「クリスマス」カテゴリーアーカイブ

クリスマスプレゼントって何歳まであげますか?

クリスマスプレゼントって何歳まであげるものなのでしょうね(´ω`)

ウチは年子なこともあって、娘が中学生になったのを機に

サンタはパパとママだったんだよ、とカミングアウトしました。

息子は小学6年生だったので少し早かったかもしれませんが、

最後の方、娘の希望のプレゼントは犬とかハワイ旅行とか

絶対分かって言ってんだろ( *`ω´)状態だったし、

息子は何も欲しい物が無い状態でしたから、仕方がなかったと思っています(。-_-。)

 

最近周りの人に、子供にクリスマスプレゼントをあげているか色々聞くと、

小学3年生くらいでも、もうサンタは両親だと知っててあげている人もいるし、

大学生でも、まだサンタが来てる人もいて様々です。

 

小学3年生くらいで両親がサンタだと知ってる子は、

今年流行りのゲーム機「ニンテンドースイッチ」を

両親と交渉の末、お年玉と合算したり、

兄弟共有で1台と約束したりと、あんまり夢が無いですね(^^;)

 

でも、3年生くらいだと半信半疑ながら、

まだサンタを信じてる子が多いみたいです。

ウチの子達もこの位の年頃には信じつつも疑いだして、

欲しいプレゼントはサンタなら言わなくても分かるはずだから

パパとママには教えないとか、

サンタが来るまで寝ないと言って夜中まで頑張って起きていたりとか、

なぜプレゼントがトイザらスの袋に入ってるんだとか、

どこかにプレゼントを隠してるはずだと押入れの中などを探したりとか、

色々こちらも困る様なことを言ったりやったりする様になりましたが、

やっぱりプレゼントが来ると大喜びして、まだ信じていたんだと思います(*^o^*)

 

兄弟が多かったり、歳が離れていたりすると、

下の子に合わせて上の子もサンタが来る時期が長くなる様です。

大学生でもサンタが来てるという話しにはかなり驚きましたが、

ご両親の愛情と、上の子の気遣いが素晴らしいなと感心しました(´-`)

ウチはもう面倒なのもあって早々に辞めてしまったけど、

まだやってて良かったのかな?と思ったりして…。

毎年毎年、面倒なのは事実ですが、

1回辞めちゃったら復活も出来ないものですもんね。

これは、クリスマスプレゼントに限らず、

子育て全般に言えることだなぁと感じました。

 

私自身は小学校4年生くらいには、もうサンタ来てなかったと思います。

私の両親が戦前生まれで、クリスマスのお祝いなど

あまり熱心じゃなかったことや、夜の飲食店の仕事に追われて

年末の忙しい時期にクリスマスどころじゃなかったからかもしれませんが…

子供心に、サンタを信じていたのにすごくガッカリしたのは覚えています( ; ; )

 

やっぱり、子供が信じてるうちは続けてあげて、

もう信じてないなという様なそぶりが見えてきたら、

それとなくカミングアウトするのがいいかもしれませんね( ˘ω˘ )

それでも、あえて続けるという選択肢も多いにアリですしね(#^.^#)

 

それぞれのお家で様々なクリスマス。

子供の頃の楽しい思い出が次の世代にも繋がっていくのは間違いないので、

大きくなっても簡単なパーティーだけは続けていきたいと思っています(*’ω’*)

 

 

自家製ニセ「キャラデコ」作りに挑戦した日から早13年。クリスマスケーキ、今だに毎年焼いてます(^^)

今宵はクリスマスイブですね(*´∀`)♪

ウチはもう、子供達も高1と中3なのでサンタは来ませんが、

一応クリスマスパーティーらしきことは毎年やっています。

クリスマスケーキは私が焼くのですが、

これが、かれこれ13年は続いておりまして…。

 

最初の始まりは、娘が3歳、息子が2歳のクリスマスでした。

当時娘がお気に入りで観ていたテレビに

女の子向けの「ふたりはプリキュア」というアニメがあったのですが、

クリスマスが近づいてくると、この番組の最中に

「キャラデコ」という、アニメや戦隊モノのキャラクターの乗った

クリスマスケーキのコマーシャルが流れるのです。

娘に「プリキュア」のおもちゃの乗った

「キャラデコ」が欲しいと何度も何度もせがまれて本当に困りました。

だって直径15センチのケーキで当時3,500円(今は4,000円くらい)もしていて、

結構お高い上に大人はあんまり食べたくない感じ…(^^;)

それに、まだ2歳の息子だって

当時観ていた「デカレンジャー」の「キャラデコ」が欲しいと言い出したら、

絶対2個なんて買えないし、1年交代で買う…?

いやいや…

この先何年もクリスマス時期には毎年間違いなくケンカになることは

目に見えています(¬_¬)

 

そこで、若かりし頃、趣味でケーキを焼いていたことを思い出して、

久しぶりに腕をふるってみようかと思い立ったのですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

さっそく、実家から古いケーキの型とハンドミキサーを譲ってもらい、

材料を揃えてケーキ作りにチャレンジ。

「キャラデコ」希望の娘と、何も言ってはいませんでしたが一応息子のために、

「プリキュア」と「デカレンジャー」のお弁当用バランを飾り付けた

ハーフ&ハーフの自家製ニセ「キャラデコ」の完成です\\\\٩( ‘ω’ )و ////

これを見た子供達の喜んだことといったらありませんでした(#^.^#)

おもちゃも乗っていないのに

とにかくキャラクターが付いているだけで嬉しいんですね。

ケーキは大きさ直径24センチあっても材料費は1,300円くらいでしたし、

味も素朴なホームメイドで大人も大満足(*´꒳`*)

子供達も美味しい美味しいと食べてくれて

以来、途中から「キャラデコ」から普通のクリスマスデコレーションに変えて

今も毎年作り続けることになったのです。

さらに、それぞれの誕生日、こどもの日、ひな祭りにまで波及し、

年間5回は焼く繁盛っぷりです。

子供達がデコレーションを手伝ってくれたことも数知れずですが、

今は飽きられて、また私1人になりました(。-_-。)

 

もう、大きくなった子供達ですが

相変わらず私の焼いたケーキを喜んで食べてくれるので嬉しい限りです。

たまにクリスマスには買ったケーキも食べたくなりますが…

お値段がホールケーキになるとかなり高いですもんね(・・;)

それで、毎年ついつい手作りしてしまっています(^-^;

 

子供達が進学で家を巣立つ日まで、あと2〜3年。

手作りケーキもあと何回焼けるかな…(´ω`)?

 

 

 

子供達が小さかった頃のクリスマスの思い出あれこれ。

もうすぐクリスマスですね( ^ω^ )

ウチは子供達も中3と高1ですので、もうサンタは来ませんが…

色々思い出すと懐かしいことがたくさんあります(o^^o)

 

娘が3歳、息子が2歳の頃のクリスマス。

2人に何が欲しいか聞くと

娘は、おもちゃ屋さんで見たおままごとセットでしたが、

息子は「ギョージャ」と一言…。

ギョージャって何?と思ってよく聞くと、「ママがこの間作ったの。」と…

なんと食べる餃子のことでした!

確かに美味しいと、たくさん食べてたっけ〜。

小さな子供らしい答えですよね(*´꒳`*)

結局、息子には餃子というわけにもいかず、

勝手に選んだ戦隊モノのおもちゃをプレゼントしたのですが

「ギョージャじゃない…」とガッカリされました(^_^;)

 

娘が5歳、息子が4歳頃のクリスマスには

娘は手芸か粘土のおもちゃ希望で、

息子はおもちゃ屋さんに連れて行っても、

ウルトラマンの700円のビニール人形1つのみ…。

娘との価格差、大きさの差を考えて、

夫が独自にハイパーホッケーのゲームをプラスしたら

「頼んでないのにきたね。あれパパ達の?」」と、

またあまり喜ばれませんでした(^◇^;)

子供と大人の価値観の違いですね。

 

しかし、子供達も大きくなってくると、

だんだん単純なおもちゃは欲しがらなくなり

DSを買ったりして、年々出費がかさむ様になりました(T-T)

 

娘が12歳、息子が11歳の時のクリスマスには

夫がKindleのタブレット端末をそれぞれにプレゼントとして選び、

自宅に宅配してもらうと子供達に気付かれるので、

母の家に送ってもらうことにしました。

しかし、そのことを母に伝え忘れてしまっていて(・・;)

いきなり届いた宅配の荷物を

母が、夫が自分あてに何か送ってくれたんだと思って開けてしまったのです!

 

母から震える声で

「あんた、荷物、あれ子供達へのクリスマスのだったんでしょ。

てっきり私に何か送ってくれたんだと思って開けちゃってさ…

何とか元どおりに戻してみたけど、やっぱり1回開けたって分かるわ…。」

と電話がきてビックリ!!

「ごめんー!!言い忘れてたー!元どおりに戻すの大変だったでしょー。」

と平謝りでした(>_<)

幸い子供達は全然気付かなかった様でホッとしましたが、

Kindleの分厚い紙の箱をボンドで無理矢理貼り付けた跡を見た時、

すでにパーキンソン病の症状で手の動きが鈍くなっていた母が

どれだけ困って必死になって直したことか…

本当に悪いことをしたな〜と反省しました(*_*)

 

娘が中学生になったのを機に、「実はサンタはパパとママだったんだよ。」と

カミングアウトしたら、

2人共「知ってたけど。」との答えでした(⌒-⌒; )

小学校高学年頃には分かっていたそうですが、

それを言っちゃうとプレゼントがもらえなくなると思って

サンタを信じているフリをしていたそうです。

 

今はもう、隠れてプレゼントを用意したり、

サンタが来るまでと言って、なかなか寝ようとしない子供達が寝るのを待って

夜中にこっそりと枕元にプレゼントを置く苦労も無くなりましたが、

終わってしまうと寂しいものですね(´ー`)

 

今は、弟の子供達がまだ小さいので

クリスマスプレゼントを用意する苦労話しなどを聞いて楽しんでいます(^^)