「道内日帰り観光とか遊び」カテゴリーアーカイブ

北海道余市町でスキージャンプの船木和喜選手に会った話し。

平昌オリンピックで連日盛り上がっていますね!

 

オリンピックと言えば…

1998年開催の長野オリンピックで

スキージャンプ個人ラージヒルと団体ラージヒルで金メダル、

個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得した

日本を代表するスキージャンプの選手

船木和喜選手に

2〜3年前、北海道余市町のお祭りでお会いしたことがあります!

 

余市町では毎年9月に

「よいち大好きフェスティバル」という

秋の収穫祭の様なお祭りが開催されております。

この日、たまたま家族で余市に遊びに行っていてフェスティバルを知り

ちょっと寄ってみることにしました。

 

魚や果物、ワインなど

様々な余市産の特産品が並び

大勢のお客さんで賑わっている中、

遠くから「船木だよ〜。スキージャンプの船木のアップルパイだよ〜。」という

弱々しい男性の声が聞こえて来ました。

「あ〜ジャンプの船木は余市町出身だったか…。」と思ったものの、

男性の自信無さげな声の様子から

単に「船木プロデュースのアップルパイ」を売っているだけだろうと

最初はそのブースには近付きませんでした。

しかし、その後に

「船木がいるよ〜。本物の船木がアップルパイを売ってるよ〜。」

と続ける声が聞こえたのです!

「え!本人がいるの?

でも、その割に人影はまばらじゃない…?」

と半信半疑で声のしたブースに近付くと…

いました!

本物の船木選手がいました!

アップルパイを並べたショーケースの影に

ちょっと照れくさそうに立っています!

美しい眉毛も健在!

テレビで観ていた通りの精悍なお顔つき!

さっそく、写真を撮ったり

握手したりサインもらったりしたいな〜と思いましたが、

なぜか周りの人々は船木選手に無反応…。

確かに船木選手は外から見えずらい所にはいましたが、

男性がさっきから

「船木だよ〜。」と弱々しいながらも連呼しているのに、なぜ?

今日はスキージャンパーとして来ているのではなく、

「アップルパイ売りの船木」として来ているから

騒ぐ様な対象として見られてない?

それとも、ここが船木選手の出身地だから

当たり前の光景として珍しくもない存在なのか?

理由は全然分かりませんでしたが、

なんとなく「船木選手だ〜!!」と騒いではいけない雰囲気だったので

ぎこちなくアップルパイを一つ購入するに留めておきました。

 

「船木のアップルパイ」は

酸味の効いた余市産のリンゴと

バターの香り豊かなサクッとしたパイ生地がマッチしていて

素朴で本当に美味しかったです!

ちなみに、このアップルパイは

長野オリンピックの金メダルと同じ重さだったらしいのですが、

その時は知らずにいきなり食べてしまって

もったいなかったな…(⌒-⌒; )

 

船木選手は、今も自分も現役選手として活動しながら

この収益金を少年少女のスキージャンパー育成に充てているそうです。

江別市に手作りでジャンプ台を作ったり、

恵庭市の専門学校にスキー部を作ったり、

指導者としても活躍中だそうで、

本当にすごい方ですね。

こういう情報も、船木選手にお会いした後に調べて初めて知ったことで、

マスコミは、あえて取り上げたりしないですもんね。

でも、自分の足で地道にアップルパイを売っていることで、

私の様に、改めて「長野オリンピック金メダリスト」として以外の

船木選手のことを知る人もいることを考えると

船木選手の活動は必ず、

次世代のジャンパー育成に生かされていくことでしょう。

 

長野オリンピックの際には、

私もテレビにかじりついて

最後のスキージャンプ団体戦を観ていました。

当時29歳だった原田雅彦選手が「フナキ〜(´Д` )」と

7歳も年下の船木選手にすがる様な呼びかけ方をしていたのが印象的で、

船木選手は若かった当時から頼れる方であったのでしょうね。

 

あれから20年。

若くして金メダリスト・銀メダリストとなったのに、

それに溺れることなく

自身も黙々とスキージャンプに取り組み続け、

さらに次世代の選手育成まで手がけている船木選手。

美味しいアップルパイと共に

すっかりファンになりましたよ!

 

今でも、

あの時遠慮せず

やっぱり写真撮ってもらえば良かったな〜とちょっと後悔してます(´-ω-`)

また「よいち大好きフェスティバル」に行けば

船木選手に会えるかな?

なかなかタイミングが合わず

あれから行けてないので、

今年はぜひ行ってみようと思っています(o^^o)

 

明日から「第69回さっぽろ雪まつり つどーむ会場」開幕!

いよいよ「第69回さっぽろ雪まつり」の

「 つどーむ会場」が明日から開幕します!

テレビでよく見る大雪像のある

いわゆる「雪まつり」の「大通り会場」は2月5日からと

今は会場によって開催日を変えているんですね。

 

「大通り会場」の他に

2005年までは「真駒内会場」、

2006年から2008年までは「さとらんど会場」、

2009年から今の「つどーむ会場」と

1950年から68年目を迎える「さっぽろ雪まつり」は

会場を変えつつも今に続いています。

 

今から30〜40年くらい前の私が子供の頃は

「真駒内会場」に毎年連れて行ってもらっていました。

「大通り会場」には雪の滑り台が無かったので

子供にはつまらなくて…(ー ー;)

「真駒内会場」には大きな滑り台があったので

自衛隊員の方に滑らせてもらうのが楽しみでした。

 

ウチの娘が1歳5ヶ月の時に開催された「さっぽろ雪まつり」が

最後の「真駒内会場」開催でした。

まだ、その後に

「さとらんど会場」や「つどーむ会場」が出来るかも分かっておらず

巨大な雪の滑り台を子供達に滑らせてあげられないのか〜と

とても残念に思ったものです(´・_・`)

まだ生後2カ月の息子を母に預け、

夫と、娘を連れて最後の「真駒内会場」に出向いて

娘に滑り台を滑らせたのを覚えています(´-`).。oO

そしてその後、一度も「さとらんど会場」にも

「つどーむ会場」にも行っていません…。

どちらの会場も「真駒内会場」と違って

地下鉄からバスに乗り継いで行かなければならなく、

不便だったのです(~_~;)

車でも行けるらしいのですが、激しい渋滞が予想されて

幼子2人を連れて行くのは断念しました…。

 

「大通り会場」はウチからも近いので

子供達を連れて何度か行きましたが、

雪像を見るだけはすぐに飽きるし、

ステージを観ようにもとにかく混んでて大変でした。

また、ズボンの上にさらにナイロンのシャカシャカパンツでも履いていないと、

ジーンズ一丁ではすごく寒くて、長時間会場にいられませんでした。

でも、いつもテレビで観ていたキャラクターが

ステージに登場した時は

嬉しかったですね〜(*゚∀゚*)

札幌市内の小学校では

学年によって学校で「さっぽろ雪まつり 大通り会場」に連れて行ってくれます。

平日なら多少は空いているので

大雪像のスケッチをしたりするらしいのですが、

学校で行ってくれるのはすごくありがたかったです(*’ω’*)

 

実は…子供が小さいご家庭以外だと

地元民は「雪まつり」ってあんまり行かないです(・・;)

世界的に有名なお祭りだというのはよく言われることですが、

雪が珍しくもないからでしょうか…。

逆に、“市民雪像”という

抽選で「大通り会場」に雪像を作れる権利を求めて

学生や飲食店の方々が毎年応募している様なのですが

地元民として、ただ観るだけじゃなく

参加する方にまわりたい!という気持ちは分かる気がしますね。

 

すでに街には観光客の方々がたくさん来ています。

雪まつりシーズンは、飛行機もホテルも混んでて高い様ですが、

雪国に住む人が南国に憧れるのと一緒で、

雪の降らない国や地方に住んでいる方は

一度は観てみたいものなのかもしれませんね。

 

ウチは子供達ももう中学生と高校生なので

やっぱり今年も「雪まつり」は行かないかな〜(^-^;

 

1月3日お正月休み最終日に「おたる水族館」と小樽運河観光に行って来ました!

昨日は、お正月休み最終日だったので、

高1の娘と中3の息子を連れて「おたる水族館」と小樽観光に行って来ました(o^^o)

 

札幌から小樽へは、中央バスの高速バスで、

「おたる水族館」入館料、札幌⇄小樽往復高速バス料金、

小樽駅⇄「おたる水族館」往復バス料金がセットで

大人2,000円(冬季料金)中学生1,500円(冬季料金)と

かなりお安い券があるため、ぜひこれで行こうと決めていました。

 

しかし…

朝9時前に札幌駅に着いて、バスターミナルで券を買おうとしたところ、

なんと中央バスの券売り場の営業時間が9時45分からで、

閉まっていて買えません!!

バスは朝6時代から出ているのに、そりゃ無いですよねー(*_*)

 

慌ててJRの「みどりの窓口」に行って聞いてみると、

「こちらはJRなので、バスのことは分かりません。」と、

まあ当然のお返事…(>人<;)

仕方なくバスより高いけど、JRの「おたる水族館」セット券を購入し、

JRで行くことにしました…。

ちなみに、JRの「おたる水族館」セット券はバス券と同じ内容で、

大人2,540円(冬季料金)、中学生2,040円(冬季料金)。

全員でバスより1,120円も高かったけど…

9時45分まで待てないから仕方ないですね(ーー;)

まあ、バスなら札幌から小樽まで約1時間ちょっとかかるから、

30分で行けるJRで時間節約したと思おう、と気を取り直し、

滅多に乗らないJR乗り場へ向かいました。

 

ところが…

滅多に乗らないものだから勝手がよく分からず、

快速では無く鈍行に乗ってしまい、

結局小樽まで45分くらいかかってしまいました(TT)

しかも、バスなら絶対座れるのに、JRは激混みでずっと立ちっ放し…。

も〜ホント、バスで行きたかった!!

 

やっとの思いで小樽駅に到着し、

そこから「おたる水族館」行きのバスに乗りました。

小樽駅から「おたる水族館」まで約25分。

これは早目に並んで座れたので良かったですが、

やっぱり満席で立っている人もいました。

10年くらい前にこのバスに乗った時はガラガラだったのに、

すっかり外国人観光客が増えましたね〜。

 

「おたる水族館」には朝10時半頃に着きました。

そんなに混んでいなくてスイスイ見れて、

特にウチの息子は動物や魚が大好きなので、楽しめた様で良かったです。

こんなに大きな子供達と水族館って…と思いましたが、

大人が見ても十分楽しかったです(*^ω^*)

 

お昼ご飯は、水族館の中に1つしかないレストラン「三幸」が混まないうちに

11時30分頃から食べ始めました。

海が一面に見渡せる特等席をゲットすると、お店の人もまだヒマだった様で、

「双眼鏡であそこの海の岩の上を見てごらん。野生のトドがいるんだよ。」と

教えてくれました。

双眼鏡を覗くと、確かに岩の上に4匹くらいの茶色いトドがいます!!

「エサは水族館であげてるんですか?」と聞くと

「いや、自分達で取って食べてるよ。

毎年冬には来るね。今年は少ないけど。」とのこと。

これはすごいもの見れたな〜と感激しました!!

野生のトドなんて、どこか外国でも行かないと見れないと思っていたけど、

こんな北海道の近海に普通にいるんだ!!

ずっと北海道に住んでて「おたる水族館」にも

子供の頃から何十回来たか分からない私も、今まで全然知らなかったので、

子供達にもいい体験をさせられて嬉しかったです(*´ω`*)

 

「おたる水族館」は冬季営業中は、外の海獣エリアが閉鎖されているので

1時間半くらいで全部見終わりました。

そこで、またバスに乗って小樽駅に戻り、今度は小樽観光です!

小樽と言えば、やっぱり小樽運河近辺の観光がしたいと思っていたのですが、

水族館から直接小樽運河行きのバスがあったことをあとで知って…

わざわざ小樽駅まで戻ったおかげで

運河まで寒空の下10分くらい歩いて行く羽目になってしまいました(⌒-⌒; )

もう…私ガイドに全然向いてないな…(ToT)

 

今年は暖かいとは言え気温はマイナス2度と寒いので、ずっと外は辛い:(;゙゚’ω゚’):

そこで色んなお店に入りながら移動することにしました。

一番多いのが「大正硝子館」で、もう何店あるの〜?状態です。

色とりどりのキレイなガラスは見るだけでも楽しくて、

特に娘はブレスレットに興味深々でした。

 

その後「北一硝子」の「北一ヴェネツィア美術館」という所に行ったら、

全てイタリア直輸入というヴェネチアンガラスの置物やアクセサリーがズラリ!!

これが圧巻で、デザインも色づかいも、もう素晴らしいの一言です!!

思わず3,000円のネックレスを購入してしまいましたが(#^.^#)

息子はここでかなり退屈してしまって…(^^;;

最後に、夫と母へのお土産に

「かま栄」の揚げたてかまぼこと「ルタオ」の生チョコを買って

帰ることにしました。

 

札幌への帰りこそはちゃんと快速のJRに乗って、

30分で札幌まで着けました〜✌︎(‘ω’)✌︎

やっとJRの”バスより早い“という醍醐味を味わえて良かったです(`_´)ゞ

 

夏の小樽は海が魅力で、もちろん素晴らしいですが

冬の小樽もいいものですね。

石造りの古い建物が多くて、札幌とは全然違う風情があります。

古い建物で全体の暖房設備がついていないからか、

どこも大きなストーブをいくつか店内に置いていて、

それが近年の札幌では見られない光景で懐かしかったです。

 

小樽には、もっと観光出来る博物館や資料館もたくさんあるのですが、

今回は時間も無かったし、今まであまり行ったことの無かった小樽運河近辺の

買い物スポットにのみ行ってみました。

息子は後半退屈してしまいましたが、娘は大喜びでした!

私も、子供の頃の札幌の暮らしを思い出す様な懐かしさに触れて、

また、大きくなった子供達と珍しく3人で一緒に過ごせて、

とてもとても楽しかったです╰(*´︶`*)╯♡

 

意外と空いてる元旦スキーのススメ。「札幌国際スキー場」に行って来ました!

昨日は元旦から、夫のご両親とウチの一家4人の6人で

「札幌国際スキー場」に初滑りに行って来ました。

 

毎年お正月休みには家族でスキーに行くのですが、

元旦は夫の実家で新年のお祝いがあるので、今までは1月2日に行っていました。

でも、1月2日のスキー場はどこも毎年激混みで、

道路、駐車場、リフト券売り場、リフト、レストラン、

みんな並んで、それはもう大変〜(>_<)

そこで、今年は思い切って元旦から繰り出してみたのです。

 

元旦の「札幌国際スキー場」はあいにく風が強く、

一部のリフトは停止、ゴンドラも低速運転しておりましたが、

思った通りスキー場自体は空いており、リフト券売り場もレストランもガラガラ。

バーンもあまり人が滑っていないので良好で、とても滑りやすかったです(*´∇`*)

 

私は今シーズン初めてのスキーでしたが、

気温が高くて0度くらいだったので、寒いどころか暑くて汗だく!

お正月のスキーだと、例年気温はマイナス10度を下回るくらい冷えるので

途中から寒くて辛くなるのですが、

おかげで今年は最後まで快適に滑れました(*^ω^*)

 

でも…

札幌は今年、異例の早さで11月から根雪になったのですが

全般的に気温が高く、札幌市内は元旦から雨が降りました。

お正月に雨なんて…

市民生活は除雪の心配が無いので過ごしやすいですが、

札幌市内の「札幌藻岩山スキー場」や「フッズスノーエリアスキー場」は

2週間遅れくらいでやっとオープンしたものの全コースはオープン出来ず、

開いているゲレンデにも石や草が出ている状態だそうです(・・;)

12月中旬に予定されていた各種スキースクールも

中止を余儀なくされてしまったそうなので、

スクールに申し込んでいた方もスキー場関係者の方々も大変でしたね( ̄O ̄;)

今は、何とかスキースクールはやっているそうですが

こんなことはめったに無いことなので、今シーズンは異常気象ですよ…(ーー;)

 

昨日の「札幌国際スキー場」は2メートルの積雪だそうで、

無事に全コース滑走可能でした。

雪質は本当に良くて、

ちょっとでもガリガリバーンやモコモコバーンだと

急に超低速滑走になってしまう私でも(⌒-⌒; )

とってもスイスイ滑れました✌︎(‘ω’)✌︎

人も少ないのでぶつかる心配も無く、大回りでターン出来て滑りやすかったです。

 

「札幌国際スキー場」はレストランも良心的な値段で、

880円のハンバーガーセットや1,080円のハヤシライス、1,280円のピザなど

庶民にも注文可能な内容です。

最近の道内スキー場が軒並み富裕層の外国人スキーヤー向けに、

3,500円のハンバーガーセットや5,500円のいくら丼など∑(゚Д゚)

信じられない値段設定になってきていることを考えると、

「札幌国際スキー場」は道内スキーヤー向けでありがたいですね(^^)

 

子供達も中学生からはリフト代も高くなるので、

小学生だった頃の様に年に何回もは連れて行けないですが、

年に1回くらいは家族でスキーに行ければ嬉しいですね。

「札幌国際スキー場」は中高生2,200円でまだ安い方なので、

娘には激しく嫌がられますが(^^;;

また来年も元旦に繰り出そうかな♪( ´θ`)

 

毎年シーズン初めは、

冬休み明けに始まる小学校のスキー学習向けに練習する方が多く、

どこのスキー場もとても混んでいることが多いので、

元旦のスキー場は空いてて超おススメですよ〜٩( ‘ω’ )و