「娘」タグアーカイブ

マンション上階住人の孫放置と騒音問題!〜解決までの道のり〜

私達夫婦は結婚して2年目に今の分譲マンションの3階に住み始め、

今年で17年目になります。

当時、防音性の高いフローリングを使っているのがウリだったこともあって

住み始めてから上の階の足音や物音もほとんど聞こえたことが無く、

非常に快適な日々を送っていたのですが…

昨年の春、上の階の方が引っ越され、新たな入居者の方が入って来てから

上階の激しい物音に悩まされることとなったのです…(~_~;)

 

上の階の方が引っ越されてすぐの週末、

突然上階からドタバタと激しく人が走り回る物音と

小さな子供達がキャーキャー騒ぐ声が聞こえて来たのです。

しかし、この物音は1時間ほどでおさまり、その後数週間は

何事も無かった様な日々が続きました。

あの日は不動産屋さんが内覧の人を連れて来て、

たまたま来てた子供が騒いだだけだろうと気軽に考えていたのですが…。

 

それから数日後、マンションの掲示板に上階への引っ越し案内が貼り出され、

新しい入居者が入って来ました。

引っ越しの日の夜には、60代半ばと思われるご夫婦が

まだ2歳と4歳だという男の子のお孫さん2人を連れて

お菓子を持ってご挨拶に来てくれました。

「孫が時々遊びに来るので、お騒がせするかもしれませんが

よろしくお願いします。」とおっしゃったので、

「いえいえ、ウチにも子供がおりますので大丈夫ですよ。」と、

その時は後からやって来る地獄の日々など想像もできず(ー ー;)

快くお返事しました。

 

しかし…

この次の日の朝の8時過ぎから、さっそく

ドッタンバッタン、キャーキャーキャーキャーの日々が始まったのですʕ⁎̯͡⁎ʔ༄

 

毎朝、8時過ぎに娘さんと思われる女性が車で

2人の小さな男の子を預けに来て、夜は9時半過ぎに迎えに来ます。

私は仕事で昼間は家にいませんが、仕事に行く前と帰って来てから、

母親が迎えに来るまで休むことなくドタバタ走り回り続ける足音と

キャーキャー騒ぐ声が聞こえてきます。

これって「時々孫が遊びに来る」レベルじゃ全然ないだろう…。

 

週末には子供達を泊めている様で、土日の朝は7時過ぎから

ドタバタの大騒ぎ…(-_-;)

最初は、ウチだって子供達が小さかった頃は下の階の方にも

随分ご迷惑をおかけしていたんだし、

集合住宅に住むということは、こういうことも

ある程度は許容しなければならないんだ、

もしかしてあの娘さんはシングルマザーで

ダブルワークとかで大変なのかもしれないんだ、

と思い我慢していたのですが…。

連日連夜、あまりにも騒ぎ続ける子供達の様子に疑問を感じる様になりました。

 

ウチにも年子の子供達がいて、小さな頃は家の中で走り回ったり、

大声で騒いでいたことはありました。

でも、下の階の方の迷惑になると思ったので、

騒ぎ続けさせることはありませんでした。

いくら小さな子供でも、話しかけたりお話しを読んであげたり

大人が相手をすれば、2人だけで騒ぎ続けたりはしないものです。

それなのに、あれだけ一日中騒ぎ続けているということは、

孫を預かっていながらまるきり放置しているのではないか?

と思う様になったのです。

いくら娘さんご夫婦が仕事などで忙しいとしても、

朝から晩まで、さらに週末は泊まりで、

あんな小さな子供達を預けっ放しでは、

おじいちゃんおばあちゃんが面倒を見切れなくなっても不思議ではありません。

これはこのまま我慢していても、

ウチも普通の暮らしが激しく脅かされている状態ですし、

上階の方々にとってもいいことはありません。

 

こうして上階の激しい物音に悩まされ始めて2ヶ月くらい立った頃、

意を決して、マンションの管理人さんに相談しました。

管理人さんからすぐに管理組合に連絡をしてもらって、

まずはマンションの掲示板と、各階のエレベーター横に

「子供の走り回る様な物音による騒音へ苦情が出ています。」

といった内容の貼り紙をしてもらいました。

しかし、こんな貼り紙程度では全く効果が無く、

相変わらず大騒ぎの毎日です( *`ω´)

上階のご夫婦に至っては、初日に挨拶に来た後は、

廊下などで会ってこちらから挨拶してもほぼ無視です。

せめて「いつも騒がしくしてすみません。」くらい言ってくれれば、

ここまで怒りも湧かずに済んだと思いますが、

そんな気はサラサラ無さそうな態度に怒りも増幅されます。

 

管理人さん情報で、上階のおばあちゃんは毎日朝から車で仕事に出かけており、

おじいちゃんが1人で2歳と4歳の孫を預かっていることが分かりました。

昼も、おじいちゃんが2人を連れて毎日お弁当屋さんに

お弁当を買いに行っていて、暗い表情でかなり疲れた様子だとか…。

てっきりシングルマザーかと思っていた娘さんは

ご主人もいらっしゃるそうで、ますますどうしてあそこまで

親に子供達を預けっ放しにしているのか疑問が募ります。

しかし…やっぱりね…。

おじいちゃん1人で毎日小さな孫2人の面倒なんて見れるはずもなく、

ただ、家を2人の孫に体育館状態で開放して好きに暴れて走り回らせて、

自分は相手なんてしていなかったんだ。

娘さんはこのこと知ってるのかな…?

何でもいいから預かってもらえればそれでいいの…?

 

数日後、管理組合の理事長さんから上階の部屋で

床の防音工事をすると申請があったので少し様子をみてもらえないかと

頼まれました。

少しは気にしていたのか…?

まあ、あまり効果は無いだろうと思いつつ工事を終えましたが、

案の定、ドッタンバッタン聞こえて来ます。

むしろ、工事で上階の子供達がいなかった日は、

工事の音でも静かに感じたくらい久々にホッとした1日になったくらいです。

 

上階の騒音に悩まされて早3ヶ月が経とうとしていましたが、

相変わらずの日々で、管理組合もこれ以上になると

直接注意をするしかなく、来週早々にでも伺います、と

おっしゃって下さっていたある日、

朝から晩まで一日中大きな足音とキャーキャー声が聞こえていて、

いい加減キレた夫が

「もう来週まで待てない!

毎日毎日、小さな子供達を朝から晩まで

年老いた父親に預けっ放しにしてる方がどうかしてるんだ!

今からポストに手紙入れてやる!」

と言って、苦情の手紙を直接上階の部屋のポストに入れたのです。

 

すると…

次の日から一切物音はしなくなり、

時々孫が遊びに来ている物音が聞こえても、

あんなに一日中ずーっと暴れて走り回る様なこともなく、

通常の範囲での足音しかしなくなりました。

最初からこうやって普通にしていてくれれば

お互いにこんなに嫌な思いをしなくても良かったのに…。

でも、思い切って直接手紙を入れて良かった(>_<)

もう、こんな平穏な日は上階の孫が大きくなるまで

あと数年は訪れないのかと不安でしたが、

夫のおかげで前の様に静かな暮らしを取り戻せました(TT)

 

今でも上階のご夫婦は全く挨拶はしませんが、

たまに楽しそうに自転車で出かけている上階のおじいちゃんを見ると、

私達が苦情を言ったおかげで孫を預かるのを辞められて、

かえって良かったんじゃないかと思います。

たまに預けられる孫も、前とは違っておじいちゃんに怒られるのか

嫌がって母親にすがって泣いている時があり、それでこそ正常だと思うのです。

どんな事情があるのかは分かりませんが、

預けやすいからといって長時間幼い子供を預けっ放しにしてしまうより、

泣く子を置いて行かなければならない辛さを味わって、

なるべく子供のために時間を作る努力をするのが

本当の親の務めなのではないでしょうか…。

この一件で、ウチの下の階のご夫婦には

改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ウチの子供達が幼かった頃は毎日かなり騒がしかったはずですが、

いつもお会いするとニコニコ子供達にも声をかけて下さって

一度も嫌な顔をされませんでした。

マンションでも、こうして今まで子供達を伸び伸び育てて来られたのは

下の階のご夫婦のおかげだと思っています。

 

私も下の階の方には、お会いする度に

「いつも騒がしくてすみません。」と毎度謝っていました。

子供は注意したって騒いでしまうものなので、

あとは親の態度が問題になると思ったからです。

親の態度が悪ければ、子供も憎まれてしまいます。

本当は子供が悪いわけではないのに、それでは子供が

かわいそうですよね…。

 

最近は子供を自分の親に預けて当たり前という人を見かけますが、

預けられた先で結構放置されてしまっている子も見かけます(・・;)

日に日に活発になる孫を、

どんどん年老いていくおじいちゃんやおばあちゃんでは面倒が見切れず…

でも子供夫婦に今さら預かれないとは言えず…。

今までは親による虐待やネグレクト問題が取り上げられていましたが、

これからはおじいちゃんおばあちゃんによる、

孫への虐待やネグレクトが問題になってくるんじゃないかな…?

という気がしています…(*_*)

 

なにはともあれ、ウチの上階の騒音騒ぎは一件落着して

本当に良かったです。

マンションは、他の住人を選べないので

心無い住人や全く気遣いの出来ない住人が引っ越して来たら、

本当に大変な目にあってしまいます。

今回のことはとても良い勉強になりました。

 

自分も知らないうちに他人様に迷惑をかけていないか、

改めて気を付けていこうと思った次第です(´-`).。oO