「メルカリの話し」カテゴリーアーカイブ

メルカリに出品している自作水彩画を思い切って値上げした結果。

私はメルカリで自作の水彩画を出品しています↓

メルカリで自作絵画は売れるのか?水彩画の原画を出品してみた話し。

初出品から約8ヶ月が経ち

大変ありがたいことに、売れた総数は35枚ほどになりました。

 

最初は、ハガキサイズ額付きで1枚1,500円で出品していたのですが

多い時は月に8枚ほど売れてくれる状態となり、

描くスピードが追いつかなくなったため

途中から止むを得ず

新作から一律100円値上げさせて頂きました。

予想はしていましたが、

値上げしてすぐの1ヶ月間は全く売れなくなり、

中には「前は1,500円でしたよね?」という質問も頂いてしまいました(・・;)

 

しかし、ハガキサイズとは言え

1枚描くのに物によっては大体5時間くらいかかり、

更に額装や撮影、出品ページ作成、郵送のための梱包時間まで入れると

トータルで1枚仕上げるのに6時間くらいはかかってしまいます。

平日は仕事に行っているので、

夜や休日の空いた時間に描くとなると

月に4枚から5枚仕上げるのが精一杯で

とても薄利多売はできないのです。

 

その後1,600円という価格でもポツポツ売れ始め

しばらくやらせて頂いていたのですが、

大変ありがたいことに

また多い時は月に8枚くらい売れてくれる様になりました。

 

私は、絵の大きさが同じ場合は

全て一律価格にしていたのですが、

実際は描く物によって労力や時間が大幅に違いました。

やはり、労力や時間のかかった絵は、

出品すると早ければ数十秒、遅くても1週間で売れてしまいます。

時には、すぐに売れてしまったのと同じ絵を描いて欲しいと

ご注文まで頂くくらいでしたので

これは、絵の大きさに関わらず

価格を見直す時期が来たのかなと判断しました。

 

前回は一律100円値上げさせてもらって、

一気に全く売れなくなったので怖くはあったのですが…

今回は値上げというより、

今後、絵によって価格を変えるということと、

すでに出品中の絵に関しては価格据え置きということにしました。

 

しかし、そうは言っても

前とほとんど同じ構図の絵をいきなり何百円も値上げするというのは

さすがに躊躇してしまいますので…

ちょっと系統の違う絵を描いて600円くらい値上げしてみました。

結果は…

見事に無反応でしたが(^^;)

これも、以前の値上げ時に経験済みですので、

メンタルを強く持って

この価格帯の絵を出品し続けて、

お客様に浸透するまで待つしかないと思っています。

 

そんな折に、

以前1,600円で出品していた絵と同じ絵を

描いて欲しいという依頼がありました。

それは人気の絵で、出品すればすぐに売れてしまうもので…

しかも描くのにかなりの労力を要する絵で…

その絵こそ、今後は値上げしていく予定の絵でした…。

 

どうしよう…

1,600円だから欲しいと言ってくれているであろうお客様…。

いきなり値上げされたら気分を害するんじゃないかな…?

でも、ここでまた1,600円で売ってしまうと

せっかく価格変更の告知をした意味が無いし…。

 

悩んだ末に思い切ってお客様に

今後は値上げする予定だった旨と、

今回はその予定額よりは少しお安くしますが

いきなりの値上げで申し訳ございません…とお伝えしました。

これでキャンセルなら仕方ない…と腹も括って…。

 

お客様のお返事は

「描いてもらえるということがありがたいので、

そのお値段でぜひ!」というものでした。

(;ω;)♡♡♡

とてもありがたい瞬間でした。

いきなりの数百円の値上げにも関わらず

快く承諾して下さって、

更に「描いてもらえるということがありがたい」

とまでおっしゃって下さって…。

1,600円だから欲しいと思ってくれてたんじゃなくて

私の絵を本当に気に入ってくれてたんだ!

この一件は、

今後の自分の方針にも自信を持つことができた

本当にありがたい出来事でした。

 

メルカリでハンドメイド作品を出品してるけど

赤字が続いていて値上げしようか悩んでいるという話しを

聞くことがあります。

その場合は、かかった材料費や労力を時給換算して

価格をつければ良いというアドバイスも見かけます。

私もその通りだと思います。

ただ…労力を本気で時給換算してしまうと

ハガキサイズの絵でも6,000円くらいの価格を付けなければ

時給900円も出ないことになりますので、

実際には難しいですね(^_^;

今の私の価格なら、時給にすると200円くらいでしょうか…(^^;

これで副業にするなんてことは夢のまた夢ですが

こんな素人の絵でも買って下さる方がいて、

更に自分のおこづかい分まで出ていますので

御の字と言えます╰(*´︶`*)╯

 

量産の難しいハンドメイドの自作水彩画。

価格を付けるときにどうしても遠慮してしまい

安い価格にしてしまうのですが、

自分の労力を考えて納得できる価格を付けなければ

長く描き続けていくのは難しいと思います。

価格を上げるとお客様からの反応は怖いですが、

乗り越えた時にはより大きな自信が生まれます。

それが、次はもっと良い作品を作ろうという意欲につながるので

非常に良いスパイラルが生まれてくると思います。

 

思い切って値上げさせてもらった結果は

1回目は100円だったこともあり、

1ヶ月程で売れ行きは戻り、大きな影響はありませんでした。

 

2回目は…まだまだ様子見ですが

出品当初は全く無反応だった絵に

1週間くらい経ってから「いいね」がつき始めているので

もしかしたらそろそろ売れてくれるかもしれません。

旧価格よりも新価格の作品をたくさん増やすことで

新しい価格が通常価格になると思うので

長期戦で頑張るしかないと思っています。

 

それでもいずれは、値上げさせて頂いた分、

前より枚数が売れなくても

売り上げはそんなに落ちないと思いますので、

ずっと大変な気持ちで制作に追われるよりも

心に余裕を持って作品作りに励める環境を用意することの方が

大切なんじゃないかなと思った次第です(*´ω`*)





メルカリで自作絵画は売れるのか?水彩画の原画を出品してみた話し。

私は水彩画教室に通って今年で9年になります。

 

※水彩画教室に通い出したきっかけはコチラからお読み下さい↓

習い事の続かない私が唯一続けている「水彩画」。そのきっかけと要因とは?

 

ペン画、淡彩、ウェットインウェットなど

様々な技法を一通り習い、

教室では年に一回展覧会を開いてきました。

でも、教室の先生の方針で

販売や、他の展覧会や公募展への出品いうことは一切行わず

特に目標もなく、ただ淡々と描くというスタイル。

教室内では評価し合えても

客観的な評価というのが全く無いので

だんだんモチベーションが下がってきていました。

 

インプットしたものをアウトプットしたい…

自分の絵に対する客観的な評価を知りたい…

少しでも売れてくれたら絵の材料を買う費用にもなる…

そう思い、今から6年くらい前にも

インターネット上の絵画販売サイトに

出品したことが何回かありましたが

全く鳴かず飛ばず…(´-ω-`)

公募展ではいくつか入選させてはもらったものの

まだまだ精進が足りなかったかと

その後は教室通いに専念していました。

 

当時出品したサイトは

価格を自分で決められなかったり、

販売手数料が売値の半分近かったりと、

よっぽど高額な絵を売らなければ

送料で赤字になってしまう様なものでした。

しかし、数年前から

メルカリがどんどん急成長してきて、

中古品の販売だけではなく

ハンドメイド作品の販売もできる、

手数料も売値の10%、

売値も自分で設定できて、出品も簡単という話し。

娘が不用品の販売を少しやっていて、結構売れるとか…。

色々情報を集めているうちに

「メルカリなら売れるかも。ちょっと出してみようかな。」

という気になったのです。

 

メルカリは、自分で梱包しなければならないという

大きなハードルがあります。

送料も相手持ちでは売れづらいとのことなので

自分持ち。

梱包資材費と送料、手数料を引いても黒字になる金額というと

販売価格は結構高くなってしまいます。

特に送料が大きなものになると一気に高くなるので、

梱包も簡単で送料も安いハガキサイズの小さな絵だけに限定して

出品することにしました。

 

さて…

肝心の絵は何を描こうかな…?

教室で習うのは風景画や静物画が主で、

過去に販売サイトに出品した絵は動物モチーフのイラストが主でした。

しかし、自分で家に絵を飾った経験上、

行ったこともない場所の風景画や

動物の絵というのは意外と飾りにくく、

飾りやすいのは

花や果物、風景でも空や山など自然の景色でしたので

まずはそれに特化することにしました。

そして、せっかく飾るなら

風水的に意味のある絵の方がより飾りたいと思ったので

風水で縁起が良いとされている果物や花、

また、私が時折見る、龍の形をした雲を描くことにしました。

 

その時に、バリバリの「ザ・風水」的な絵は

家族や来客の手前、飾りにくいことが多いと思うので

あくまでさりげなく飾れる風水画というのをコンセプトにしました。

初めて出品した絵は

パワースポットに出かけた際に偶然見た龍の形の雲でした。

販売価格はハガキサイズ額縁付で2,700円。

しかし、この価格では「いいね」がついても売れませんでした。

2,200円に値下げしても売れず、その後2,000円に…。

「いいね」がつくということは絵としての魅力はあるけど

まだ価格が高いのかな…?

でも、あんまり値下げすると

1枚描くのに5時間くらいかかることを考えるとなぁ…。

 

そんなことを思っていた出品して1週間後のこと。

コメントで、「1,500円なら買います。」という方が現れたのです!

この価格が私の絵に対する評価なんだ!

客観的な評価を得られたことが嬉しくて

さっそくその価格でご購入頂きました。

初めて梱包し、初めて郵便局から発送。

緊張しましたが意外と簡単で安心しました。

また、この絵が届いた後に頂いた評価とお言葉に大変感動し

自分の技術で喜んでくれる方がいるということに

大きな意義を感じました。

そして、程なく同じ方が別の絵をオーダーまでして下さり

そちらはもっと高く買って頂けるという嬉しい事態に!

本当に本当にありがたいことでした(T ^ T)

 

その後もまた別の方から絵のオーダーを頂くこと数回。

他の絵も出品して2週間以内くらいでどんどん売れてくれる様になり、

制作が間に合わないという嬉しい悲鳴まであげる様になり、

途中から少し値上げさせてもらうことにしました…。

 

値上げさせて頂いた結果のお話はコチラからお読み下さい↓

メルカリに出品している自作水彩画を思い切って値上げした結果。

 

それでも出品してから半年ちょっとですが、大変ありがたいことに

毎月コンスタントに5枚くらいは買って頂いておりますm(_ _)m

メルカリで自作の絵画を販売されている方は結構いらっしゃって、

コンスタントに売れている方は

やはりコンスタントに出品も続けていらっしゃいます。

私は飽きっぽい上に極端な性格で物事を長続きさせられないのですが…

 

※飽きっぽく極端な性格について書いてマス…↓

2年振りのブログ再開!極端な性格の私が突然更新を投げ出してしまったワケと、再開を決意した理由。

 

私の描く絵で喜んで下さる方々がいらっしゃることを励みに

これからも出品を続けていこうと思っています(*´ω`*)