合には

コンニャクを茹でたものをガーゼにくるんで巻きつける…。

カイロのある時代に何で…。

しかもコンニャクすぐ冷たくなります…。

 

熱が出たらキャベツの葉を頭に乗せる。

アイスノンや水枕もあったのに…。

こんなの、近くに病院が無い人が

仕方なくやることなんじゃないの?!

ウチの近くは徒歩圏内にも病院たくさんありましたからーーー!!

 

私の父は逆に、すぐ病院派だったのですが、

母は頑なに西洋医学を否定していて、

今でもよっぽどじゃないと病院には行きません。

「副作用が心配だ」とか、

「所詮西洋医学には限界がある」とか、

気持ちは分かりますが、

度々、怪しい健康食品や健康器具を

高額で購入するのを見ていると

素直に病院に行けばいいのにと思わずにいられません…。

 

今回は「チクナイン」がよく効いてくれたので

病院に行かずに済んでありがたかったのですが

あんまり良くならない場合には

すぐ病院に行く方が賢明ですね(´・_・`)

 

 

風邪から「蓄膿症」の症状が…。副鼻腔を広げるマッサージと小林製薬の「チクナイン」を飲んでみました。

先週まで息子のインフルエンザに振り回されていた我が家ですが、

今度は私が風邪をひいてしまいました(T-T)

 

2日前の夜にノドに軽い痛みを感じたので

寝る前に市販の風邪薬を飲んで寝ようと思っていたのですが、

忘れて寝てしまい…(−_−;)

そして、昨日の朝、ノドの痛みはさらに強まっていたため、

慌てて朝食後に市販の風邪薬を飲みました。

 

しかし、初動が遅れたせいでしょう。

昨日の夕方にはノドの痛み、鼻詰まりの他に

頭や目の周りが重く、

人の声や自分の声が頭蓋骨の中で反響するという症状まで出てしまいました。

これは過去にも患った経験のある

「蓄膿症」だなと思ったのですが、

すでに夜で病院も閉まっているし、

とにかく頭が重くて朦朧とするため

薬局にも行きたくなく、

仕方なくネットで調べた、

副鼻腔を広げるマッサージを試してみることにしました。

 

両小鼻のくぼみを人差し指で強く押し、

ほお骨を外側に向かって2秒押し上げるのを3回繰り返すというもの。

「蓄膿症」の人には、ほお骨が下にずれてしまっている人が結構いて、

副鼻腔炎を発症した際に副鼻腔内に膿がたまりやすいらしいのです。

そこで、下にずれたほお骨を押し上げて正常の位置に戻してあげると、

副鼻腔にたまった膿が排泄されやすくなるので症状が改善されるとか。

確か、小学生の時にひどい「蓄膿症」で

母に連れられて行った漢方薬屋さんの先生にも

同じことを教えられたことがありました。

当時は「蓄膿症」がひど過ぎて全然効果はありませんでしたが、

今回はたった3回のマッサージでも効き目があり、

鼻詰まりはすぐに解消!

「とりあえず良かった…ε-(´∀`; )」と

また市販の風邪薬を飲んで寝ました。

 

そして今朝…。

ノドの痛みも鼻詰まりもありません。

でも、目の周りとおでこの腫れぼったい様な重さと

全身の倦怠感が強くなっており

これは「蓄膿症」が悪化してしまったと感じました。

ここで耳鼻科に行けばいいのでしょうが

近所の耳鼻科はあいにくの休診…。

仕方なく、以前にも飲んで効果バツグンだった

小林製薬の「チクナイン」を薬局で購入して飲んでみることにしました。

「チクナイン」には生薬成分として

辛夷 (鎮静作用・頭痛・排膿作用)

升麻 (皮膚化膿時の排出作用・鎮痛作用)

枇杷葉 (鎮咳・去痰・肺の改善作用)

百合 (精神安定作用・咳止め・動悸、息切れ改善作用)

麦門冬 (抗粘膜炎症作用、鎮咳・去痰・利尿作用)

黄ゴン (解熱作用・腸粘膜炎症の修復・抗アレルギー作用)

山梔子 (精神不安抑制作用、鎮静、消炎、解熱薬、黄疸症状改善)

知母 (不快なほてりや熱感除去作用)

石膏 (解熱作用・イライラ感除去・むくみや痒みの消炎作用)

の9種類が入っていて、「蓄膿症」の諸症状の緩和に効果がある様です。

 

この「チクナイン」は私の体質に合っているらしく、

今回も飲んで2時間くらいすると、頭の重さは多少改善された様です。

 

しかし…

熱は無いものの手足にあまり力が入らずダルいです(´-ω-`)

「蓄膿症」の症状だけではなさそうなので、

今日は早く寝て、明日改善されてなかったら

内科か耳鼻科に行って来なきゃダメかな…。

 

↑顆粒状の「チクナイン」。

1日2回、一包づつ飲んで7日分入ってます。

私は1回に一包で済むのでこちら派です。

 

↑こちらは錠剤タイプの「チクナイン」。

1日2回、4錠づつ飲んで7日分。

本日、中3の息子の北海道「私立高校B日程」の受験が終わりました!

今日は中3の息子の2回目の私立高校受験でした。

北海道で言う「私立高校B日程」です。

 

先週の「私立高校A日程」で受けた私立高校が

思いのほか難しかった様なので

今日受ける私立高校にはぜひとも受かってもらいたいところなのですが…。

前回の私立高校は過去問も解いたことがなく挑んでしまうという

初歩的なミスをやらかしてしまったので(・・;)

今回は塾から過去問をしっかり入手して取り組んだ息子。

過去問を解いた感想は

公立高校の裁量問題とそんなに変わらない印象だったとのことなので

何とか大丈夫かな〜(>_<)

 

「A日程」で受けた私立高校は、自宅から遠かったのと

一緒に受ける子もいなかったので下見には行かなかったのですが、

今回の高校は自宅からも近く、

仲良しの友達2人も一緒に受けるので、

息子と友達とで前日に下見に行って来ました。

会場の都合で、

今回は上靴に履き替えないで、外履のまま受験するそうで

暑がりの息子はいつも履いている足首まである防寒靴は辞めて

くるぶしの下までの「スノトレ」という

冬道対応の短靴で受験することにしました。

また、時計の無い部屋での受験とのことで腕時計が必須。

日頃、腕時計はしない息子ですが

カシオの1,980円の腕時計を急遽買って持たせました。

受験からの帰りは

会場最寄りの地下鉄駅に受験者が殺到して

なかなか乗れなかったとのことで結構遅かったのですが、

帰って来た息子に、さっそく「どうだった?」と聞くと

「普通…。」との答え(-_-;)

そして、「夜の塾に備えて寝る。」と言って

すぐ布団に入って寝てしまいました(−_−;)

受験の感想が「普通」って…

まあ、息子が「普通」という時は割と出来た時なので

先週の「私立高校A日程」で受けた私立高校よりは

出来たのかな?

それとも、珍しく不機嫌な様子だったので

もしかしたらあんまり出来なくて落ち込んでるとか…?

まあ邪推しても仕方ありませんね(⌒-⌒; )

合格発表は2月28日だそうですので

A日程、B日程、どちらかの私立高校には受かった状態で

来月、3月6日の本命の公立高校受験に挑んでもらえれば

ベストなのですが(´-ω-`)

 

今日で、全部で3校受験するうちの2校の受験が終わりました。

でも、ここまでは本命ではない私立高校の受験だったので

2週間後の最後の本命!公立高校の受験に向けて、

ここからが本当にラストスパートです。

まだまだ塾も終わりませんし、

ここからは精神的にも結構キツくなってくるのかもしれませんが

あとは息子の体調管理と精神的なサポートにまわって

陰ながら応援していきたいと思っています。

 

高1の娘、耳かきのし過ぎから「外耳炎」発症!

高1の娘が、3〜4日前から左耳が痛いと言い出しました。

最初は、家にいる間

イヤホンをつけっぱなしにしているせいかと思い、

イヤホンを辞めさせ、耳の中に化膿止めの塗り薬を塗って

様子を見ていました。

しかし、数日経っても一向に良くならないとのことで

今日、たまたま学校が早く終わる日だったので

近所の耳鼻科に行ってみました。

 

診察の結果は耳かきをし過ぎたための「外耳炎」。

耳かきでついた傷からばい菌が入った様で、

イヤホンは関係ありませんでした。

先生が

「耳かきのし過ぎで

耳の中の状態は両耳ともひどい状態になってしまっています。

今後もう二度と耳かき棒は使わないで下さい。

耳かきは2ヶ月に一回の頻度で十分ですし、

するとしても綿棒で軽くこする程度でいいんです。

まあ、こう口で説明しても、また耳かきしてしまうと思うので

今から耳の中を映像で見せますね。」と言い

耳の中にカメラを入れて映像を見せてくれました。

 

まず、痛くない右耳から。

耳の中の鼓膜手前に赤くこすった跡がはっきりと見えます。

「これは内出血している跡です。

鼓膜の一部も内出血しているのが見えますが、

これがもう少し鼓膜の方に進むと“聞こえ”に影響してきます。

まだ炎症は起こしていませんが危ない状態ですよ。」とのこと。

 

そして、痛い左耳。

耳の入り口すぐの壁が腫れているのが見えます。

色はうっすらピンクですが

その奥も耳の中全体が腫れてしまっていて

鼓膜が見えない状態でした。

娘もこの映像にはかなりショックを受けた様で

もう耳かきはしないと素直に言っていましたが…

実は、この耳かきのし過ぎからくる「外耳炎」…

夫も26歳の時に

同じ症状で耳鼻科にかかっています…(ー ー;)

 

夫も娘も、なぜか毎日耳かきをするのがクセなのです。

私と息子はめったに耳かきなどしないのですが、

夫と娘は1日に何回もコリコリコリコリ耳かきをやっているのです。

特にテレビを見ながら耳かきをするのがクセで

毎日2人で耳かきの取り合いをしています。

2人に何でそんなに耳かきをするのか聞くと

「耳の中が痒いから」

「耳かきをすると耳の中が痛くなって気持ちいいから」

「なんとなく落ち着くから」

だそうですが、変なところで遺伝するものなのですね(>_>)

治療としては

まず1日3回の抗生物質の飲み薬と、

1日2回耳の中に入れる液体の点耳薬で炎症を抑え、

1週間経って炎症が治まったら痒み止めの薬を処方するというものです。

炎症を抑える薬と痒み止めの薬は併用出来ないそうなので

また来週も耳鼻科に行かなければなりません。

 

この点耳薬は

冷たいまま耳に入れると温度差で「めまい」を起こしてしまうそうなので、

必ず手のひらで握って人肌の温度にしてから耳を上にして5〜6滴入れます。

その後10分くらいはそのまま横になって、

起き上がって耳から薬が流れてくる場合は

軽くティッシュなどで拭き取っていいそうですが

絶対に耳の中にティッシュを入れたりしないで下さいとのこと。

 

娘が毎日耳かきを始めたのは

小学校高学年くらいの頃だったと思います。

それまでは、私が2ヶ月に1回くらい耳かきをしてあげていたのですが

自分で出来るから大丈夫と言い出して

自分でする様になりました。

「耳の中に傷がつくから毎日耳かきしたらダメだよ。」と

何度も注意したと思いますが、

全く辞めないどころか、夫も毎日耳かきしているので

そのうち注意もしなくなっていました。

 

これを機会に耳かき棒は処分して

毎日の耳かきは辞めてもらわなければいけませんね。

今回、耳鼻科の先生に

耳の中の惨状を見せてもらえて本当に良かったです。

夫もこの話を聞いて娘に同情していましたが、

私と息子には理解不能な2人…(*_*)

耳かき「外耳炎」の悩みは

夫と娘で分かち合ってもらいましょうか…(⌒-⌒; )

↑こんな吸引タイプの耳かきグッズなら

耳を傷めずに耳かき出来そうですね!

↑耳の中を見てみると、傷があるかどうかハッキリ分かります。

 

私が知っている、オリンピックを目指していたけど挫折してしまった人達の話し。

平昌オリンピックの男子フィギュアスケートで

羽生結弦選手が金メダル、

宇野昌磨選手が銀メダルを獲得しましたね!

両者とも、ここまで来る道のりは

どれほど長く苦しかったことでしょう…。

オリンピックを目指して長い期間練習に励んでも、

途中で挫折してしまう人の方が圧倒的に多いと思います。

私が小中学生だった頃にも、そんな子達がいました…。

 

私が小学生だった時、一つ下の学年で

スキージャンプをやっている男の子がいました。

その子は、北海道の真冬、気温−10℃などの日でも

毎日ランニングシャツに短パン姿で登校していて、

学校でも超有名人でした。

いつも真っ黒に日焼けした顔にスポーツ刈り。

“ザ・男”といった感じで、

毎日スキージャンプの練習に励んでいた様です。

中学に進学した際には、さすがに制服姿で登校しておりましたが

初めて彼の制服姿を見た時には

「長袖、長ズボン着るんだ…。」と驚いたくらいです(^^;)

中学時代も各種スキージャンプの大会に参加していた様ですが、

成績は今ひとつとの話で、全国大会にまでこぎつけられず、

結局、高校入学とともに辞めてしまったと聞きました。

彼のお母さんと私の母は時々会えば話す仲で、

色々聞いたところによると…

小学校時代のランニングシャツと短パン登校は

お父さんが体を鍛えさせるためと強制していたもので、

本人は非常に嫌がっていたそうです。

そして、高校もスポーツに力を入れている私立高校への進学を

お父さんは強力に勧めたそうですが、

本人が絶対に嫌だと拒否して

結局スキージャンプ自体辞めることになってしまったとのこと。

将来はオリンピック選手にしたいと

彼が幼い頃から一生懸命にサポートしていたお父さんは

非常に非常にガッカリしたそうですが、

年齢的にも、もう強制することが出来なくなったと…。

いやいや…

これを聞いて本当に彼がかわいそうになりました…(◞‸◟)

お父さん…

息子に期待したい気持ち、本当によく分かりますが…(-_-;)

親のサポートなくして

オリンピック選手になることは難しいと思いますが

どこまでがサポートで、どこからが強要なのか…

子育てに共通する悩みだな〜と

今、自分が子供を持つ身になって改めて考えてしまいます。

その後、彼は勉強があまり得意ではなかったこともあり

大学には進学しなかったと聞きましたが、

早いうちに別の道を模索出来たことは

彼にとっても良かったのではないでしょうか。

 

中学時代には三姉妹でスキーのアルペン競技をやっている子がいました。

三姉妹の真ん中の子と同級生だったのですが、

この子は、冬は全国大会にも出場するレベルで

夏もカナダに遠征して競技の練習に励んでいました。

なので、春と秋は普通に学校に来ますが、

夏と冬は長期で欠席していました。

彼女は、スキー焼けとトレーニング焼けで

年中真っ黒に日焼けしていたのですが

それをすごく気にしていて、普段は日焼け止めを大量に塗って

日陰しか歩かないなど、少しでも日に焼かない努力をしていました。

そして、「スキーが嫌いだ」といつも言っていました。

スキーのせいで日焼けする、みんなと遊べない、

勉強にもついていけない、姉妹で比べられる…。

でも、とにかくお父さんが怖くてスキーを辞めさせてくれないんだとも…。

彼女は中学卒業後、

札幌でも有名な、スポーツに力を入れている私立高校に

スキーの推薦で進学しました。

高校では授業は午前中だけで、午後はびっしりトレーニングだそうで

スポーツ推薦者はどの部活もそうだと言っていました。

そして、大学もスキーの推薦で東京の大学に進学しました。

オリンピックを目指して三姉妹でスキーアルペン競技を

幼い頃から続けて来た彼女でしたが夢叶わず…

結局、大学卒業とともにスキー競技から引退したそうです。

その後、一度は東京で就職したものの

数年で辞めて札幌に戻って来ました。

32歳頃に再会した時の彼女曰く

「スキーなんて昔から大っ嫌いだった。

もう二度と滑りたくない。

姉妹もみんな父さんが怖くてやらされてたけど

今はもうジジイだから言うこと聞かなくていいんだ。

でも、スキー辞めたら他に何もしてこなかったから

全然やること無いんだよね〜。」と…。

彼女のスキーの腕前は

全国大会に出場するレベルでしたので

北海道内でも相当なものだったと思います。

色々なことを犠牲にして長年頑張ってきて

そこまで上手になってもスキーが大っ嫌いって…

そのくらい辛い年月だったのでしょうね(;_;)

彼女はその後数年間

実家暮らしでアルバイト生活を送っていましたが

今は結婚して主婦業に励んでいる様です。

ちなみに、彼女のお姉さんは

スキーしかしない生き方は嫌だと公立高校に進学して

早々とスキーは引退したそうです。

妹さんは姉妹の中で一番スキーの成績が良く

高校も彼女と同じ私立高校に進学、

大学もスキーの推薦で進学したそうですが、

やはりもう引退していてスキーは嫌いだそうです(ー ー;)

 

オリンピックに行ける人は

本当に本当に一握りです。

その影では、たくさんの選手たちがしのぎを削って努力していますが

夢叶わなかった時にどうするか…

難しい問題ですね( ˘ω˘ )

私なんて、そこまで努力したことも無い人間なので

偉そうなことは何も言えませんが

子供にそこまで強制してでも何かをやらせるという

親御さんの情熱は本当にすごいものだと思います。

一度はスキーが嫌いになって

スキージャンプを辞めた彼も、スキーアルペンを辞めた彼女も、

もっと歳を取ったり、自身が子供を持ったりして

またスキーが懐かしくなる日が来るんじゃないかな…。

そこまでの技術を身につけた努力の経験は

きっと今後の人生でも彼らを支えてくれるはずですから

親御さんの苦労も決して無駄では無かったと思うのですが…。

 

平昌オリンピックに出場した選手達を見ると

本人のものすごい努力と、それをサポートし続けた周りの人達の努力を感じます。

その中で、さらにメダルを獲るまで活躍するということは

本当に奇跡に近いことだと思います。

メダリスト達が口々に

「周りのサポートのおかげです」、

「応援してくれたみなさんのおかげです」というのも

こういった陰の功労者の方々への感謝からなんですね(´-`).。oO

 

平昌オリンピックも残すところあと1週間。

表舞台に立つ人も、そのサポートに奔走する人も、

また、表舞台に立てなかった人達とそのサポートをし続けている人達も

みなさん本当に様々なドラマがあることでしょう。

だからこそ、メダルを獲得した喜びはひとしおで

私の様にテレビの前で観ているだけの者でもσ(^_^;)

感動を分けてもらえるのですね。゚(゚´ω`゚)゚。

 

大手携帯電話会社の料金プランを理解していない高齢者にオーバースペックの契約をさせるのはいかがなものでしょう?

最近、会社で74歳になられる方が

ご自身の携帯電話を機種変更されました。

スポーツモデルのかっこいいガラケーで

見た目は大変素晴らしかったのですが…

ご本人が

「この電話は通話は5分以内なら

何回かけても無料なんです。

私は通話はほとんどしないので

毎月無料はありがたいですね。

ただ、前の機種は

携帯の画面にいつもニュースが自動で流れていたのですが

今回の機種では流れないので、

お店の人に聞いたら

メールの契約をしなければならないと言われ

メールは全くしないのですが1か月300円なので契約しました。

でも、全然画面にニュースが流れないし

使い方の説明書も無いと言われて困ってるんです…。」

とおっしゃるのです。

 

私もすっかりスマホユーザーなので

ガラケーはよく分からなかったのですが、

一応見せてもらいました。

契約している携帯電話会社は大手のA社だと言うので

A社のサイトを見ながら色々聞いてみると…

 

結局、通話は「かけ放題」の

1か月定額1,200円のプランを契約しているので、

「1回5分以内の通話なら

1か月に何回かけても定額の範囲内で収まる」

ということが分かりました。

ニュースを見るのにメール契約が必要というのが

よく分からなかったのですが…

ニュースならインターネット契約が必要なはずで、

おそらく月額372円からのパケット通信料定額サービスの

契約をしている様でした。

 

おそらくって…

ご本人も、自分が何のプランを契約しているのか

全く理解していないんですよね(・・;)

しかも、プランと機種は連動していないということも

あまりよく理解しておらず、

機種が変わったから契約プランも変わった

と思っているフシがありました。

 

それにしても…

まず「1か月に5分以内の通話は何回かけても無料」って

コレ、完全にウソじゃないですか?

”無料“じゃなくて、

通話してもしなくても「1,200円を定額で払う」プランなんですよ。

ご本人が「私は通話はほとんどしません」と

言い切っていて、

1か月1,200円なんて絶対使わないことが分かっていながら、

何でこんなプランに加入させるのでしょう?

しかも”無料“と誤解させて。

私は格安SIMを使っていて、

通話は定額ではなく1回ごとに課金制のプランにしています。

私も通話はほとんどしなくて、

「今月は結構通話したな〜」という月でも

1か月の通話料が500円を超えたことはありません。

多分、この74歳の方だって

1か月に1,200円以上の通話なんてしませんて。

 

また、ニュースを見るのにメールの契約て…。

さすがにここで高額の「パケット使い放題プラン」は勧めていない様ですが

この方に

「ニュースを見ると、パケット料といって

その都度通信料が発生するプランの契約みたいですよ?」

と言うと

「お金かかるならニュース見なくていいです。」とのお返事(゚o゚;;

「え〜じゃあ、メールも全くしないなら

月々372円払う意味全然無いよ〜。」です。

前の機種で自動的にニュースが流れていたということは

データローミングをオンにした状態で使っていたのでしょうから、

前もそれなりの金額を払っていたと思うのですが、

ご自身もいくら払っていたのかさえ

よく把握していない状態…(・・;)

今の機種ではデータローミングはオフになっていたので、

これをオンにすればニュースは見れるようになりますが

1か月にいくらくらいのパケット料が発生するのか?

全く未知なので怖くておススメ出来ませんでした(-_-;)

 

以前に私もA社で契約していた時

通話と7GBまでのパケット定額サービスで

1か月に大体5,000〜6,000円くらい払っていたのですが、

ある時、3GBまでの安い定額に

使った分だけ課金するプランがあるのに気付き

ショップで契約プランを変えてもらうことにしました。

私は基本Wi-Fi環境で使うことが多いので、

3GBあれば十分なはずです。

A社の若い男性店員にその旨を伝えると

カチャカチャとキーボード入力しながら

パソコン画面を開くと

「お客様の今の使い方ですと、

プラン変更により、今より1か月のご請求額は高くなります。」

と言うのです。

「いや、ほとんどWi-Fiでしか使ってないから

そんなことにはならないはずですけど。」と言うと

「データローミングと言って、お客様が画面を開いていない状態でも

常にスマホ自体が勝手に通信しているんです。

それがお客様の場合ですと

1か月に7GBの使用で30,000円くらいにはなっているのが

定額制のおかげで安く使えているんです。」と…。

いやいやいや。

7GBなんて使ってるワケないっしょー( ̄^ ̄)

私は動画もほとんど見ませんて。

男性店員の態度は相当悪く、

これは、私がオバさんだと思って足元見てやがるなと思ったので

強引にプラン変更をしてもらい、

その後はマメにデータローミングをオフにして使っていました。

 

プラン変更により、1か月の使用料は4,000円くらいに下がりましたが、

いちいちデータローミングをオフにするのもバカバカしくなり、

結局、格安SIMに変更しました。

格安SIMに変更後は、データローミングは常にオンでも

1か月の使用料が、通話を入れても1,400〜1,800円くらいと

本当に格安で助かっています。

ちなみに、1か月のデータ使用量は

700MBとかで、1GBなんて全然いったことないですよ…(。-_-。)

やっぱりな〜と思いました。

A社さん、1か月の使用量、なんか多く計算してませんでした?

7GBって、どんだけ使ってんの?ですよ。

よっぽどWi-Fiが無い環境で、動画ばっかり観るとかじゃないと

あり得ないんじゃないですか?

 

先ほどの74歳の方にもそうですが、

使わないオーバースペックのもを

「安い」もしくは「無料」だと誤認させるやり方は

問題だと思います。

74歳の方は、「通話はほとんどしない」

「メールもしない」と明言しています。

ニュースだって、「お金がかかるなら見なくていい」と

話を聞けば、そういう回答なんです。

通話しない人に「かけ放題」プラン…。

メールもネットもしない人に「定額プラン」…。

この74歳の方のケータイの使い方は

電話の着信とたまに通話、万歩計機能、カメラ機能のみなのに、

1か月、通話し放題1,200円+データ料372円の1,572円…。

ネットもメールもしないのに

格安SIMのスマホと同じくらいかかってるなんて

もったいないのぅ(´・ω・`)

 

まあ、本人がそれで納得しているなら

1か月いくらかかっていてもいいですよ?

でも…

プラン内容を全然理解していないどころか

”無料“なんて誤認してて、

何をどうすれば金額が発生するかも全然理解していません。

なので、基本料金は払っていながら

ネットに接続しないままにしていて、

これじゃあ毎月ただお金を捨ててるようなものです。

 

以前私はこのA社で

「デジタルフォトフレーム」をしつこく勧められたことがありました。

これも「7,000円くらいするものが今なら”無料“だ」という言い方でした。

iPhoneと連動出来て、iPhoneの写真を

「デジタルフォトフレーム」で流すことが出来る、と。

いらないので断ってもしつこく”無料“だからと言うので、

「本体は無料でも通信料がかかるんじゃないですか?」と聞くと

「…ええ…まあ…1,000円くらいです…。」と急に言葉を濁し

その後は何も言わなくなりました。

「ほらね(¬_¬)」

1年くらい後に、

この話を知り合いの60代半ばの方に話したところ、

その方は別の大手携帯電話会社B社で

この「デジタルフォトフレーム」を勧められて

「使わないけど“無料”だからもらっておいた」と言い

未だに箱も開けていないというのです!

スマホを持っているのですが

1か月の使用料は10,000円くらいかかっているというので

さらにビックリ∑(゚Д゚)

「デジタルフォトフレーム」に月々の通信料が

使わなくてもかかっているという認識が全く無いんですね…。

さらにメールもネットもしないと言うではないですか!!

それなのに、なぜにスマホ…??

ネットは使わないのに

定額パケットプランはハイプランで契約している様で

あまりにも高い月額料金…。

全て、お店の人に勧められるがままに決めたそうなのですが、

これって…(-_-;)

 

確かに、ユーザー側に

あまりにも知識が無いのも責任はあると思います。

でも、本人のスマホやガラケーを使う目的から

あまりにもかけ離れたオーバースペックプランでの契約を

利益優先で当たり前の様にさせてしまうとは…

何のための窓口対応なんでしょう。

特に高齢者の方は、ケータイやスマホのことが

全然分からないからこそ、窓口に聞きに行っているのです。

お店の人の言うことは素直に信じて

高いと思いながらも月額使用料を払っている人が

本当に多いと感じます。

確かに、オーバースペックなら

使い勝手に文句も出ないでしょうけど、

軽自動車で十分の人にフェラーリを与えてる様なもので、

結局使いこなせず意味の無い出費をさせていることになります。

 

また、大手携帯電話会社の窓口の方は態度の悪い方が多くて、

聞いたことと違う方向に誘導されたり、

強引に話をすり替えたり、盛ったりして

こちらが分からないのをいいことに不安を煽って、

必要の無いオーバースペックプランに加入させようとしていると

感じることが私自身も何度もありました。

多少でも知識が無ければ

とても太刀打ち出来ない雰囲気なので

高齢者の方が従ってしまうのも無理はありません。

 

私は今は格安SIMにして

本当に必要な分しかお金を払わずに済んでいるので

とても清々しい気分でiPhoneを使っていますが、

久しぶりにガラケーで困っている方の話を聞いて

過去のことも思い出し嫌な気分になりました(◞‸◟)

お客さん目線じゃなくて自分の利益優先…。

携帯電話会社に限りませんが

こういった慣習は早く無くなればいいですね…(ノ_<)

 

「北海道私立高校A日程」の試験が本日無事に終わりました!

今日は中3の息子の初めての高校受験日でした。

全部で私立高校2校、公立高校1校の3校を受験をしますが、

今日は私立高校の1校目。

北海道でいう「私立高校A日程」の受験日でした。

 

自宅から遠い高校なので前日の下見はせず、

朝、夫と共に車で早目に送って行きました。

お弁当を持参しての7時半出発(^^;;

途中、意外と道が混んでいた上に

大きな高校で入口が分からなく

焦るシーンもありましたが、

案内で出迎えてくれていた先生に引率して頂き

無事、集合時間の30分前には到着出来ました。

受験者がかなり多いため、

朝、近隣の道路は送迎の車で大渋滞。

雪のため道路幅も狭まっていて、

ナビでは35分と出ていましたが、

実際には50分くらいかかったので

早目に家を出て大正解でした。

 

そして、お迎え。

学校の玄関には、

たくさんの保護者が自家用車でお迎えに来ていて混雑していました。

試験の終わりを知らせる鐘が鳴ると

試験会場からはまず、

もしかしてインフルエンザ?な

マスクをした子が4〜5人ポツポツと出てきて

足早に保護者の方と帰って行きました。

それから、ややしばらくして、

大量の少年少女達がゾロゾロと出て来ました。

夫と2人で息子の姿を懸命に探しましたが

なかなか見つからず、

遅いな〜と思っていたら

もう先に外に出て待ってたのでビックリ!

幼い頃から大人しく

親でも見失ってしまうオーラの薄さは未だ健在でした…(⌒-⌒; )

 

さっそく、試験の感想を聞くと

息子が受けたコースは難易度の高いコースだったこともあり、

今まで見たこともない難しい問題ばかりだったそうです。

5教科共、一応答えは書いたけど、

多分間違ってると思うとのこと…。

試験会場にいた子達が過去問を解いた話しをしてたそうなのですが、

息子はこの高校の過去問は解いたことがありませんでした。

すっかり塾にお任せで、過去問を解かせることなど

考えたことも無かったのです(゚o゚;;

塾では、その塾から受験者の多い

別の私立高校の過去問は解かせていたそうなのですが

これは失敗だったかな〜(>_<)

つい自分の時代の感覚で

公立高校向けの勉強が出来ていれば

私立高校もイケるはずと思い込んでいたのですが、

今の私立高校はコース分けが多く、

学校ごとに個性豊かな問題を出しているんですね〜。

今さらですが、高校ごとに個別の対応が必須だったのか…(ーー;)

まあ、もう終わってしまったものは

仕方ありません。

それに、この難易度の高いコースに落ちても

もう1つのコースが自動的に第2希望となり

もしかしたら、そちらには合格出来るかもしれませんしね…(・・;)

 

合格発表は2月27日と大分間が空き、

その前に、もう1校の私立高校の受験があります。

明日からはそちらに向けて気持ちを切り替えて、

次は確実に合格としたいところです。

 

何はともあれ、

まずは1校無事に受験が終わってホッとしています。

来週の火曜日にまた次の私立高校の受験がありますので

それまで、また日々の勉強と

体調管理に気を付けていかなければいけませんね…(。-_-。)

 

北海道余市町でスキージャンプの船木和喜選手に会った話し。

平昌オリンピックで連日盛り上がっていますね!

 

オリンピックと言えば…

1998年開催の長野オリンピックで

スキージャンプ個人ラージヒルと団体ラージヒルで金メダル、

個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得した

日本を代表するスキージャンプの選手

船木和喜選手に

2〜3年前、北海道余市町のお祭りでお会いしたことがあります!

 

余市町では毎年9月に

「よいち大好きフェスティバル」という

秋の収穫祭の様なお祭りが開催されております。

この日、たまたま家族で余市に遊びに行っていてフェスティバルを知り

ちょっと寄ってみることにしました。

 

魚や果物、ワインなど

様々な余市産の特産品が並び

大勢のお客さんで賑わっている中、

遠くから「船木だよ〜。スキージャンプの船木のアップルパイだよ〜。」という

弱々しい男性の声が聞こえて来ました。

「あ〜ジャンプの船木は余市町出身だったか…。」と思ったものの、

男性の自信無さげな声の様子から

単に「船木プロデュースのアップルパイ」を売っているだけだろうと

最初はそのブースには近付きませんでした。

しかし、その後に

「船木がいるよ〜。本物の船木がアップルパイを売ってるよ〜。」

と続ける声が聞こえたのです!

「え!本人がいるの?

でも、その割に人影はまばらじゃない…?」

と半信半疑で声のしたブースに近付くと…

いました!

本物の船木選手がいました!

アップルパイを並べたショーケースの影に

ちょっと照れくさそうに立っています!

美しい眉毛も健在!

テレビで観ていた通りの精悍なお顔つき!

さっそく、写真を撮ったり

握手したりサインもらったりしたいな〜と思いましたが、

なぜか周りの人々は船木選手に無反応…。

確かに船木選手は外から見えずらい所にはいましたが、

男性がさっきから

「船木だよ〜。」と弱々しいながらも連呼しているのに、なぜ?

今日はスキージャンパーとして来ているのではなく、

「アップルパイ売りの船木」として来ているから

騒ぐ様な対象として見られてない?

それとも、ここが船木選手の出身地だから

当たり前の光景として珍しくもない存在なのか?

理由は全然分かりませんでしたが、

なんとなく「船木選手だ〜!!」と騒いではいけない雰囲気だったので

ぎこちなくアップルパイを一つ購入するに留めておきました。

 

「船木のアップルパイ」は

酸味の効いた余市産のリンゴと

バターの香り豊かなサクッとしたパイ生地がマッチしていて

素朴で本当に美味しかったです!

ちなみに、このアップルパイは

長野オリンピックの金メダルと同じ重さだったらしいのですが、

その時は知らずにいきなり食べてしまって

もったいなかったな…(⌒-⌒; )

 

船木選手は、今も自分も現役選手として活動しながら

この収益金を少年少女のスキージャンパー育成に充てているそうです。

江別市に手作りでジャンプ台を作ったり、

恵庭市の専門学校にスキー部を作ったり、

指導者としても活躍中だそうで、

本当にすごい方ですね。

こういう情報も、船木選手にお会いした後に調べて初めて知ったことで、

マスコミは、あえて取り上げたりしないですもんね。

でも、自分の足で地道にアップルパイを売っていることで、

私の様に、改めて「長野オリンピック金メダリスト」として以外の

船木選手のことを知る人もいることを考えると

船木選手の活動は必ず、

次世代のジャンパー育成に生かされていくことでしょう。

 

長野オリンピックの際には、

私もテレビにかじりついて

最後のスキージャンプ団体戦を観ていました。

当時29歳だった原田雅彦選手が「フナキ〜(´Д` )」と

7歳も年下の船木選手にすがる様な呼びかけ方をしていたのが印象的で、

船木選手は若かった当時から頼れる方であったのでしょうね。

 

あれから20年。

若くして金メダリスト・銀メダリストとなったのに、

それに溺れることなく

自身も黙々とスキージャンプに取り組み続け、

さらに次世代の選手育成まで手がけている船木選手。

美味しいアップルパイと共に

すっかりファンになりましたよ!

 

今でも、

あの時遠慮せず

やっぱり写真撮ってもらえば良かったな〜とちょっと後悔してます(´-ω-`)

また「よいち大好きフェスティバル」に行けば

船木選手に会えるかな?

なかなかタイミングが合わず

あれから行けてないので、

今年はぜひ行ってみようと思っています(o^^o)