「アルコール依存症、アルコール、酒、アル中、飲酒、依存症、禁酒、アダルトチルドレン、機能不全家族」タグアーカイブ

アルコール依存症一歩手前だった私が、ある日急に一滴もお酒を飲みたくなくなった話し。

私の両親は共にお酒を飲む人達で、

特に父親はアルコール依存症だったので毎日大量に飲酒していました。

アルコール依存症だった父の最期に、アルコール依存症寸前だった私が思ったこと。

 

そんな家庭で育った私も21歳の頃から何となく晩酌を始め、

それからはあっという間に毎日飲まない日は無いという状態になっていきました。

 

夫と結婚した25歳の頃には晩酌で500mlの缶ビールを毎日3本。

多い時にはさらにチューハイや梅酒など甘いお酒もプラスして飲んでいました。

最初は下戸だった夫も

だんだん私につられて毎日ビールやワインを飲むようになり、

今でも毎日350mlの缶ビール1本にチューハイ1缶かワインなどを飲んでいます。

しかし、夫の酒量はこれ以上増える様子は無いので

アルコール依存症にならない人というのは

こういう風な感じなんだなと思います。

 

対する私は、結婚当初にはすでに飲酒量のコントロールが難しくなっており

少し減らそうと思っても出来ない日々で

ビールの代わりに炭酸水を飲んだりと

人知れず工夫しては挫折する日々でした。

 

子供を妊娠中はつわりが酷かったり、切迫早産で入院したりで

お酒は飲まずに済んでいたのですが

産後、母乳育児を終えると

また以前の様に毎日お酒を飲む生活に戻っていきました。

出産して専業主婦になり、年子の育児のストレスもあり、

ビールやチューハイ、ワインに焼酎まで

毎日夕方から飲み始め、夜にはかなり酔ってしまう毎日。

酒量のコントロールは全く出来なくなっており、

夫や子供に随分心配と迷惑をかけたと思います。

 

そんな生活でも、私の周りにはお酒を毎日飲む人達が多く、

自分でもそんなに問題だとは思っていませんでした。

しかし、娘が小学5年生、息子が4年生の時、

自分でも、毎日母親がこんなに酔っ払ってばかりでは

子供の将来に悪影響を与えてしまう、

とお酒を減らしたいと切に願っていた時です。

 

夕食後いつもの様に500mlの缶ビールを1缶飲んだ後に、

これまたいつもの様に赤ワインをマグカップに注いで

ゴクゴクと飲みました。

すると…

急に気持ち悪くなり吐いてしまったのです。

「アレ?体調悪いのかな?」と思ったものの、もったいないと

またマグカップに残ったワインを飲もうと思ったのですが

どうしても飲めずに捨ててしまいました。

こんなことは、今まで無かったので少々驚きましたが

たまたま体調不良だったんだと気にしませんでした。

 

そして、次の日

夕飯時に意気揚々とコップにビールを注いで

いつもの様に飲もうとすると…

どうしてもアルコール臭が鼻について飲めないのです。

何とか一口飲んだものの、全く美味しくありません。

仕方なくビールは夫に譲り、性懲りもなく今度は赤ワインを飲むことにしました。

ビールよりは口当たりが良いせいか多少は飲めましたが、

また急に気持ち悪くなり吐いてしまいました。

さすがに2日連続でこんなことって…

でも、お酒を受け付けない以外に体調は一切悪くなく

むしろ、変に悪酔いするより精神的にも肉体的にも楽だったので、

この日限りで一切お酒は飲まなくなりました。

飲まない様にしてるのではなく、飲みたくなくなったのです。

 

しかし、あれだけ大量に飲酒していた私が急にお酒を飲まないと言っても

最初は周りになかなか信じてもらえず、

「無理しなくてもいいよ。」とか「一口飲んでごらん。」とか、

ノンアルコールビールを用意してくれたりと、

色々気遣ってもらいました。

でも、無理して禁酒してるんじゃなく

もう、アルコール臭を嗅いだだけで一切飲む気がしなくなり、

逆に、みんなあんな毒物をどうして自ら進んで摂取しているんだろうと思うくらい

お酒自体が嫌でたまらなくなってしまったのです。

 

それまで、どう頑張って減らそうと思っても

毎日、必ず大量に飲んでしまっていたお酒と

こんな形であっさりお別れできたのは

本当に不思議としか言い様が無いのですが、

もしかしたら、アルコール依存症で苦しんで亡くなった父が

私を助けてくれたのかもしれないとも思うのです。

 

その頃の私は夜には必ず泥酔し、

時にはキッチンの床で眠ってしまう程でした。

当時小学5年生だった娘がそんな私の姿を見て

「ママ、またお酒飲んでるの…?」と寂しそうに聞いてきた声が

今でも耳に残っています…。

これじゃあ、今の娘は私が幼かった頃と同じだ。

いつも酔って倒れている父を見ると、

お酒の飲み過ぎで早く死んじゃうんじゃないか?

またお母さんに怒られるんじゃないか?と

心配しない日はありませんでした。

こんなことじゃいけない。

子供達にも夫にも心配と迷惑をかけている。

お酒をやめたい!

どうか、どうか神様!

助けて下さい!

私にお酒をやめさせて下さい!

自分ではどうしようも無い状態になっていたにも関わらず、

病院にかかる勇気も無く、

とにかく神頼みをする毎日だったのですが、

そんな神頼みを真剣に始めてから数週間で

急にお酒を受け付けなくなってしまったのです。

 

こんな都合の良いことが起こるなんて

普通では考えにくく、

単に長年の飲酒で内臓が弱っていたため

もう体がアルコールを受け付けなくなっただけなのかもしれませんが、

その後も、お酒をやめさせてくれたかもしれない神様と

父には毎日感謝しています。

 

お酒の怖さを、もっと若い頃から知っていたら

あそこまでになる程

最初からお酒を飲んでいなかったかもしれません。

私の若い頃は

まだ飲み会でのイッキなど、飲酒の強要は当たり前で、

むしろお酒を飲めないなんて一人前じゃないという空気でした。

でも、今の子供達は小学校で飲酒の怖さについて学んでいる様で

本当に良いことだと思います。

 

子供達の記憶には

私がお酒を飲んでいたことは残っていますが、

そう大きなダメージにはなっていない様で本当に良かったです。

ただ、お酒を飲めなくなって1年くらいした頃に、

気遣ってノンアルコールビールを出してくれたお家がありました。

私がそれを飲んだ瞬間、2人の子供達が走り寄って来て

「ママ!お酒飲んじゃったの!?」と驚いて聞いてきた時に

そこまで心配かけてたなんて…

もう飲まないで欲しいと思ってたんだ…

と、本当に申し訳なく思いました。

「これお酒入ってないんだよ。」と言うと

「な〜んだ。ビックリした〜。

またママお酒飲む様になったのかと思ったから良かった〜。」

と言われ、更に反省…。

もう二度と飲まないから安心して…。

いや、もう体が受け付けなくて飲めないから絶対大丈夫だよ…。

本当にお酒を飲めなくなって良かった…。

神様、お父さん、ありがとう…。

私、少しはこの子達の母親として恥ずかしくないよね…。

 

一度なると二度と治らないと言われる

アルコール依存症の一歩手前までいっていた私が、

なぜか急にお酒を受け付けなくなって救われたお話でした…。