「困ったこと」カテゴリーアーカイブ

思わぬシチュエーションで車のセキュリティアラームが作動!どうしてなのか?私の場合はカギの解除方法でした。

先日、初めて我が家の車のセキュリティアラームを作動させてしまい

非常に焦りました!

 

娘と2人、路駐した車内で

車外の夫の用事が終わるのを待っていた時。

前に停めてあった車がいなくなったので

路駐していた場所を前に移動しようと、

助手席にいた私は運転席に移るのに内側から助手席のドアを開けました。

その途端!

「ビーッビーッビーッビーッ」と

大きなクラクションの音が鳴り響いたのです∑(゚Д゚)

「え?!なになに?」

最初、自分の車からの音なのかもはっきり分からず、

焦って外側から運転席のドアを開けようとしましたが

カギがかかっていて開きません。

車内にいる娘に運転席のドアを内側から開けてもらっても

大きなクラクション音は一向に鳴り止まず…:(;゙゚’ω゚’):

 

場所は札幌駅の交差点付近…。

札幌市内でも最も人通りが多いであろう路上で

「ビーッビーッビーッビーッ」と鳴り止まない

けたたましいクラクション音…。

盛んに行き交う人々の視線が突き刺さります(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

焦りに焦って、運転席に乗り込み

恐々エンジンをかけてみると

やっとクラクション音は鳴り止みました(;´Д`A

 

なんでこんなことに…?

娘に聞くと、以前にもあったとのこと。

私と夫が車内に子供達を留守番させてスーパーに寄った時、

車のカギを外側からロックしました。

その後で、やっぱりスーパーに行こうと思った子供達が

内側からロックを解除してドアを開けた時、

大きなクラクション音が鳴り響いたと言うのです!

子供達は車はそのままにしてスーパーに入り(~_~;)

私達と買い物を終えて駐車場に戻った時には

クラクション音は鳴り止んでいたと…。

そんなことがあったとは全然知りませんでしたが(゚o゚;;

原因は今回も同じ、

外側からロックされた車を内側から開けたことにより、

セキュリティアラームが作動したのです。

 

いやいや、知らなんだ(>_<)

セキュリティアラームがついていることは知っていましたが

どんなシチュエーションで作動するかまでは認識していませんでした。

ネットで調べてみると

1「ドアまたはトランクをキー、キーレスエントリー

あるいはスマートキーを使わずに開けようとしたとき。」

2「トランクやボンネットをこじ開けようとしたとき。」

3「エンジンスイッチをⅡにしたとき。」

と、書いてありましたが今回の場合は1に該当するのでしょうか?

いや、まず“キーレスエントリー”って何…?

“スマートキー”っていつも使ってるカギのこと…?

 

この程度の知識しかなく、日々車に乗っていたわけですがσ(^_^;)

まず“キーレスエントリー”とは

車のキーを鍵穴に差し込まなくても

ドアロック、解除が出来る機能のことだそうです。

では“スマートキー”って?

キーを使用しなくても、ドアのロックや解除、エンジン起動が出来る

カギのこと…。

“キーレスエントリー”がドアのロックと解除に限定されているのに対して

“スマートキー”はエンジンの起動も出来る機能のことだそうです。

なるほど、要するにいつも便利に使っている車のカギのことなんですが(^^;)

これを使わないでドアを開けようと…

はいはい!しました、しましたヽ(´o`;

内側からカギを使わずに手動で開けました!

そういうことか〜( ̄O ̄;)

 

いや〜…

でも、だって…

分かるっしょ?

もう4年もあなたに乗ってる私がドアを開けただけなんだよ?

と、車に聞きたいところですが…

そこまでの知能などあるはずもない車さん(^-^;

妙に寂しい気分になってしまいました(´ω`)

 

今後は十分に気をつけて、

外側からロックされた車から出るときは

車内からでもスマートキーで解除してから出る様にします〜(>人<;)

 

 

預けられた孫達の面倒を見切れず放置するおばあちゃん…。こういう問題は今後増えていくのではないでしょうか。

昨日、おじいちゃんおばあちゃんによる孫放置について

少し書いたのですが

https://nonjanru.site/2018/01/12/マンション上階住人の孫放置と騒音問題!〜解決/

今日ももう一つ…。

 

昨年の夏のことです。

実家に遊びに行くと、見たことの無い小さな女の子ばかりが4人、

子供だけで実家のリビングの前の車道で走り回って遊んでいました。

おそらく5歳、4歳、3歳、2歳くらいの子達と思われ、

一番下の子はまだオムツをはいています。

全員、バサバサの茶髪で、

腰のあたりまで伸びた長い髪を縛ってもいません。

服もサイズが合わないのか、

肩からずり落ちたキャミソールやワンピースでみんな薄汚れた感じです。

5歳くらいのお姉ちゃんが車道で乗り回す自転車を

小さな妹達が追いかけ回している様子は、

時々通る車の邪魔にもなっており、非常に危険に思いました。

驚いて母に聞いてみると、数日前から見かける様になった子達で

向かいの駐車場に車を停めている人が親らしいとのこと。

毎朝、母親が車で4人を連れて来て、

まずはどこかに連れて行ってるので預けている様子。

そして、昨日その4人を連れている60歳くらいの女の人を見たから、

あれがおばあちゃんじゃないかとのことでした。

 

その子達は、実家の隣の古い分譲マンションから出入りしていました。

分譲マンションの駐車場でも子供達だけで同じ様に走り回り、

辺り一丁角の車道と近くの公園で遊んでいる様です。

日によっては、分譲マンションのベランダから大騒ぎする声が聞こえているので、

やはり、あのマンションに住むおばあちゃんの家に預けている様です。

 

その数日後の夕方に実家に行くと、ついに向かいの駐車場に母親が現れました。

30代くらいの地味な女性で、子供4人を駐車場に置いたまま

一生懸命、車の掃除をしています。

その間も、子供達は車道に飛び出したり、

駐車場に入ってくる車の邪魔になっているのにチラリとも目もくれず、

黙々と30分くらい車の中の掃除を続け、

終わると全員を車に乗せて去って行きました。

いやいやいや…これってどうよ…?

上の子だってまだ5歳くらいで、下の子はまだオムツの2歳くらいなんですよ?

あれだけ車が何回も子供達のそばを通ってるのに、

事故に遭うとか全然心配じゃないのかな〜(・・;)

車が避けてくれるからいいやって思ってるのかな…?

 

その後、おばあちゃんが4人を連れている姿も見かけましたが、

もう全然面倒を見切れず、疲れた顔でただ4人を放置しているだけ…。

そりゃそうでしょう。

私も2人の年子の面倒を見てたから分かりますが、

子供の相手は母親であっても、毎日は重労働です。

それがあの歳で、あの幼い子達を4人なんて、最初から無理な話しです。

でも、預かっておいて面倒を見切れないからって、

車がそれなりに通る車道に自転車まで与えて

毎日朝から夕方まで幼児4人放置って…。

ウチの上階のおじいちゃんなら、まだ家の中で騒がせていただけ

マシと言えます…(-_-;)

 

その後、寒い季節に入ると子供達が外で遊ぶ姿は

ほとんど見かけなくなったので良かったのですが、

こういうのって、こちらの敷地に入って来てるわけではないので

注意するわけにもいかないし…。

でも、実家のリビングの前の車道で遊び回る幼児達を、

車が慎重に避けながら通っていく様子をしょっちゅう目にしてしまうと、

「ちゃんと面倒見てよ〜!」とも言いたくなります。

子供達を本気で守るべき立場の親が知らん顔では、

誰もあの子達の安全を本気で考える人なんていないのです。

親にもおばあちゃんにも構ってもらえず、

5歳くらいのお姉ちゃんを頼りに姉妹だけで遊ぶしかない子供達が

とても不憫に思えました(。-_-。)

 

母親が働かなければ生活が成り立たない。

保育園に預ければお金がかかる。

だから、ただで面倒を見てくれるおじいちゃんおばあちゃんに

孫の世話を頼む。

これは、とってもとってもよく分かる話しなのですが、

預けられる方の負担は相当です。

“孫がかわいい”なんて、たまに会うから言えるセリフであって、

あそこまで毎日長時間預けられたら、

もう面倒を見切れなくて放置してしまうのも仕方ないでしょう。

 

この問題は、今の高齢者優遇の制度が続く世の中では

ますます増えていくことでしょう。

親は子育てをしなければいけないのに、経済的にそれが許されない。

逆に、年金をもらっている祖父母は時間的にも経済的にも余裕があるので

孫を預かって面倒を見る。

でも、体力的には厳しく、自分の子供と違って注意やしつけもしずらい。

祖父母達は親同士の様な子育てコミュニティも無く、

孤独な環境の中での子守りに疲れ、

結局、孫を持て余して放置してしまう…。

 

一番の被害者は子供です。

子育て世代が、もう少し仕事を減らしても安心して暮らせる様に

こども手当てを増額するとか、保育料を下げられる様に

国で保育園にもっと補助を出すとか、

もう、高齢者の医療費、年金にばかりお金を使うのは

辞めてほしいです。

それどころか、医療費、年金が足りないからと言って、

さらに現役世代に増税して賄ってる状態は

国の未来を潰しているのと同じことです。

今はまだ大きな問題にはなっていませんが、

祖父母による孫の虐待やネグレクトが問題になる日は

遅からずやってくるでしょう。

親に怒られてもおじいちゃんおばあちゃんが助けてくれる、という

子供にとって逃げ場になってくれるはずの立場の人が、

親と一緒に孫の世話に追われてしまっては、

子供にとっても息の詰まる環境でしかないのではないでしょうか。

こうやって子供を育てにくい日本の環境では、

少子化が進むのも仕方ないのかもしれませんね…。

 

最近は全く見かけなくなったあの姉妹達は今頃どうしているのでしょうか。

時々思い出しては

誰かにちゃんと面倒を見てもらえているのか、

他人事ながら気になっています…(>_>)

 

マンション上階住人の孫放置と騒音問題!〜解決までの道のり〜

私達夫婦は結婚して2年目に今の分譲マンションの3階に住み始め、

今年で17年目になります。

当時、防音性の高いフローリングを使っているのがウリだったこともあって

住み始めてから上の階の足音や物音もほとんど聞こえたことが無く、

非常に快適な日々を送っていたのですが…

昨年の春、上の階の方が引っ越され、新たな入居者の方が入って来てから

上階の激しい物音に悩まされることとなったのです…(~_~;)

 

上の階の方が引っ越されてすぐの週末、

突然上階からドタバタと激しく人が走り回る物音と

小さな子供達がキャーキャー騒ぐ声が聞こえて来たのです。

しかし、この物音は1時間ほどでおさまり、その後数週間は

何事も無かった様な日々が続きました。

あの日は不動産屋さんが内覧の人を連れて来て、

たまたま来てた子供が騒いだだけだろうと気軽に考えていたのですが…。

 

それから数日後、マンションの掲示板に上階への引っ越し案内が貼り出され、

新しい入居者が入って来ました。

引っ越しの日の夜には、60代半ばと思われるご夫婦が

まだ2歳と4歳だという男の子のお孫さん2人を連れて

お菓子を持ってご挨拶に来てくれました。

「孫が時々遊びに来るので、お騒がせするかもしれませんが

よろしくお願いします。」とおっしゃったので、

「いえいえ、ウチにも子供がおりますので大丈夫ですよ。」と、

その時は後からやって来る地獄の日々など想像もできず(ー ー;)

快くお返事しました。

 

しかし…

この次の日の朝の8時過ぎから、さっそく

ドッタンバッタン、キャーキャーキャーキャーの日々が始まったのですʕ⁎̯͡⁎ʔ༄

 

毎朝、8時過ぎに娘さんと思われる女性が車で

2人の小さな男の子を預けに来て、夜は9時半過ぎに迎えに来ます。

私は仕事で昼間は家にいませんが、仕事に行く前と帰って来てから、

母親が迎えに来るまで休むことなくドタバタ走り回り続ける足音と

キャーキャー騒ぐ声が聞こえてきます。

これって「時々孫が遊びに来る」レベルじゃ全然ないだろう…。

 

週末には子供達を泊めている様で、土日の朝は7時過ぎから

ドタバタの大騒ぎ…(-_-;)

最初は、ウチだって子供達が小さかった頃は下の階の方にも

随分ご迷惑をおかけしていたんだし、

集合住宅に住むということは、こういうことも

ある程度は許容しなければならないんだ、

もしかしてあの娘さんはシングルマザーで

ダブルワークとかで大変なのかもしれないんだ、

と思い我慢していたのですが…。

連日連夜、あまりにも騒ぎ続ける子供達の様子に疑問を感じる様になりました。

 

ウチにも年子の子供達がいて、小さな頃は家の中で走り回ったり、

大声で騒いでいたことはありました。

でも、下の階の方の迷惑になると思ったので、

騒ぎ続けさせることはありませんでした。

いくら小さな子供でも、話しかけたりお話しを読んであげたり

大人が相手をすれば、2人だけで騒ぎ続けたりはしないものです。

それなのに、あれだけ一日中騒ぎ続けているということは、

孫を預かっていながらまるきり放置しているのではないか?

と思う様になったのです。

いくら娘さんご夫婦が仕事などで忙しいとしても、

朝から晩まで、さらに週末は泊まりで、

あんな小さな子供達を預けっ放しでは、

おじいちゃんおばあちゃんが面倒を見切れなくなっても不思議ではありません。

これはこのまま我慢していても、

ウチも普通の暮らしが激しく脅かされている状態ですし、

上階の方々にとってもいいことはありません。

 

こうして上階の激しい物音に悩まされ始めて2ヶ月くらい立った頃、

意を決して、マンションの管理人さんに相談しました。

管理人さんからすぐに管理組合に連絡をしてもらって、

まずはマンションの掲示板と、各階のエレベーター横に

「子供の走り回る様な物音による騒音へ苦情が出ています。」

といった内容の貼り紙をしてもらいました。

しかし、こんな貼り紙程度では全く効果が無く、

相変わらず大騒ぎの毎日です( *`ω´)

上階のご夫婦に至っては、初日に挨拶に来た後は、

廊下などで会ってこちらから挨拶してもほぼ無視です。

せめて「いつも騒がしくしてすみません。」くらい言ってくれれば、

ここまで怒りも湧かずに済んだと思いますが、

そんな気はサラサラ無さそうな態度に怒りも増幅されます。

 

管理人さん情報で、上階のおばあちゃんは毎日朝から車で仕事に出かけており、

おじいちゃんが1人で2歳と4歳の孫を預かっていることが分かりました。

昼も、おじいちゃんが2人を連れて毎日お弁当屋さんに

お弁当を買いに行っていて、暗い表情でかなり疲れた様子だとか…。

てっきりシングルマザーかと思っていた娘さんは

ご主人もいらっしゃるそうで、ますますどうしてあそこまで

親に子供達を預けっ放しにしているのか疑問が募ります。

しかし…やっぱりね…。

おじいちゃん1人で毎日小さな孫2人の面倒なんて見れるはずもなく、

ただ、家を2人の孫に体育館状態で開放して好きに暴れて走り回らせて、

自分は相手なんてしていなかったんだ。

娘さんはこのこと知ってるのかな…?

何でもいいから預かってもらえればそれでいいの…?

 

数日後、管理組合の理事長さんから上階の部屋で

床の防音工事をすると申請があったので少し様子をみてもらえないかと

頼まれました。

少しは気にしていたのか…?

まあ、あまり効果は無いだろうと思いつつ工事を終えましたが、

案の定、ドッタンバッタン聞こえて来ます。

むしろ、工事で上階の子供達がいなかった日は、

工事の音でも静かに感じたくらい久々にホッとした1日になったくらいです。

 

上階の騒音に悩まされて早3ヶ月が経とうとしていましたが、

相変わらずの日々で、管理組合もこれ以上になると

直接注意をするしかなく、来週早々にでも伺います、と

おっしゃって下さっていたある日、

朝から晩まで一日中大きな足音とキャーキャー声が聞こえていて、

いい加減キレた夫が

「もう来週まで待てない!

毎日毎日、小さな子供達を朝から晩まで

年老いた父親に預けっ放しにしてる方がどうかしてるんだ!

今からポストに手紙入れてやる!」

と言って、苦情の手紙を直接上階の部屋のポストに入れたのです。

 

すると…

次の日から一切物音はしなくなり、

時々孫が遊びに来ている物音が聞こえても、

あんなに一日中ずーっと暴れて走り回る様なこともなく、

通常の範囲での足音しかしなくなりました。

最初からこうやって普通にしていてくれれば

お互いにこんなに嫌な思いをしなくても良かったのに…。

でも、思い切って直接手紙を入れて良かった(>_<)

もう、こんな平穏な日は上階の孫が大きくなるまで

あと数年は訪れないのかと不安でしたが、

夫のおかげで前の様に静かな暮らしを取り戻せました(TT)

 

今でも上階のご夫婦は全く挨拶はしませんが、

たまに楽しそうに自転車で出かけている上階のおじいちゃんを見ると、

私達が苦情を言ったおかげで孫を預かるのを辞められて、

かえって良かったんじゃないかと思います。

たまに預けられる孫も、前とは違っておじいちゃんに怒られるのか

嫌がって母親にすがって泣いている時があり、それでこそ正常だと思うのです。

どんな事情があるのかは分かりませんが、

預けやすいからといって長時間幼い子供を預けっ放しにしてしまうより、

泣く子を置いて行かなければならない辛さを味わって、

なるべく子供のために時間を作る努力をするのが

本当の親の務めなのではないでしょうか…。

この一件で、ウチの下の階のご夫婦には

改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ウチの子供達が幼かった頃は毎日かなり騒がしかったはずですが、

いつもお会いするとニコニコ子供達にも声をかけて下さって

一度も嫌な顔をされませんでした。

マンションでも、こうして今まで子供達を伸び伸び育てて来られたのは

下の階のご夫婦のおかげだと思っています。

 

私も下の階の方には、お会いする度に

「いつも騒がしくてすみません。」と毎度謝っていました。

子供は注意したって騒いでしまうものなので、

あとは親の態度が問題になると思ったからです。

親の態度が悪ければ、子供も憎まれてしまいます。

本当は子供が悪いわけではないのに、それでは子供が

かわいそうですよね…。

 

最近は子供を自分の親に預けて当たり前という人を見かけますが、

預けられた先で結構放置されてしまっている子も見かけます(・・;)

日に日に活発になる孫を、

どんどん年老いていくおじいちゃんやおばあちゃんでは面倒が見切れず…

でも子供夫婦に今さら預かれないとは言えず…。

今までは親による虐待やネグレクト問題が取り上げられていましたが、

これからはおじいちゃんおばあちゃんによる、

孫への虐待やネグレクトが問題になってくるんじゃないかな…?

という気がしています…(*_*)

 

なにはともあれ、ウチの上階の騒音騒ぎは一件落着して

本当に良かったです。

マンションは、他の住人を選べないので

心無い住人や全く気遣いの出来ない住人が引っ越して来たら、

本当に大変な目にあってしまいます。

今回のことはとても良い勉強になりました。

 

自分も知らないうちに他人様に迷惑をかけていないか、

改めて気を付けていこうと思った次第です(´-`).。oO

 

 

新年明けても年賀状を印刷する日々。いっそのこと個人でも「虚礼廃止」したいけど…。

「1月8日以降の年賀状ハガキには10円切手を貼り足して投函して下さい。」

こんな文面の案内ハガキが、郵便局から年明け2回ポストに配られていました。

 

あ〜…確か去年6月にハガキの郵送代って62円に値上げされたんだっけ…。

普段ハガキを出す機会が全く無いので、すっかり忘れていました。

年賀状だけは郵送代据え置きって、こんなことやらなくて良かったんじゃないの?

と、思ってしまいましたが(-_-;)

 

だって、ただでさえ年賀状の時期は

郵便局の人員不足で作業が大変だという話しはよく聞きますし、

むしろ年賀状は倍の郵送代かけるとかでいいくらいですよ。

そうしたら、年賀状辞めたって人いっぱい出てくると思うし(^^;;

その方が年賀状書きにプレッシャーを感じてる人にとっては

辞める口実が出来てありがたいんじゃないかな…。

まあ、日本郵便はそれを恐れて郵送代据え置きしたんでしょうけど。

 

年賀状、今年もたくさんいただきました。

見ればやっぱり楽しいものですが、

それこそ普段からしょっちゅう顔を合わせている人には

年賀状って全然いりませんよね(・・;)

年末にも会ったし、年明けにもすぐ会うし…。

でも、こういう間柄の人に、もう年賀状出さないわって言えないのもまた事実…。

 

「年賀状って毎年面倒だよね〜。」なんて軽くジャブを打って

「え…そんな風に思ってたんだ…。

自分は年賀状出さないで変に思われるくらいなら、

52円のことだから出すけど…。」と言われたら、

「年賀状出さないことを変だと思う人には、

やっぱり出しとかなきゃヤバそうだな(^-^;」と思ったり…。

価値観は様々なので、年賀状は辞めるにも難しい慣習です。

 

私は母が大家族出身のため、母方父方両方の

叔父、叔母、いとこだけで35家族くらいいます。

夫の親戚も含めると、親戚だけで50家族以上になります。

なので毎年、双方の叔父、叔母には全員年賀状を出していましたが、

いとこ達まではさすがに全員出していませんでした…。

しかし、昨年は年老いた叔父や叔母と同居を始めたいとこが何人かいて、

今まで年賀状を出していなかったいとこにも出さざるを得ない状況になりました。

減らしたいのに増える…。

少子高齢化の世の中で親戚がこんなに多いのは本当は大変幸せな話しなのですが、

年賀状に関してだけは…

枚数が多すぎて大変です…(。-_-。)

 

最近は、企業では「虚礼廃止」と言って

年賀状を出すことを辞めるところが増えている様です。

確かに、会社に来た年賀状を見てもノーコメントの虚礼のものばかりですし(^-^;

年賀状が来たからどうだとか、来なかったからもう仕事を頼まないとか、

絶対にあり得ない話しですので、辞めてもらった方がこちらもありがたいです。

 

しかし、個人間で「あなたには今まで”虚礼“だったんで、

もう年賀状出しません。」って言えませんよね〜(ーー;)

もう、相手が“自然減”してくれるまで待つしかない状態…。

その前に自分が“自然減”するかもしれないけど…(⌒-⌒; )

 

年明けになっても毎日ポロポロ発生する年賀状の追加印刷に

やっぱり年賀状は面倒だと、改めて思ったのでした_φ( ̄ー ̄ )

 

年賀状作りは毎年大変!メールやラインで済ませたいけど、そうもいかずに今年もせっせと作り始めました。

今日はやっと年賀状の製作に取り掛かり始めました(>_<)

ウチは自宅のパソコンで家族写真を入れて作っているのですが

これが結婚してからというもの

毎年毎年、家族分全部作るのが私の仕事なので面倒でたまりません。

最初は枚数も少なかったのですが、どんどん増えて今や80枚くらい作っています。

 

かつてはお金をかけるのが嫌で、頑張ってエクセルで作っていたのですが

今は毎年、本屋さんで400円くらいの年賀状ソフトを購入しています。

ウチは、親戚・友人バージョンの他に

夫の仕事先バージョン、子供達の友人バージョン、私の友人バージョンと

最低5パターンの年賀状を作るので、色々な種類の年賀状を

選んで印刷するだけでいい年賀状ソフトはとても重宝しています。

 

しかし、写真を入れる年賀状だけは

写真選びから始まって、レイアウトや微妙な調節などで

デザインを作るだけで3時間くらいかかってしまいます。

また、バージョンによって差出人を個人名や会社名、

子供の名前など幾パターン、間違わずに設定しなければなりません。

 

それを、自宅のプリンターで印刷するのがまた…

裏表を間違える、縦横を間違える、上下を間違える、

ハガキがくっついてしまって印刷がずれる、インクがかすれる、

インク切れを起こす、プリンターが詰まる………

などなど、幾多の難関を乗り越えてやっと印刷し終わり、

それぞれの年賀状にコメントを書く_φ( ̄ー ̄ )

 

も〜、年賀状を家でプリントするの辞めたい…(TT)

11月からプレッシャーを感じるのはコリゴリだ!と

毎年、写真入りの分だけでも印刷屋さんに頼みたいと思いチラシを見るのですが、

値段が高い、写真が1枚しか入れられない、早くに頼まなければならない、

ウダウダしてるうちに割引期間が終わってる…などで一向に踏み切れません(ー ー;)

 

今年もとりあえず何とか宛名印刷まで終えました(つД`)ノ

ここまで来たらあと半分…だといいのですが、

ここからが!

宛名と絵柄のバージョン間違い、写真印刷のスジやかすれ、

子供の絵柄がなかなか決まらない等で、まだまだ終わらないパターンでしょう…。

 

子供の頃から結婚するまでは年賀状出すの楽しかったな〜(*^^*)

当時はプリントゴッコなる、家庭用印刷機が世には普及しておりましたが

私の家では買ってもらえず、1回も使ったことがありません。

ゆえに、全部手書きしてましたが、それはそれで結構好きでした。

しかし、主婦となった今は、年賀状は義務化されてしまい

全く楽しくない。゚(゚´ω`゚)゚。

 

でも、頂いた年賀状をみるのは大好きで、

写真入りの年賀状は子供さんの成長などが分かって面白いですよね!

なので、ウチももう子供達が大きいというのに

まだ写真入りの年賀状を作っています(^_^;)

年賀状文化って、完全に無くなってしまうと寂しいけど

この先ずっと続くのも辛い…。

ハガキ代もかかるし、メールやラインで済ませられたら本当に楽なのにな〜。

私の若い頃にも一度、年賀状をメールで送るっていうのが

流行りかけたこともあったけど、結局普及しなかったのは何でかな…。

 

さて、あともう少し年賀状作業残ってるから頑張らなきゃ(。-_-。)

 

高齢者ドライバーの運転免許返納は難しい?高齢者の運転免許更新に新たに視野検査導入。

来年度から、70歳以上の高齢者ドライバーが運転免許を更新する際の

高齢者講習で、新たに視野検査を試験導入することが決まったそうですが、

高齢者の健康状態は個人差が大きい上に自覚が無い場合も多いので、

ぜひ正式導入してほしいものです。

 

高齢者の運転と言えば…

今から10年以上前に亡くなった、

夫の祖父が85歳以上でも運転を続けておりました。

耳が非常に遠くてほとんど聞こえていなかったのですが、

耳の聞こえは運転に支障がないのか

当時は高齢者講習も無かったので免許の更新は出来ていた様です。

 

しかし、最後の免許更新の際に

運転免許試験場の駐車場に車を忘れて自分だけで帰って来て、

それに気付いた家族が急いで車を取りに行ったものの

カギもかけ忘れていて、すでに盗まれて車の姿は無かったそうです。

盗難届を出して数日で、乗り捨てられていた車は無事発見されましたが、

ここまで激しい物忘れをしている状態で運転は危ないと、

家族が祖父に免許返納を促しましたが…

祖父はガンとして聞き入れず、運転を続ける毎日でした。

 

家族は、祖父が車で出かけてしまうと帰って来るまで気が気でなく、

帰って来た後は車を念入りにチェック。

あまりにも物忘れが激しかったのと、耳がほとんど聞こえていなかったので、

事故を起こしても気付かないか忘れてしまっているかもしれないと

車にキズが付いていないかを見ていたのです。

 

しかし、こんな状態で運転を続けて人様を事故にあわせては大変だと

幾度もの説得→ケンカを繰り返していたのを諦めて、

祖父の気付かない間に勝手に廃車にしてしまったのです。

その後、車が無いことに気付いた祖父と大分揉めた様ですが、

懸命な判断だったと思います。

 

この当時から、運転免許更新に定年が無いのが不思議でしたが、

確かに個人差も大きい上に、車が無いと暮らせない職業や地域に住んでいる方も

いることを考えると、非常に難しい問題ですね(・・;)

しかし、夫の祖父の様に、物忘れが激しいが故に

自己判断が全く出来ず運転を辞めようとしない高齢者ドライバーは、

家族にとっても本当に悩みの存在です。

こうして、高齢者講習で強制的に運転免許更新をさせない仕組みは

とても大切なことだと思います。

 

最近、私の周りでは70歳を機に運転免許を返納をした方が何人かいます。

みなさんギリギリまで迷っての返納でしたが、

返納後は、もう運転しなくてもいいんだと、ホッとしたという意見ばかりです。

札幌市在住で、交通の便が良い場所に住んでいる方は

その後の暮らしにも特に影響が無いようです。

 

逆に、札幌市内でも交通の便が悪い場所に住んでいる方や、

アウトドアやガーデニングを趣味としている方は

70歳をとっくに過ぎても運転を続けている方が多い様です。

やはり、荷物を積む必要があるからなのでしょうね。

 

私自身も運転をしますが、

本当に早く自動運転が普及してほしいと望んでやみません。

このまま自分で運転するシステムのままなら、

70歳になったら喜んで運転免許を返納するでしょう。

私の実家には車が無かったので

車の無い生活に慣れているということもありますし、

車は自分の意思で制御出来ているうちは便利でも

故障や道路状況で一旦制御不能に陥ってしまうと凶器と化す怖い物だ、

という気持ちがいつもあるからです。

 

運転を続けるということは、高齢者ドライバーに限りませんが、

配偶者や子供、子供の配偶者、孫など、自分の大切な人達に

迷惑をかける危険があるということを認識しておかなければならないと思います。

 

私も、最近は雪道運転はなるべく避けていますが

早く自動運転になってくれたら、みんな幸せなのにな〜と

いつも思っています(´-`).。oO

 

 

もらい過ぎ!殻つきギンナン恐怖症

札幌は今年は雪が遅くて助かっています。

そんな札幌で今、何と言っても最盛期なのがギンナンの収穫です。

札幌市では公園や街路樹にイチョウの木をたくさん植えています。

イチョウは秋になると黄色く色付いて美しいのですが

葉っぱと、臭くて触るとカブレるギンナンの実が大量に落ちて

踏まれた実でアスファルトの道路がぐちゃぐちゃになります。

落ち葉の清掃を考えると街路樹として到底相応しいとは思えませんが…(・・;)

市の意向なんで仕方ないですね(^^;)

このギンナンの実を大量に拾いまくる市民が大勢いることを私が知ったのは昨年のことでした。

職場の方で、夫婦でギンナン拾いに精を出している方がいて

コロコロカートであちこちの公園に出向き、一斗缶にいくつ分も拾ったと言うのです。

縄張り争いがあるので早朝に公園に出向き

自作した棒でイチョウの木を揺すって実を落とし、せっせと拾うらしいのです。

実は食べられないので、中の種だけにするのにまず実を水に浸けるらしいのですが

この実が強烈に臭く、カブレるのです:(;゙゚’ω゚’):

家の中でなんてとてもとても出来ない作業ですが、職場の方はやっているそうです。

 

そして…拾い過ぎて食べきれないと

実をとって乾かした状態の種を職場の全員に配って回られました。

非常にありがたいお話でした、初回は。

この種をフライパンで炒って殻をトンカチで割り

薄皮を剥がしてやっと食べられるギンナンになります。

この作業がハンパでなく疲れて大変なのですが

このギンナンは本当に美味しくて、もういくらでも食べられて大感激でした、初回は。

 

しかし、2回目、3回目となると…

しかも最後は水に浸ける前の実の状態で配られ…

いや、もう拾わなければいいんでないかい…?(~_~;)

 

ギンナン料理のレパートリーは意外と少なく

焼いて塩を振る、炊き込みご飯に入れる…のみ。

茶碗蒸しは作らないし、くださった本人はカレーにも入れてるらしいですが

そこまでして食べなきゃなんないもんなのかい…?

 

私は魚釣りが好きなので、ついついたくさんとってしまう心理はよ〜く分かります。

でも、人様にあげる時はすぐに食べられる状態にしてあげないと確実に嫌われます。

山菜採りでもよくある話です。

 

ギンナンも、すぐ食べられる状態ならいくらいただいても大歓迎ですが

「拾う」「釣る」「採る」という一番楽しい部分だけ味わって

あとの処理は人にお任せはいけません。

 

昨年に引き続き、すでに今年も2回殻つきギンナンを大量にいただきました。

職場の方全員に、高齢の単身者にも容赦はしません。

恐怖のギンナン…(^_^;)

昨日、公園で夫婦でせっせとギンナン拾いに精を出す方々を何組も見かけましたが

昨日の大量のギンナン処理の後遺症の残る、腕、指、爪、腰の痛みを感じるにつけ

あんたら、自分らで食べきれよ…と思わずにいられませんでした(⌒-⌒; )

 

でもギンナンは美味しいです。

これには感謝してます。

いただいておいて文句を言ってはいけません。

分かってはいますが、ちょっと言わせて欲しかった〜(^◇^;)というお話でした。


↑こんな便利グッズもあるんだね〜(°▽°)