「柴犬、ビーグル、柴ビー、犬、車酔い、獣医、ミックス犬、中型犬、治る、きっかけ」タグアーカイブ

犬の車酔いは治るの?柴犬とビーグルのミックス犬が1歳半頃になって自然と車酔いが治った話し。

ウチには2歳1ヶ月の

柴犬とビーグルのミックス犬「ラテ」がいます。

最近、車に乗せてもやっと車酔いしなくなったのですが

1歳の頃は車酔いがひどくて

もしかして、ずっとこのままなんじゃないか…

と不安になっていました。

 

「ラテ」は生後2ヶ月の終わりにペットショップから

ウチにやって来ました。

家に連れて帰る際に、車に積んだクレートに入れて

走ること20分。

全く車酔いの兆候はありませんでした。

その後も、生後4〜5ヶ月頃までは月に2回くらいは車に乗せていたのですが

全く問題ありませんでした。

しかし、生後半年くらい経った頃、

いつも通り車に乗せたところ

走り出して20分くらいしたところで吐いてしまったのです。

 

その後は、車に乗せただけでヨダレがひどくなり

口の周りはヨダレの泡でブクブク状態。

そして走り出して20分くらいのところで

必ず吐いてしまうということが続きました。

いつも通っていたドッグランのご主人に相談したところ、

エサを食べさせないで乗せた方が良いというアドバイスをいただき

その後は朝のエサをあげないで乗せてみました。

しかし、結果は胃液を吐いてしまうという状態で、

車の窓を開けて外の空気に触れさせてみたり、

クレートに入れてみたり出してみたり

おやつをあげてみたり…

と、考えられることは全て試しましたが

一向に車酔いが治ることはありませんでした。

この頃「ラテ」は、車に乗せられると察知した瞬間から

乗ってもいないのにヨダレがブクブク状態になる様になっていたので

メンタル面からもきていたと思います。

もう、車で一緒にお出かけはかわいそうなだけだから

家で留守番させておいた方がいいのかな…と思っていたある日。

「ラテ」が1歳半くらいの頃、

たまたま夕方のエサをあげたばかりでしたが

車で出かける用事ができ「ラテ」を車に乗せたのです。

エサを食べたばかりだったので絶対に吐くと思い

いつも通り、タオルや袋、ウェットティッシュ等を用意していたのですが

不思議なことに20分が過ぎても吐かないのです。

ヨダレはすごくて、口の周りはビチョビチョでしたが

この日は結局1時間以上乗っていたにも関わらず

吐くことはありませんでした。

 

もしかして、空腹で気持ち悪くなっていた…?

車酔いが始まってすぐの頃はエサを食べさせてから車に乗せていて、

それでも吐いていたので、空腹は関係無かったと思います。

しかし、いつの間にか空腹で気持ち悪くなるようになっていたのかも…。

確かに、生後半年の頃に比べると

この頃の「ラテ」の食欲は格段に旺盛になっていました。

 

この日を境に「ラテ」は車酔いをしなくなりました。

相変わらず車は苦手の様でヨダレは出ますが

最初のブクブク状態に比べると

口をクチャクチャ言わせる程度になり、大分改善されました。

クレートに入れていると、時々小声でフンフン鳴くこともありますが

2時間でも大人しくじっとしています。

それでも緊張はしているらしく、

家ではずっと昼寝してるのに、車では一睡もしませんが…。

 

一時は「ラテ」があまりにも車酔いするので悩み、

獣医さんに相談したこともありました。

回答は「車酔いしない犬は最初からしないし、

そこまで苦手な犬はもしかしたら今後も治らないかもしれません。」

というもので、心底ガッカリしました。

しかし、ヒョンなきっかけのおかげで車酔いしなくなり

本当に良かったと思います。

あの日が無ければ、

今だってエサを食べさせないで車に乗せていたと思うので

未だに車酔いしていたと思います。

 

そう言えば、ウチの大学生になる娘も

小学校3年生から5年生くらいまでの間、

急に車酔いする様になって困ったものですが

その後は自然と治りましたので

成長段階というものも関係あるのかもしれません。

ちなみに息子は今までに一度も車酔いしたことはありませんので

個人差はある様です。

 

犬の車酔いは、獣医さんがおっしゃった通り

生涯治らない場合もあるのかもしれませんが、

もしかしたら成長に伴う一時的な症状ということも

あるかもしれません。

気長に付き合って、時々はシチュエーションを変えて様子を見て、

何かのきっかけで上手く克服できれば嬉しいですねヽ(´ー`)