「おしゃれの話し」カテゴリーアーカイブ

高校を卒業したばかりの娘が「ピアスを開けて髪を染める」と言い出したら親としてはどう対応したらいい?

ウチの娘は今春、高校を卒業しました。

卒業前から「卒業したら速攻でピアス開けて髪染めるから。」

と宣言されていたのですが…

親としては、「いやいや、どうしたもんだい…?」と内心戸惑っていました(・_・;

 

まず、私自身はピアスを開けていません。

理由は「耳たぶに穴を開けるのは痛くて怖いから」ということと、

「ピアスが髪の毛や枕にひっかかりそうで気になるから」というもので、

耳に飾りを付けたいならイヤリングで十分じゃないかと思う派なのです。

でも、娘はイヤリングは痛いし、落とすからイヤだと言います。

「ピアス開けるときの方がずっと痛いと思うよ?」

「イヤリングだってピアスだって、落ちる時は落ちるんだよ?」

「アレルギー体質だからピアスで金属アレルギー起こしたら困るよ?」

「耳たぶに穴開けちゃったら一生跡が残っちゃうよ?」

などという私の説得は全く聞き入れられることはなく…

自分で開ける、とピアッサーまで買ってきました。

「せめて病院で開けたら?」と聞くと、

病院は高いからもったいないと言うのです。

自分でネットで散々調べ尽くしていて

ピアスを開ける手順や後のケアまで詳しく説明してくれました。

まあ、今時ピアスが開いているからといって偏見のある時代ではないし、

今、反対してやめさせても大学進学で東京に行ったら勝手に開けそうだし…

それなら、まだ私の目の届くうちに開けさせた方がいいかな…、

と認めることにしました。

本当は辞めてほしいけど…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

そして、娘が高校を卒業してすぐのある日、

私が外出から帰って来ると

「ピアス開けたさ!」と娘が部屋から飛び出して来たのです!

「え!!∑(゚Д゚)大丈夫だった?!」と驚いて聞くと

「全然、痛くないし大丈夫だったよ。」とのこと。

「いや〜怖かったしょ〜。よく1人で開けたね〜。」と聞くと

「YouTubeで実際にピアス開けた人の実況見て

同じにやってみたから怖くなかったよ。

痛さも全く無いから、3個目も開けたいくらい!」と言うのです。

…いやいや

3個目はさすがにママも反対ですよ。

ピアスが両耳の耳たぶに1個づつ開いていることに関しては

今時、何も思いませんよ。

でも、3個目以降は…

見た瞬間に「超オシャレ系の人」か「ヤバイ方の人」か、

とにかくアレな人なのかなって感じに思ってしまうよ、ママは。

偏見だとか古いとか言われても、やっぱりそうじゃないかな…。

娘も数日考えていましたが

「やっぱり3個目はやめるね。」と言ってくれて本当に良かったです(ToT)

娘のピアスホールはその後も全く赤くなることも腫れることもなく

順調に出来上がりつつある様です。

 

髪の毛を染める件に関しては

私も若い頃、茶髪ブームに乗って染めたことがありますので

気持ちはよく分かります。

でも…「オシャレ」に見えるか「怖い人」に見えるかは

非常に難しいバランスで…

純和風顔で色白の私の場合は

完全に「怖い人」にしか見えなくなってしまったので

その後、染めたことはありません(^_^;)

 

娘の場合も…同じになる様な…?

でも、髪の毛はまた伸びるので、失敗しても取り返しがつきます。

娘は今流行りの「ダブルカラー」という技法で

「ミルクティーベージュ」とやらに染めることにした様でした。

まあ、要するに、黒髪の上に茶色を入れても色が綺麗に出ないので

1回全部ブリーチで金髪にして

そこに茶色を入れましょうと言うことです。

 

1回、全部金髪か…。

まあ…やってみたらいいんじゃない…。

その後の展開は大体想像つきましたが

娘は意気揚々と美容室で

綺麗な黒髪だったロングヘアを「ミルクティーベージュ」に染めて来ました。

その後の経過は…

染めた当日…黄色がかった濃い目の茶髪。

染めて3日目…かなり明るい茶髪。

染めてから1週間…ほとんど金髪。

 

予想はしていましたが、

思ったよりずっと早く色が抜けてしまい

これって…ちょっと…(・_・;

当の娘も引くレベルですよ…。

 

こうしてピアスにほぼ金髪と化した娘…

もう、どこからどう見てもアレな感じです(ーー;)

 

娘の友達の中には親から反対されて

ピアスも髪の毛を染めるのも諦めた子が何人かいます。

親として当然の判断でしょう。

ウチの娘だって私が強力に反対すれば諦めていたと思います。

でも…

私自身が学生時代、

親の時代錯誤の価値観の押し付けが本当に嫌でたまらなかったので

娘にはそうはしたくありませんでした。

また、何事も自分で経験して判断してもらう方が

その後の行動にも責任が生まれるとも思ったのです。

それに、娘も今はまだ学生ですから

ある程度の失敗は許されると思いますしね(´ω`)

 

案の定

娘は、もう「ダブルカラー」など髪のブリーチは二度としないと言っています。

染め直してもすぐ金髪化してしまう髪の手入れと

新しく生えてくる黒い髪の毛との境目のケアを考えると

これから何年も面倒〜な思いをすることに、やっと気付いたとのこと。

私もこの件に関しては予想がついたので、事前に散々説明したのですが

やっぱり自分で経験してみないと分からないものなんですねσ(^_^;)

 

ウチの場合も親として、

娘のピアスや毛染めに強固に反対したい気持ちはヤマヤマでしたが

今では、娘を信じて娘に判断させて良かったと思っています。

また、娘はピアスに茶髪になってから、

初対面の人にはすっかり「怖い人」か「ヤバイ人」扱いされるらしく

それもイヤみたいです(^-^;

これも私としては予想の範囲内でしたが

やはり経験してみないと分からないことで…

残念ながら、人は外見で判断されてしまうことが多いということにも

気付いてくれたと思います。

 

しかし

すっかりスウェット姿が板につく風貌になった娘…

やっぱり茶髪は「オシャレ」と「怖い人」とのバランスが難しいですね(^_^;)





アルカリ性のコールドパーマを20年以上かけ続けてきた結果、髪はこうなった。

私は20歳代前半から40歳代半ば過ぎの最近に至るまでの20年間以上、

ずっと髪に「コールドパーマ」という

アルカリ性のパーマをかけ続けてきました。

理由は「ドライヤーなどでセットするのが面倒だから」という怠惰なもので…(^^;)

とにかくパーマをかけておけば

朝も簡単に髪型が決まるので重宝していたのです。

 

いつも同じ美容室に行っていたわけではないので

その時々で値段も様々なパーマをかけておりましたが

なるべく安いタイプを選んで

4〜5ヶ月に1回という頻度でパーマをかけていました。

しかし、30歳代までは髪の傷みが気になったことは全くありません。

元々、髪や肌が丈夫な体質らしく

細い髪ながら枝毛ができたことも無く、パサつきとも無縁。

むしろ枝毛切りをすることに憧れていたくらいでした(^_^;)

 

そんな折、40歳を過ぎた頃に

シャンプー・カット込みでパーマが3,000円という

超良心的な価格の美容室が家の近所にオープンしたのです*\(^o^)/*

チェーン店ではない個人経営のお店で、

“「安い」理由は技術料のサービスです。

決してパーマ液の品質を落としているわけではありません”ということ。

「いや〜これはいいわ〜(≧∀≦)

この価格なら今までより頻繁にパーマかけれて良くなるしょ〜。」

と、パーマが取れやすい髪質の私は安易にかける頻度を上げ、

2〜3ヶ月に1回はかける様になったのです。

しかも、年齢的に

ロングヘアにできるのもあと少しかもしれないと思い

肩くらいの長さだった髪を肩下15㎝くらいまで伸ばし始め、

全体的に髪のボリュームが落ちてきたからといって

頭の上からきつめにパーマをかけることにしたのです。

ロングヘアになり、パーマをかける頻度を増やしてから1年くらい経った頃、

産まれて初めて自分の髪の毛に枝毛を発見しました。

しかも何本も!∑(゚Д゚)

さらに、毛先のパサつきも気になる様になってきたので

美容室の方に

「毎回パーマを頭のてっぺんからかけていますが

1本の髪の寿命が7年くらいと考えると、

長い髪の毛先に関しては何十回もパーマをかけることになりますよね?

そうすると、やっぱり傷んじゃうんじゃないですか…?」と聞くと

「う〜ん…大丈夫、大丈夫!

今はそんなに傷んでないし、大丈夫だよ。」との回答…(゚ω゚)

この美容師さん自体も背中の真ん中くらいまであるロングヘアで

長年、縮毛矯正とカラーを続けているとのこと。

「もしかして私の髪、傷んでるんじゃないかな〜」と不安に思っていたのですが

(もしかして、ではなく明らかに傷んでたんですが^^;)

この美容師さんも

パーマより髪に負担をかけると言われている縮毛矯正続けてるっていうし

何よりプロの言う「大丈夫、大丈夫」に勇気づけられ

その後も懲りずにパーマをかけ続けてしまいました。

それから更に1年…。

パーマをかける度に毛先を整えるくらいのカットはしていたものの

ロングヘアは更に伸び…。

ついに毛先が茶色に変色し、手触りもゴワッゴワになってしまいました(>_<)

しかも、枝毛どころか激しい切れ毛が発生!!

髪の毛をとかす度に毛先5㎜くらいの髪の毛が切れて

チラチラと服や洗面台に大量に落ちるのです((((;゚Д゚)))))))

あまりにもひどい切れ毛のことを先だっての美容師さんに相談すると

「いや〜…正直に言わせてもらうと、傷んだ毛先は切るしかないと思う。

もう色もかなり変わっちゃってるでしょ?

ここまでくるともうね…。

まあパーマをかけ続ければやっぱ傷んじゃいますよ。」

との回答Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

ええ、ええ。

私もずっとそう思ってましたよ。

理論的に考えても、1ヶ月に1㎝伸びる髪の毛が

肩下15㎝なるまで6〜7年かかりますよね。

ということは、毛先に関しては今の頻度でいくと

20〜30回パーマがかかるということになりますよね。

弱酸性の髪の毛にそれだけの回数アルカリ性のパーマをかけ続ければ

やっぱ傷んじゃいますよね〜(*⁰▿⁰*)

 

…ってアナタ

1年前に私が質問した時

「大丈夫、大丈夫」って言ったじゃないデスカ(´;ω;`)

しかも今回の「正直に言わせてもらうと」って…

なんで最初から正直に言ってくれなかったのデスカ?

私の髪が傷んでるのを伝えるのが気の毒で遠慮したのデスカ?

それとも本当のことを言っちゃうと

もうパーマかけなくなっちゃって

価格の安いカットしかしなくなると思ったからデスカ…?

 

…まあ、自分の髪の毛のことですから

自分が一番先に気付いて対処しなければならなかったとは思います。

でも、プロに「大丈夫」って言われたら…

現実には傷んでる髪の毛のことを直視せずに

その言葉にすがりついてしまう気持ち…

私の甘えと言われればそうなんですが

コレって…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

そしてついにロングヘアを肩上くらいまでカットするしかなく、

長年かけ続けてきたパーマを辞めることにしたのです。

今、パーマを辞めて約10ヶ月が経ちましたが

切れ毛は大分無くなったものの、まだ毛先はパサパサです。

そして、最近美容室に行くと、

なんと、あのロングヘアだった美容師さんが

ショートヘアになっていました!

「髪、切ったんですね(゚o゚;;」と驚いて聞くと

「長年の縮毛矯正で髪、傷んでひどかったんだよね〜。

ずっと我慢してたけどついに限界になって

切っちゃいました。テヘヽ(*´∀`)」みたいな…

 

そうなんだ…

プロだから知識もあってお手入れだって完璧だったはずなのに…

しかし、そのプロをもってしても

ロングヘアに何十回もアルカリ性のパーマをかければ傷むしかないという事実!!

当たり前と言えば当たり前なのですが…

あ〜あ…

せっかく伸ばした髪だったのに、お互いに残念でしたね〜(◞‸◟)

 

まあ、学生時代以来久しぶりに

素の髪の毛で暮らしてみるのも悪くありません。

若い頃みたいなツヤもハリも無く

微妙にうねって広がる髪にはなってしまってはいますが…。

でも、最近はクリクリのパーマより

ナチュラルなストレートヘアの人多いですよね。

とりあえず、パーマをかけたことのないすっぴんの髪だけになるまで

このまま頑張ってパーマ無し生活を続け、

数十年ぶりに地毛の様子を見てみようと思います。

若い頃はストレートのサラサラヘアでしたが

40歳代半ば過ぎの今、果たしてどうなっていることやら…?

子供の入学式や卒業式に出席する際の服装は?毎回悩むのが嫌で、いつも同じスーツとバッグで定番化させていた話し。

あさっては中3息子の卒業式です。

ここで悩むのが…

何を着て行けばいいのか?ということです(´・ω・`)

 

私は子供達が幼稚園に入園する際に、

入学式用に白と、卒業式用に黒のスーツを一着づつと

白いブラウス、ベージュの革のバッグを購入しました。

普段スーツは全くと言っていいほど着ないので

消耗させることもなく、

この2着で子供達の高校の卒業式までは行けるだろうと

当時は本気で考えていたのですが…(^-^;

 

入学式用に買った白いスーツは

娘の幼稚園入園、小学校入学、中学校入学、

息子の幼稚園入園、小学校入学と

計5回しか着ませんでしたが、年数的には9年も経過していました。

さすがに、襟元の汗染みが取れなくなり、

また、サイズ、デザインも若すぎて似合わなくなり

結局処分してしまいました…(-_-;)

一緒に購入した白いブラウスも

この頃にはすっかり黄ばんでしまっていたので同じく処分しました。

 

一方、卒業式用に買った黒いスーツは

娘の幼稚園卒園、小学校卒業、中学校卒業、高校入学、

息子の幼稚園卒園、小学校卒業、中学校入学と

白いスーツ亡き後は入学式にも活用され、こちらは計7回着ています。

購入から12年経った今でも黒いおかげで汚れが目立たなく、

またデザイン、サイズ共にまだ大丈夫なので

あさっての息子の中学校卒業式にもまだ着れそうではありますが…

でも…

 

さすがにヨレヨレ感が強くなり過ぎていたので、

今回新たにベージュのツイードのスーツを購入しました。

もう、あとは娘の高校の卒業式と息子の高校の卒業式くらいにしか着ませんが、

色の薄いスーツは寿命も短いのでいいのかなと割り切っています。

 

ただ、スーツは決まっていても、合わせる靴を選ぶのは毎回苦労します。

本当は春らしくパンプスで挑みたいのですが、

卒業式シーズンの北海道はまだ雪深く…。

結局、今回の息子の卒業式には

通勤時に履いているロングブーツで行くことにしました。

だって、雪と氷でツルツルボコボコの道を

20分も歩かなければいけないんですもの…。

これって、北海道あるあるですよね(^^;)

よくある卒業式のイメージとはかけ離れたヘビーな冬靴で登場…。

入学式の頃には雪解けも進んでパンプスも履けそうですが、

やっぱりこの時期は仕方がないです。

そして、スーツ一枚ではまだ寒すぎる北海道。

上にコートも着なくてはいけません。

これも毎回悩みますが

今回はウールのコートかコットンのトレンチコートか悩んだ末に

多少の寒さを我慢してもベージュのトレンチコートにしました!

今、私の持っているウールのコートのデザインがちょっとカジュアルなので

これも仕方なしです(>_<)

この時期は、暖かくて雪の無い本州の方が本当に羨ましいですね〜。

 

もう何度も出席している入学式や卒業式ですが、

今回は久々の新しいスーツなこともあり、

いつもより何をどう着ようかで悩んでしまいました。

やはり、「入学式にはコレ!」「卒業式にはコレ!」と

スーツとブラウス、バッグだけでも定番化してしまっていた方がずっと楽ですね。

 

今回のスーツも、残りあと数回の入学式や卒業式なので

ブラウス、バッグも一緒に定番化させてしまおうと思っています。

これで、入学式や卒業式の度にいちいち焦らなくてもいいので

楽チンで〜すヽ(*^ω^*)ノ

もっとおしゃれすればいいのに…と自分でも思わなくは無いですが…σ(^_^;)

ズボラな性格上、自分的にはこの方法がベストだと思っています(=゚ω゚)ノ

高1の娘のお化粧、どこまで認めますか?

高1の娘は最近すっかりお化粧づいています˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

娘が化粧を始めたのは高1の始めくらいで、

最初はリップを塗る程度だったのが、

今ではコッテコテにアイシャドウ、アイライン、つけまつげに

真っ赤な口紅、マニキュアとやり過ぎの感は否めません。

ちなみに髪は染めたりしていませんし、

決してギャル系でもヤンキー系でもない、いたって普通の高校生なので、

今の子はこのくらいの化粧が普通なのでしょうか(ーー;)

 

もちろん学校にはノーメイクで行っていますが、

休みの日の真っ赤な口紅とかマニキュアは

正直辞めてほしいです…(T_T)

でも、注意すれば隠れてするだけだろうと思うので、

娘にはあえて辞める様には言っていません。

そのままの方がかわいいのにもったいないよ、

くらいのライトさで遠回しに言う程度です。

学校のお母さんの中には、娘さんを洗面所に連れて行って

無理矢理化粧を落とさせたりしている方もいる様ですが…。

 

かくいう私も、小学校6年生の時に初めて色付きリップを買い、

高校3年生くらいからはマニキュアに凝りだして、

短大に入ってからはかなりコテコテにお化粧してました(・・;)

母には「みっともないから辞めなさい。」と言われ、

父には「化粧しない方がずっといいのにもったいない…。」と言われましたが、

母には反発心を抱き、

父には申し訳ない様な気持ちを抱いたことを覚えています。

それは、「私がみっともなく思う」から辞めろという、

自分本位な視点で私を否定して注意してくる母と、

私のノーメイクの良さを認めた上でやんわり注意してくれた父との、

私に対する理解の違いがあったと思います。

 

その後、どんなに化粧をして外見を飾ってみても、

人の顔には性格が出るので、

化粧より中身の成長の方が大事なんだと分かったのと、

単に化粧が面倒になったこともあって(^-^;

すっかりナチュラルメイクになりましたが、

顔立ちが私に似てしまった娘が、

自信が無くて色々やっている気持ちも分かるので、

自分で納得するまでやらせるしかないのかなとも思っています。

いずれ、かつての私がそうだった様に

自分で気が付いてナチュラルメイクになる日が来るはずですしね。

 

それにしても…

赤ちゃんだった娘があっという間に大きくなって、

いつのまにかお化粧までする様になって…。

その成長の早さについていくのが大変な時もありますが、

これも成長過程のひとつだと思うので、

頭ごなしに否定しないで寄り添って見守ってあげたいと思っています(*´-`)

 

高1の娘の洋服選びで思ったこと。私が中高生だった頃は年代で服装ってもっと違ってました。

今日は高校1年の娘の服を買いに、娘と一緒に街へ繰り出しました。

 

娘の服は、小学生の頃は

イトーヨーカドーの「Mc Sister(エムシーシスター) 」というブランドが

お気に入りでよく着ていたのですが、

中学生になると、急に子供っぽいから嫌だと着なくなり、

今は「Honeys(ハニーズ)」や「WEGO(ウィゴー)」などの

10代の女の子向けブランドの服を着ています。

娘は試着しないと、

似合う服と似合わない服がハッキリ分かれてしまうタイプで、

通販でサイズだけ見て買うことが難しいです。

なので、毎回私と一緒に買い物に行くのですが、

今は私の若い頃より洋服の値段、下がりましたね〜。

質もそんなに良いとは思いませんが、

オシャレをしたい年頃の女の子が

流行に合わせてシーズン毎に買い換えるのにはちょうどいいと思います(‘ω’)

 

私が子供の頃は、若者の服とおばさんの服、おばあさんの服って

もっとハッキリ分かれていました。

体型も、昔のおばさんはもっと太ってる方が多かったし、

紺色のスラックスに花柄ブラウスとか、くるくるパーマで、

何だかもっとおばさんっぽい格好してましたね。

おばあさんに至っては、ねずみ色かベージュ、白、黒のみ、

事務員みたいなズボンや長めのタイトスカートに、

肌色のタイツという様な地味さでした。

これって、年齢や立場で色や着こなしを変えていく

着物文化の影響だったのかもしれませんね。

 

今は、中年でもスリムな方が増えたので若者の服が着れますし、

UNIQLOなどの登場で、洋服選びに年齢の垣根が無くなったんですね。

なので、娘と同じ店で服を買うことも可能になったわけですが、

モチロン年齢的に似合う服ばかりではありませんので、

かなり吟味して私も地味目なカットソーを1枚買ってみました(#^.^#)

私と母では絶対にあり得なかったことなので、ちょっと楽しいですね。

 

私の母は、中学生や高校生だった私に、

親戚のやっていた洋品店で売れ残ったダッサダサの安いおばさん向けの服か、

逆に、デパートのミセス売り場の高級店で3〜4万円のスカートやワンピースなど

流行や年齢を無視した服しか買ってくれませんでした( ; ; )

 

しかも、ジーンズは作業着だから絶対に着てはいけないとか、

アクリルのセーターは質が悪いからウール100%しか着てはいけないとか、

そもそもオシャレなんてくだらないからしてはいけないとか、

若者の気持ちを完全に無視した掟を色々と作られていたので、

友達と出掛ける時には服でかなり苦労しました。

「何でいつもそんなに気取ったカッコしてんの?しかもダサいし…。」って…

そりゃ言われますわな…(~_~;)

洋品店の服などでは間違っても友達と会えないので、

仕方なくデパートで買ってもらった高級服で出掛けていたんですから…(T-T)

母は田舎の大家族出身なので、

服はいつも母か姉の手作りで、さらにお下がりという環境だったそうです。

流行に合わせて服を買い換えるなんて感覚は全く無く、

質の良い服をぼろぼろになるまで10年は着るというタイプです。

まあ、分からなくもありませんが…

それを現代(当時)の年頃の娘に強要するってどうよ…。

おかげで今でも青春時代の辛い思い出の1つになってしまっています…(;_;)

 

そんな経験もあって、私は娘の服は娘に選ばせています。

流行に合わせて色々欲しいだろうと思い、

質にはこだわらず、安い服をシーズン毎に買って

娘が選んだ物にも基本的に口出ししません。

オシャレも練習が必要だと思うので、

自分で選んで失敗したり、上手くいったり、

手持ち服と色々合わせたりしてるうちに、

自分の好みというものも分かってくることでしょう。

 

娘もいつまで私と一緒に買い物に行ってくれるのかな。

若者と長時間一緒に歩くのは疲労度が違って大変ですが…(^^;)

今日はとても楽しい時間でした(*´꒳`*)